fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第7話 衆前露出

第7話 衆前露出

 「そろそろ時間だ。これくらいにするか!」やっと首輪が外され「着るんだ!」足下に服が投げられた。
亮子はそれを拾い、両手で広げると向こうが見えている。
「似合うだろう。これなら人前でも恥ずかしくはないぞ」
「人前ですか?」
「そうだ。これから出かけるぞ」

 「イヤです。こんな透けた服ではイヤです!」
「イヤか、それなら素っ裸で行くしかないぞ」
「着ます。すぐに着ます!」素っ裸と言われ、急いで首を通したが「最初から素直に着ればいいんだ!」逆らった罰として、ムチで尻を叩かれ「ヒ~。これからは素直にします…」痛みを堪えて着込んだ。

 服はワンピースのようなもので、うっすらと乳房が透けて見えるが、絨毛のない淫裂は見えない。
(オッパイだけなら我慢できるけど…)股間を確かめていると「そんなにオ○ンコが気になるのか?」質された。
「当然です。性器だけは見られたくありません…」
「今更何言ってるんだ。散々、写真に撮らせたじゃないか!」それには(あんた達が、勝手に撮っただけよ)黙ったままだ。

 役目をしない服を着込むと、車に乗せられ古風な感じがする建物に連れ込まれた。
そこには着飾った男女で溢れ、紳士淑女のパーティといった感じがし、その中で、透けた服を着ている亮子は異様な感じがしている。

 (恥ずかしいわ。オッパイを見せるなんて…)手で隠すわけにもいかず、乳房を左右に揺らせながら歩くと、視線が集中している。
(オッパイを見られている。多分、あそこも…)無毛の淫裂が気になった。

 それでも、歩いて皆の前に出た。
「ようこそおいで下さいました。仰せの通りに準備しました」家主らしい男が亮子に話しかけると「無理言って済みませんね。どうしても、やりたいと聞かなくて」男が話し出す。
「こっちこそ助かります。滅多にない事ですから。道具はここにあります」ワゴンを指さすと男が確かめ「結構です、早速始めさせて下さい」男は亮子の服を脱がしに掛かった。

 「やめて、何するのよ!」
「あんたの好きな素っ裸だよ。裸になりたかったじゃないか!」
「バカ言わないで、裸を見せたがる女は…」言い終わらない内に「ギャー!」悲鳴に変わった。

 「逆らったらどうなるか、まだわかってないな。徹底的に教えてやる!」男はムチで尻や背中を叩きだし「やめて、痛いからやめて~!」叫んでもムチで打たれる。
「もう、逆らわないと誓うか?」
「はい、逆らいません…」亮子が誓うとムチが停まり「わかっているよな?」裸になるよう念を押す。

 「わかっています」痛い思いはイヤだから、大勢が見ている前でワンピースのボタンを外し出す。
(どうして、こんな事をさせるのよ)愚痴を堪え、ボタンを外し、前を広げて露わにすると「お~!」無毛の淫裂に声が上がる。

 「ヘアを剃るのが好きなんでして!」そう言って淫裂を撫でると「剃り残しがありますから手入れしないと…」ワゴンからスプレーを取り、股間に吹きかけた。
(やめて。恥ずかしいからやめて!)太股を震わせながらも堪えていると、カミソリが当てられる。
(剃らないで。恥ずかしいから剃らないで…)そう願うが、生えかけた絨毛が剃られてしまい「ほら、こんなに綺麗になりましたよ」剃り終えると濡れタオルで股間を拭いた。

 「これで準備はできたな。これで遊びたいだろう?」ピンク色のバイブが渡される。
「まさか、ここでやれとでも?」
「そうだ。見られながら行くのが好きじゃないか。そうだろう?」乳房を鷲掴みされ「やります。ここでオナニーを…」顔を歪めながらも腰を下ろして、足を開くと指で淫裂を撫でだす。
 (恥ずかしいわ。淫乱と思われてしまう…)それでも、撫でてから膣の中にゆっくりと押し込んでいくと「あ、あ、あ~!」心地よい振動に声が自然と出ていく。

亮子はバイブをなおも押し込み、根本まで入れると、ゆっくり動かし出した。
それを「凄いわ、あんな太いのが入っていくなんて…」観衆が興奮気味に見ている。

 亮子は目を閉じてバイブが動かしているが(こんなのじゃなくて、啓治君のチンポでされたい…)思い浮かべながら動かしていると次第に膣も濡れていく。
(入れて、もっと奥まで…)啓治との事を思い浮かべながらバイブを動かすと淫汁が膣から流れ出た。

 「凄いわ、あんなに漏らして…」
「人前でも気持ちいいなんて…」顔を紅潮させながら見る女性達だが、男性は股間を膨らませて淫裂を見ていた。

 やがて「行く、行く~!」叫ぶと共に「ハア、ハア!」荒い息づかいをしながらグッタリと横になった。
「気持ちよかったか?」
「はい、凄く良かったです…」

 「それは良かった。見てもらったお礼に何かしないと…」
「何をすればいいのですか?」
「フェラだよ。フェラしたかったよな?」暗にフェラをやるように言う。

 「そうでした。見ていただいたお礼をしないと…」起きあがると「お願いです。オチンチンをなめさせて下さい」そう言ってチャックを引き下げていくが「本当にやってくれるのかい?」半信半疑だ。
「本気です。オッパイも揉んで下さい」肉竿を取り出すと口に入れ「ウグ、ウグ!」と唇で擦り出す。
「そこまで言われたら、やらないとな!」満足そうな顔をしながら乳房を揉み「出る、出る!」口の中で爆発した。

 それを見て「俺にもやってくれよ」隣の男が催促する。
「喜んで、お礼します」萎縮した肉竿を仕舞い込むと、隣のチャックを引き下げ肉竿を口に含んだ。
こうして、次々と肉竿を口に迎えさせられ、噴射されると服を着せられて、白い建物に戻された。

 戻ると啓治が出迎えた。
「おばさん、どうだった?」
「どうもこうもないわよ。酷い目にあったのよ」
「酷い事って、どんな事?」それには応えられず「イヤらしい事をさせられたの…」としか言わない。

 「それだったら、僕が慰めてあげる」啓治はそう言うと、亮子に抱きつき唇を重ねた。
「啓治君…」亮子も拒まず吸い返す。
2人がなおも抱き合うと「そこまでだ。まだやってもらう事がある!」割って入った。

 「どんなことですか?」
「やりたいんだろう。オ○ンコをやってくれよ」
「そんな、人前で、セックスなんてできません!」
「やらないと言うなら、明日からはもっと痛い目だぞ。それでもいいんだな?」

 「おばさん、やろうよ。人前でだって平気だよ」
「でも、恥ずかしいわ。ヌードならともかく、セックスよ」
「おばさんが痛い思いをするなんてイヤだよ。やろうよ」啓治はボタンを外し出す。

 「わかったわ、やるからには本気でやってね」亮子も啓治のズボンを脱がせ、お互いに脱がせ合いながら、男達の前で全裸になった2人は抱き合う。
啓治は乳房に顔を埋め、乳首を吸いながら淫裂を撫で、亮子は頭を撫でていく。
(気持ちいいわ。人前なのに感じるなんて…)今まで味わった事のない快感に淫裂も濡れていく。

 「入れて…。早く入れて…」啓治の頭を撫でながら催促すると、体を伸ばして股間同士を押しつけた。
「入れるよ…」膨らみきった肉竿が濡れた淫裂に入り込み「あ、あ、あ~!」声を上げ出す。
「おばさん、気持ちいいの?」なおも、肉竿を押しつけていく。
「そうなの。見ていられと感じるの…」亮子も足を限界まで開いて深い結合を求めた。

 肉竿は根本まで入り込むとピストンを始め「クチャ、クチャ!」準備が出来た淫裂から音がでていく。
それに、亮子の背中が浮き上がり、淫汁も流れている。
「吸って、オッパイ吸って…」言われるまま、乳房を吸いながらピストンをしていくと「いいわ、凄くいい!」恥ずかしさが消え快楽だけを求める亮子だ。

 その求めに応じ、啓治はピストンを速めて登り切り「でる、でる~!」それと同時に、亮子は膣奥で暖かい異物を感じた。
「啓治君、出したのね。とろけそうで気持ちいい…」淫裂から漏れ出ていくが拭こうとはしない。
「僕も気持ちよかったよ」2人が余韻を味わっていると「もう、それくらいでいいだろう。明日もあるし」

 「明日もあるって、また裸で?」
「そうだ、こっちにいる間はタップリ調教してやるからな!」亮子は腕を掴まれ啓治と引き離された。
「とりあえず、オ○ンコを洗ってからの方が良いかな」男は淫裂から流れ出る液体が気になっている。

 (そうだった、射精されたんだ…)やはり、射精された性器を見られるのは恥ずかしいのか、慌てて両手で覆い隠す。
「シャワーを浴びせてやるから来るんだ」男達の後を歩いていくと、コンクリートが剥き出しの所に来た。

 「シャワーのはずよね?」
「そうだ。ここでシャワーだ!」亮子の両手が押さえられ、柱に縛られた。
「何するの。シャワーのはずよ!」
「だから、準備している」更に、足を開かされたまま縛れ「これからシャワーだ!」言い終わると同時に、男達がホースを持って、水を吹き掛けた。

 「やめて。乱暴にしないで!」水を全身にぶつけられ、息するのも苦しい。
「これが俺たちのやり方だ。まずはケツを洗ってからオ○ンコだ!」ホースが肛門に押しつけられ「やめて、こんなのイヤ~!」直腸に水が押し込まれ悲鳴を上げた。

 「綺麗にしてやるんだ。感謝しろ!」淫裂にもホースが押し込まれ、膣の中は水で溢れている。
「やめて、お願いやめて!」叫んでも水が体内に送り込まれた。

 3分程過ぎて「もういいだろう」肛門と膣からホースが抜かれたが「う、う、う!」屈辱に涙が停まらない。
「綺麗にしてやったんだ。礼くらい言え!」乳房が掴まれ「あ、ありがとうございました…」途切れ途切れに言う。
「いいか、忘れるなよ。この次はこうだからな!」乳首が潰され「ヒ~!」悲鳴が響いていく。

 「痛いのがイヤなら、素直に言う事を聞くんだ!」今度は乳房を揉み出し「はい、今後は気を付けます…」泣きながら返事する。
「その気なら、こっちも考える!」縛った手が解かれ、別な部屋に連れ込まれた。

 そこは鉄格子がめぐらされ、小さなベットが置かれて、刑務所といった感じがする。
「今夜からは、ここで寝るんだ!」鍵を開け、中に放り込まれた。
押し込まれるとベッドに寝て「どうして、こんな事をさせるのかしら?」不安になっている。

 翌日、亮子は朝から踊りを習わされた。
「何やっているのよ!」間違うたびに女性の指導員からムチで尻を叩かれた。
「無理です。私には才能がありません…」
「なくてもやるのよ。やらないと言うならここに入れちゃうわよ」意味ありげな事を言い、指で淫裂を撫でだす。

 「やります。ですから、手を退けてください」
「その方があなたの為よ」手が退けられると、再び踊り始めたが「違うわ、手が違う!」ムチで叩かれ「ヒ~!」悲鳴を上げ、それを1日中繰り返した。

 踊りの練習が済むと啓治と抱き合うのが許され、人前にもかかわらず抱きあう。
「おばさん、気持ちいいよ」
「私もなの」肉竿がピストンする度に「クチュ、クチュ!」淫裂から音がでている。

 そして、翌日も踊らされた。
「大部良くなったわね。これなら、人前でも恥ずかしくはないわよ」
「そのようだな、今夜にでもやらせるか」亮子の踊りを見ながら話している2人だ。

 その言葉通り、夜になると亮子は車に乗せられ、連れ出された。
何も知らず、不安な顔をしていると「いい、教えた通りにやればいいのよ」と言われる。
「踊ればいいんですか?」
「そうよ。但し、素っ裸になって!」

 「人前でやるんですか?」
「当然よ。3百人はいるはずよ」
「そんな、大勢の前で裸になるなんて出来ません!」

 「やるんだよ。約束しただろう。もし、やらないと言うなら、今までの事に責任持たないからな!」脅し「やります。ですから…」亮子はそれだけ言うと泣くだけだ。
「いいか、舞台に立ったら全部脱げ。それから、オ○ンコの手入れをしろ!」男は亮子に命令をしていく。

 やがて、車が停まり、降りると煌々とライトが灯された舞台が目に入る。
その舞台の前には、数多くの見学者がおり「こんな大勢の前で、ヌードになるなんて…」震えが停まらない亮子だが、背中を押され舞台へと歩かいて行く。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター