fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第10話 帰宅の途

第10話 帰宅の途

 翌朝、2人は荷物を車に積んでいる。
「おばさんも準備しないとダメだよ」
「準備って、全部荷物は積んだけど…」
「まだだよ。これを脱がないと」啓治はスカートを掴んだ。

 「まさか、性器を出したまま乗れと言うの?」
「そうだよ。オッパイは無理だから、下だけでも丸出しにして」
「恥ずかしいわ。見られたらどうするのよ」
「車の中かだから見えないよ。やらないなら、もうしてあげないよ」

 「そんな意地悪しないで。啓治君がしてくれないなら、生きていても意味無いわ」
「だったら脱いで。急いで!」その言葉に、亮子はスカートを脱ぎだした。

 「パンツもだよ」
「わかっている」パンティも脱いで下半身を剥き出しにすると「おっと。その前に、記念を」カメラを構えた。
「イヤよ、性器は撮られたくない。ヘアもないし…」慌てて手で隠す。

 「撮らせないなら、乗せないよ。おばさんを置いていくから」
「そんな意地悪しないでよ。撮ったら今夜もしてね」
「わかってる、だから手を退けないと」その言葉で、股間から手を退け淫裂を露わにした。

 「そんな怖い顔しないで。笑顔にならないと」
「そんな事言っても無理よ。写真に撮られると思うと」やはり、見られるだけならともかく、写真に撮られるとなると体が固くなってしまう。
そんな亮子をカメラに収めるべく、スイッチが押された。

 「写真はこれくらいにするから乗って!」啓治に言われて乗り込むと、東京へと向かって走り出した。
一般道を走り出すと、対向車が向かってきて(見られたらどうしよう)亮子は両手で股間を隠していく。
それを繰り返しながら、高速道道路に入ったが、今までのようには行かない。

 「啓治君、見られちゃうわよ」併走するから緊張が高まるが「大丈夫だよ。見られたって誰だかわからないし」平然としている。

 やがて、大型トラックと併走するようなった。
トラックは運転席が高いから、亮子を見下ろす形になり、当然、太股が見えている。
「見られているわ。もういいでしょう?」

 「ダメだよ。着くまではそのままだからね」啓治が言うからには従うしかなく、亮子はシートを倒すことなく、手で淫裂を押さえていた。

 走り出してから2時間が過ぎようとしている頃「啓治君、トイレに行きたいの」尿意を感じた。
「構わないけど、そのままだよ」
「そんなのイヤよ。笑い者になっちゃう」

 「それだったら、これにしたら」飲み終えたペットボトルを差し出す。
「まさか、これにしろとでも?」
「そうだよ。イヤならそのまま行くしかないけど」

 「わかったわ、これにするわよ」ふて腐れぎみに蓋を開け、淫裂の中に押し込み、尿道の出口に押し付けて下に向けた。
暫くすると、音と共に黄色い液体が噴き出し、ボトルに溜まっていく。

 「見ないで。ちゃんと運転してて」
「わかっている。でも、見たいな」
「こんなの、見なくていいの」そう言いながらも排出していくと噴射も収まり、ボトルを抜くと蓋をして、また手で股間を覆った。

 こうして、5時間程で自宅に戻ったが、車を降りても下半身は露わにしなければならず、走るようにして車から屋敷に飛び込んだ。

 屋敷に入ると「お、奥様!」下半身丸出しの亮子に理紗も驚き顔だ。
「啓治君に言われたのよ。向こうを出る時からこんな姿だったのよ…」亮子が愚痴を言い放つと「その変わり、今夜は伯母さんの背中を洗うから」機嫌を取るように、服を脱がしていく。

 「それならいいわ。理紗さん、お願いね」
「はい、お風呂の準備は出来ています」理紗は出て行き2人になると「おばさん、これでいいよね?」最後のブラジャーも外すと亮子は全裸になっている。

 「いいわよ、今度は私がやる番よ」亮子も啓治の服を脱がし、自分と同じ全裸にした。
「おばさん、もうこんなだよ」亮子の手を肉竿に押し当てる。
「わかってる。それより先に洗ってくれないと…」
「そうだね、行こうか」2人は浴室に向かった。

 浴室に入ると啓治は亮子の背中に石鹸を塗り、タオルで擦っていく。
「こんな感じでいいかな?」
「いいわよ、気持ちいいし」亮子は本心から快感を感じている。

 やがて「おばさん、今度は前だよ」前に周ると首から石鹸を塗っていく。
「何だか、夫婦みたいだね」手を下げ乳房を撫でだした。

 「そうね、夫婦みたいかもね」亮子は拒もうとせずに股間を見つめていると肉竿が膨らんでいく。
(オチンチンが膨らんでいくわ。今夜も一杯して貰える…)啓治に抱かれる姿を想像していくと膣の中も熱くなってきた。

 そんな事など知るよしもなく、乳房を撫で終えると腹にも石鹸を塗り、いよいよ股間を撫で出した。
(そうよ。そこよ。指を入れてもいいのよ…)足を広げ啓治の指を求めると「中も洗うからね」指が膣の中に入り込んだ。

 「ここは丁寧にしないと」指が膣の中をまんべんなく撫で出すと(いいわ、凄くいい。指よりもそれでして欲しいのに…)揺れ動く肉竿を見つめていると更に膣の中が熱くなり濡れていく。
(指はもういいから、それでしてよ!)ジッと見詰めていると「終わったよ」お湯がかけられ石鹸が流された。

 「今度は私がするね」亮子は啓治がしたように石鹸を泡立て、背中に塗りだした。
「おばさん。そんなやり方でなく、別なやり方で…」
「別なやり方って、どうするの?」
「言っても、怒らないよね?」

 「怒らないわよ。一体、どうやるの?」
「おばさんの体で洗って欲しいんだ」
「体で洗うって、どうやるの?」
「おばさんのオッパイとお腹に石鹸を塗り、僕に抱きついてするんだ!」それには亮子も黙り込んでしまった。

 「怒ってるんだね。やっぱり普通でいいよ」バツが悪いのか亮子の顔を見られない。
しかし「面白そうね。やってみる!」亮子は啓治から言われた通り、石鹸を自分の乳房や腹、股間と塗り啓治に抱きついていく。

 「オッパイがわかる。背中でもオッパイが!」啓治は上擦った声になっている。
「それより、これでいいのね?」体を動かし、乳房で背中を擦りだした。
「そうだよ、それでいいんだ。気持ちよくて、出ちゃいそうなんだ」

 「ダメよ。出したらダメだからね」
「わかってる。おばさんのオ○ンコに出す約束だし 」
「そうよ、私に出してくれないとね」なおも擦り付け「はい、今度は前よ」背中を擦り終えると前に回って抱きついた。

 当然、膨らみきった肉竿が亮子の体に触れて(オチンチンが凄く堅くなってる。これでされたら、声が出ちゃう…)想像すると淫裂が更に濡れだす。
それでも、淫裂で太股を洗い、乳房で胸を擦り続けた。

 そこに「奥様、着替えをお持ちしました」理紗が現れた。
理紗は着替えを置くと浴室に入って来て「そんな、奥様が…」啓治に抱かれた格好に驚きの声をあげた。
「勘違いしないで。体で石鹸を塗っているの」よく見ると、確かに体を動かし石鹸が塗られていく。

 「丁度いい、理紗さんも入りなよ」
「私も、ご一緒していいんですか?」
「構わないわ。早く脱ぎなさい」
「わかりました。そうします」言われるまま、理紗はメイド服を脱ぎだした。

 服を脱ぐと、ガーターベルトを着けており、それを外してからストッキングも脱いでいく。
そして、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になったが、股間にはうっすらと絨毛が生い茂っている。

 「理紗さん、僕に手入れさせて」
「ヘアを剃りたいのですか?」
「そうなんだ。久しぶりにやりたくて」
「わかりました。啓治さんにお願いします」理紗が承知すると、啓治は泡を立てて理紗の恥丘に塗っていく。

 「理紗さんのオ○ンコをを見るのは久しぶりだね」
「オ○ンコなんて言われると恥ずかしいです。せめて、割れ目と言ってください」
「そうだね、これは割れ目だよね」裂け目に沿って指が動いていくと「あ、あ~!」溜息が漏れ太股も震えだす。

 それでも啓治は手で撫でると、カミソリを持って、絨毛を消していく。
「ほら、またもと通りになったよ」肉襞を指で掴み、漏れなく剃ると理紗も、亮子同様に淫裂が剥き出しにされた。
「僕はこれが好きなんだよな」剃り終わると、タオルで淫裂を拭いた。

 理紗の絨毛を剃り終えると、亮子が「啓治君、まだ洗い終わってないよね、ここもやらせて」肉竿を掴んだ。
「そうだったね。そこはおばさんの好きなやり方でいいよ」
「本当にいいの。あそこでするけど?」

 「構わなけど、出すのは夜だからね」
「わかった。性器で洗う!」淫裂に石鹸を塗ると、啓治の膝に乗って、ゆっくりと腰を沈めた。
当然、淫裂を肉竿が突き刺し「あ、あ、あ~!」体を反らせて声をあげだす。

 「おばさん、気持ちいい。こんなにされたら出ちゃいそう…」
「出さないで。これくらいで出さないで…」亮子はゆっくり腰を上下に動かし、それを見ている理紗も興奮したのか「私にもさせて下さい」淫裂に石鹸を塗っていく。

 「いいわよ。交代でしましょう」亮子が数回腰を動かすと理紗と変わった。
「気持ちいい。啓治君とするのは久しぶりだし…」淫裂に肉竿を吸い込むと腰を動かしながら声もあげだした。

 「理紗、夜もあるのよ。そんな本気になったらダメよ」
「わかっていますが、何せ久しぶりですから…」すでに淫裂から淫汁が流れている。
「仕方ないわね、啓治君、今夜は眠らせないからね」
「覚悟はできてます。とにかく頑張りますよ」啓治も理紗の乳房を揉んでいく。

 そして、風呂から上がると3人はベッドで抱き合う。
「まずは、おばさんに出すよ」亮子に抱きつき、乳房を握りしめたまま腰を振り「そうよ、その調子よ。凄く気持ちいいわ」背中を浮かせながら淫汁を流し、膣深く啓治からの噴射を受けた。

 「啓治君、次は私よ。私にもして」理紗は萎縮していく肉竿を口に入れ唇で擦りだす。
「わかっていますよ。久しぶりだから頑張ります」その言葉通りに、肉竿は、理紗の口によって元気を取り戻した。

 「私にやらせて…」理紗は啓治に馬乗りになり、腰を沈めて淫裂に肉竿を迎え入れて腰を振りだした。
「理紗さんにされると、また出したくなっちゃった」乳房を揉みだし「いいわよ、一杯出して」腰を振りながら、淫汁も流してく。

 翌朝、啓治はなかなか起きられなかった。
9時近くに起きたが、亮子は仕事に出かけたのかいない。
「理紗さん。おばさん、もう出かけたんだ」
「そうですよ。1週間休んだから、その分働きませんと」

 「それなら、僕も手伝おうかな?」
「何も、啓治さんがそこまでしなくてもいいですよ。それよりもしっかり食べませんと」
「そうだね、朝ご飯食べたら、おばさんの所に行ってみる」理紗が作った朝食を食べだした。

 朝食を済ますと、男から渡されたビデオとカメラの整理を始めた。
パソコンで画像を吸い上げ、再生していくと亮子の全裸写真が次々と映し出され、それを見ながら印刷していく。

 「これもいいな」大勢の前で絨毛を剃っているのもあり、啓治は次々と印刷し、アルバムに綴じていく。
こうして、写真の整理が付くと「次はビデオか…」ビデオの再生を始めた。

 再生されると、いきなり、亮子が映し出されて服を剥ぎ取られ、悲鳴を上げるが次々と脱がされ全裸にされた。
「凄いな、凄く興奮しちゃう」自然と呼吸も荒くなり、肉竿も膨らんでいくが「啓治さん、コーヒー入れたわよ」理紗が入ってきた。

 理紗はテレビから流れる亮子の悲鳴に「お、奥様が…」呆然としている。
「何も驚かなくていいよ、これは演技だから。とにかく見てて」肩を押さえて座らせた。

 「演技ですか。でも、これをどうするの?」
「理紗さん、こうするんだよ」理紗の手を股間に導くと「オナニーするんだ。奥様のビデオで!」膨らんだ肉竿に興奮している。

 「そうだよ、最後まで見ようよ」2人は息を荒立てながらテレビを見つめていた。
そして、ストリップするシーンが映し出され「そんな、奥様が人前で裸を…」理紗の体が震えているが、再生を続けていくと「ヘアを剃ってる!」また声をあげた。

 「理紗さん、驚かなくていいよ。おばさんがやりたかったことだから」メイド服を脱がせだした。
「ダメ、昨日したばかりよ。それに、奥様に悪いです…」そう言いながらも拒もうとはしない。
「2人だけの秘密にすればいいよ」メイド服を脱がし、ブラジャーも脱がすと乳房を吸い出す。

 「いけないです、こんな事して…」気持ちよさそうに啓治の頭を撫で出すが、テレビには全裸になって踊っている亮子が映し出されている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
281位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
狙われた女教師 連載中 
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事数メーター