fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第4話 SMグッズ

第4話 SMグッズ

 翌日、啓治はポルノショップに入り、用具を買い求めていた。
「これがいいな。これにしよう!」レジに行くとビデオが置かれてあり、それも買って屋敷に戻ると理紗が帰っていた。

 「あれ、法事はもういいんだ!」
「そうよ。2人だけでは大変だから急いで戻ったの」
「そうなんだよ。理紗さんがいないと寂しいしね」いきなり抱きついて唇を重ねた。

 「ダメ、もうダメです。いけない事です…」それでも、啓治の手がスカートを捲り上げて股間を撫でていく。
「やめて。そんな事したら奥様に言いつけますよ」
「でもやりたいよ…」パンティの布をずらした。

 「ダメ、許して。代わりにこれで…」理紗の手が股間を撫でだすと「手じゃイヤだよ。口でならいいけど…」不満そうだ。
「そんな事がしたいんだ。それなら、いいわよ、啓治さんが望むなら…」膝を付けて座り、チャックを引き下げていく。

 そして、堅くなった肉竿を掴むと口に入れ、唇で擦り出し「ウグ、ウグ!」唇が動くと肉竿が更に堅くなっていく。
「理紗さん、気持ちいいよ…」頭を抑えながら登り詰め「う、う~!」首を振るが、肉竿からは精液が噴き出している。
「でた、でました!」身震いしながら全てを出し切った。

 それには理紗も「ダメです。お口に出すのがいけません!」口を拭きながらも飲み込んでいく。
「気持ちよかったよ、理紗さんにされて…」甘えるように抱きつくと「今度は出さないでね。またしてあげるから」機嫌が戻っている。

  その後、亮子の帰りを待っていると、夕方に帰ってきた。
「おばさん、今夜いいですか?」
「今夜はちょっとまずいのよ」俯いて言う。
「残念だな、おばさんに見せたいのがあるのに」ガッカリした顔に「明日ならいいわよ」機嫌を取ろうとしていた。

 「わかった、明日にするよ」諦めて自分お部屋に戻って写真を見つめて「いいよな、これがいいよ」亮子の緊縛写真に肉竿が膨らんでいく。
「そうだ、今夜はレズをやる気だぞ。だから断ったんだ。それなら、僕も…」思案して時の過ぎるのを待ち、12時近くになると服を脱ぎだす。

 「これからは、俺が主役だな」パンツも脱いで全裸になり、買い求めた用具を持って亮子の部屋に向かうと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声が聞こえてきた。
「やっているな。まずは2人を縛ってからお仕置きだな」笑顔になって歩いていくと声が大きくなり、ドアの隙間からは明かりが漏れている。

 啓治がそのドアをそっと開けて中に入ると、亮子と理紗は生まれたままの姿で抱き合っていた。
「奥様、もっと入れて下さい…」四つん這いになった理紗の後ろから亮子が樹脂のペニスを押し込んでいく。

 啓治は暫く見ていたが「おばさんに、理紗さん。レズしているんだ!」声を掛けた。
「ダメ、ここに入っちゃダメ!」2人は慌てて胸と股間を押さえて隠した。
「そんな事しちゃいけないよ。今夜は僕が教えて上げるから!」そう言うと、買い込んだ手錠を後ろ手にして2人に付けた。

 「啓治君、どうする気なの?」
「少し、お仕置きだよ。まずはここに」亮子を俯せにして、買い込んだムチで叩きだす。
「ヒ~!」悲鳴を上げると同時に赤い筋ができ「おばさん、懲りたでしょう。レズはいけないんだよ」なおもムチを振っていく。

 「許して、もうしませんから…」泣きながら言うが、それはただの女性になっている。
「でも、僕の見ている前でならレズしてもいいよ」なおもムチを振り「ヒ~、許して、もう打たないで…」亮子の涙が止まらない。

 「これからは、僕の言う事を聞くよね?」ムチに代わって、掌が淫裂を撫でだす。
「聞きます。ですから打たないで!」
「約束だよ、おばさん」
「約束するわ」それを聞くと今度は理紗の尻を叩きだす。

 「ヒ~。打たないで。言う事を聞きます!」理紗も尻に赤い筋を作りながら泣き叫んでいる。
「わかった、約束だよ。理紗さんはオ○ンコをおばさんみたくして!」
「やります、ヘアを剃ります」理紗が承知すると手錠が外された。

 手錠が外された理紗は浴室に向かったが「おばさんは僕とオ○ンコだ!」覆い被さった。
「解いて。こんなやり方はイヤ。普通でしましょう!」
「そうは行かないよ、これも付けないと」口枷が取り付けられ「う、う~!」首を振るが声が出せない。
「ついでに、ここにもやるか!」乳房にもゴム製のブラジャーを着け、穴から乳房を引き出した。

 それには、根本から乳房が絞められ痛いのか亮子が首を振っている。
「お仕置きだからね。言う事を聞かなかったらもっとするよ」そう言いながら亮子をベッドに足を垂させ、仰向けにしてから覆い被さった。

 「おばさん。オ○ンコにチンポが入っているよ」腰を振っていくが「う、う~!」呻き声を上げ首を振るだけの亮子だが、啓治は変色した乳房も握り腰の動きを速めた。
「今日はオ○ンコに出すからね…」それには驚き顔だが、淫裂の中に暖かいのを感じたのか目を閉じた。
「出したよ、オ○ンコの中に…」結合部から白い液体が流れ出てくる。

 そこに理紗が戻ってきた。
「そんな、奥様に射精して!」驚きの顔だ。
「お仕置きだよ。おばさん、早くしたほうがいいよ」手錠を外し、口枷、ブラジャーと外して「急いだ方がいいよ」
「そうする…」亮子は出て行き、理紗が残されている。

 「理紗さん。撮るよ、パイパンオ○ンコ姿を!」
「許して。こんな写真は撮らないで!」
「ダメだよ。おばさんだって撮らせたんだから」泣き顔の理紗を無視してカメラのスイッチを押していく。

 「もっと、足を広げないと」横に足を広げると、下から撮られていく。
「もういいでしょう。沢山撮ったし…」
「そうだね、もういいよ」カメラを置くと乳房を吸い出し「ダメ、そんなのダメです…」理紗の声が震えている。

 それでも乳房を吸っていると亮子も戻ってきた。
「おばさんと理紗さん、明日は裸で起きてよ」
「そんな裸だなんて。人が来たら困ります!」理紗は泣き顔だ。

 「朝だけだよ。僕が出かけたら服を着ていいから。それから、交代でオ○ンコさせて」それには2人も顔を見合わせた。
「そんなにセックスしたいの?」
「うん、毎日したい。それに、オ○ンコの中に出したいんだ…」
「そんな、お腹に出したら妊娠しちゃう…」

 「薬あったよね。あれ飲めばいいよ」
「恥ずかしいわよ、この年で避妊薬を買うなんて」
「僕の子を産むよりいいでしょう。僕はおばさんに産んで欲しいけど…」
「ダメ。絶対にそれはダメ。そんな事するなら薬を飲むわ」
「私も飲みます」こうして2人は承知した。

 翌朝、亮子と理紗は生まれたままの姿で起きて「奥様、恥ずかしいです。こんな体ですから」理紗は垂れ下がった乳房が気になっている。
「平気よ、まだ若いわよ」慰め合いながら2人は啓治の起きるのを待つと、啓治が起きてきた。

 「おばさんに理紗さん、凄くいいよ」全裸の2人に満足そうな顔をして、2人の乳房を揉んでいく。
「やめて、朝からはイヤ。夜にしましょう!」
「少しならいいでしょう?」胸に顔を埋めて乳首を吸うと「ダメ。後で…今夜に…」さすがに頭を抑えている。

 「わかった、今夜にやるよ。それから、2人とも、今日は下着無しでいて」
「そんな、下着無しだなんて…」
「昨日約束したでしょう。やらないならお仕置きだからね」それには「わかったわ。直に着る!」諦めて亮子は啓治の言う通りに下着を着ずにスーツを着込み、理紗も下着を着ずにメイド服を着た。

 そして、夜になると啓治は買い込んだ下着を渡した。
「今日から夜にはこれを着て貰うからね」それはレザー製のベルトだ。
ベルトを胸、腰、太股と巻き付けていくが、乳房と淫裂は露わになっている。

 「これを見られたら、変に思われる…」
「誰もいないよ。それに、これもね」首輪も付け「いいよ、それで。まずは、おばさんからだよ」両手に手錠を掛けて尻を突き出させた。

 「イヤ、痛いのはイヤ!」拒むがラケットのような棒で打たれて「ヒ~!」悲鳴を上げ、体を震わせた。
「僕の言うことを聞くよね?」
「聞きます。ですから、もう打たないで!」
「それなら、まずはこれを!」ズボンを引き下げ肉竿を露わにした。

 「やって、口で!」
「できない、2人きりの時にならいいけど…」拒むとクリップが乳首に付けられ「ギャ~、やります。やるから外して!」悲鳴を上げる。

 「終わるまではダメだよ、ほらやって!」渋々肉竿に口を押しつけた。
「理紗さん。おばさんがチンポなめているよ」言葉で虐めると亮子は首を振るが、それでも腰を動かして喉奥まで突き刺すと「う、う~!」と呻き声を上げだした。

 「仕方ないな、おばさんはここまでだ。次は理紗さんだ!」同じように理紗の両手に手錠を掛けて尻を叩いていくと「ヒ~。打たないで!」悲鳴を上げる。
「理紗さんもやって!」同じように肉竿をなめさせ「いいよ、凄くいい!」満足そうな顔になり、手錠を外して3人は啓治の部屋に入った。

 「そうだ。見て、写真ができたから!」自分でプリントした写真を見せたが「イヤ、見たくもない!」見ようとはしない。
「そうかな、オ○ンコのヘアがないから綺麗だと思うけど…」
「そう言う次元じゃなくて、恥ずかしいの。性器を見られるって恥ずかしい事なのよ」亮子が言うが、わかっていない。

 「とにかく、今夜からは2人とやるからね」その言葉通りに亮子に抱きついて「おばさん、変わったのでやろうよ」太股を抱え上げ、持ち上げ駅弁スタイルだ。
「ダメ、これはダメ!」落ちまいと両手で啓治の首に抱きついた。
「入れるからね」淫裂に肉竿が入りこみ「あ、あ、あ~!」思わず声を上げていく。

 「おばさん、今日は出さないよ」そう言いながら太股を揺すり、腰も動かしていくと「ダメ。奥まで入るからダメ!」首を振りながら背中を反らせている。
それでも腰の振りを速めると「いいわ、凄くいい!」声を上げ、淫汁が流れていく。

 啓治は暫くしてから「今度は理紗さんだ!」亮子を降ろして理紗を抱き上げた。
「凄い、膣の奥まで入ってくる!」理紗も啓治の肉竿に声を上げる。
「出すよ、今日は理紗さんに出すからね」
「はい、私が受け止めます…」啓治が腰の振りを速めると「あ、あ、あ~!」理紗も声を上げ、体を反らしていく。

 「オッパイが欲しいよ、理紗さん…」理紗は体を起こして乳首を口に押し当て「いいです、凄くいいです。このまま行きたい…」淫汁が流れ、肉竿も濡れている。
「わかった、僕も行くからね」啓治は更に振りを速め「行く、行く~!」理紗も限界になっている。

 すると「う~!」うなり声を上げ動きを停めた。
「いいわ、膣が溶けそう…」しっかりと抱きついているが、2人の結合部からは白い液体が滴り落ちている。
「出したよ、理紗さん」理紗が降ろされた。

 「明日は、おばさんに出すからね」
「わかっている、準備はしておく」火照った顔で理紗の淫裂を見つめていた。
そして、啓治の考え通りに、夜はレザーのベルトだけを身につけ交代で膣の中に射精された。

 それから数日が過ぎ、亮子の姉夫婦が上京する事になった。
「啓治君、お願いだから服を着させて」姉に恥ずかしい姿は見られたくないから頼むと「いいよ。その変わりに、夏休みは別荘を付き合って欲しいな」と言われる。

 「長くはダメよ、1週間程度ならいいけど」
「それならいいよ。おばさんと一緒なら」こうして、亮子は難なく姉を迎える事ができ、姉の咲子は亮子の案内で啓治と東京見物し、翌日には帰った。

 すると「おばさんに理紗さん。今夜からあれ着てよね」早速ベルトの下着を着させた。
それに、両手を縛り尻も叩いていくが、啓治の目が輝き、股間も膨れあがっていく。
「打たないで。ヒ~!」悲鳴を上げても叩かれ、その後は啓治のベットで抱れ、膣深くに噴射されている。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター