fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第12話 露出写真

第12話 露出写真

 「奥様、早速ですが、お調べします」店主は巻き尺を亮子に当てだした。
巻き尺は肩から乳房へと伸び、手が乳房を触りだし「これは、仕事です」乳房を持ち上げ揺すった。

 「わかっています…」亮子は顔を逸らすが、なも乳房を触り(そんなに触らなくてもいいでしょう?)堪えていると、巻き尺は下へと伸び、淫裂も触り出した。
(そこは関係ないわ。何も触らなくていいはずよ)震えが大きくなっていく。

 それでも声をあげるわけには行かず、黙っていると巻き尺は尻にも当てられた。
真後ろから両手で尻を触ると広げ、淫裂が口を開いていく。

 (やめて。何も性器の中まで見なくてもいいはずよ…)顔から火が出る思いだが、店主は尻も触ってから「終わりました」とやめた。
「もういいのね?」
「はい、結構です」店主は用紙に数字を書いていくが、その脇で亮子は下着を着ようとした。

 それを見て「おばさん、それは後で…」啓治が手を押さえる。
(下着を着ちゃダメなの?)顔を見ると(そうだよ、着なくていいんだ)頷いている。
(わかったわ、直に着る)下着を置いて、直にスカートを履くと、ブラウスも着込んだ。

 薄い生地のブラウスは乳房を隠せず透けて見え(恥ずかしいわ。オッパイが見えてるのよ)啓治の顔を見るとまた頷いた。
(こんな思いをするんだから、今夜もしてよ)啓治を見つめながらボタンを留め、上着を着込み残された下着をバックに仕舞い込む。

 亮子が服を着込むと「奥様、これでは人目に付きますから…」スケッチを見せる。
「これを一緒に着るの?」
「はい。これを上から着れば、街も歩けます」
「そうね、お願いするわ」

 「かしこまりました。それから、3日後に、おいで頂きたいのですが」
「仮縫いなの?」
「はい。そうしませんと、ピッタリ合いませんし」
「わかった。必ず来る」亮子は啓治と一緒に店から出た。

 「おばさん、大部恥ずかしかったようだね」
「当然よ、見るだけならともかく、触ったのよ。それに、あそこの中まで見られたし」
「そうだよね。オ○ンコの中まで見ていいのは、僕だけだしね」

 「そうよ、啓治さんなら我慢できるけどね」2人は喋りながら歩いていくとデパートがある。
「おばさん、折角だから寄っていかない?」
「たまにはいいわね、行こうか」啓治に誘われ亮子はデパートに入った。

 店の中は平日にもかかわらず、客で混んでいる。
「参ったな、こんなに大勢いるとは。空いている所を捜そう」2人はウロウロしながら歩いて行くと、客がまばらな地下街に来た。

 すると、啓治は何を思ったのか「おばさん、ここでヌードだよ」耳打ちする。
「そんな。ここで脱いだら、見られてしまうわよ」
「大丈夫だよ。ボタンを外して胸を広げるだけだし」

 「でも、見られそうで…」
「その時は、その時だよ。ほら急いで!」亮子は周りを気にしながらスーツのボタンを外し、ブラウスのボタンを外していく。

 ボタンが外されると、胸の部分が露わになり、乳房も覗いている。
「広げて!」両手で広げ乳房を露わにすると、スイッチが押された。
啓治は数枚撮ると「スカートも下げて!」更に要求する。

 「こんな所ではイヤよ。帰ったらするから」
「ダメ、ここで撮るんだ!」拒む啓治にスカートのホックも外してファスナーも下げた。
「広げて!」また両手で服を広げると、乳房ばかりでなく、淫裂も露わになっている。

 「早くして、お願いよ!」泣き顔をしながらカメラを見つめているとスイッチが押された。
「もういいわよね?」啓治が言う前にスカートから持ち上げ止めていく。
その後ブラウスのボタンを留めていく。

 「おばさん、撮れているよ。もっと撮ろうよ」
「もうやめましょうよ」
「ダメ、もっと撮るんだ」言うことを聞かず、買い物客が大勢いる食料品売り場に来た。

 「ここで撮るからね」啓治は亮子を買い物客に背を向けて立たせた。
「胸だけでいいよ、急いで」言われればやるしかなく、またボタンを外し、前を広げた。
(早くして、見られたら困るのよ)買い物客の声を背中で聞きながら乳房を露わにしてカメラに収まった。

 啓治が合図を送ると急いでボタンを掛け、何もなかったような顔をして歩きだす。
「おばさん、こんな写真も面白いね」
「おもしろくないわよ。こっちはヒヤヒヤなんだから」

 「そんな事言わないで。まだやるんだから」
「えっ、まだ撮るの?」
「当然だよ、今度は電車の中で撮るよ」啓治は亮子の腕を掴んで地下鉄の駅に入った。

 駅の中には、数人しかおらず、しかも女子高生だ。
「今だよ、急いで!」
「わかったわよ」ホームにある柱の影で服を脱いで、全裸になると影からでていく。

 それには「ヌードよ、ヌードだ!」居合わせた女子高生達が騒ぎ出し(そんなに驚かなくていいわよ、あなたと同じ体なのに)下を向いたままだ。

 そんな亮子に「顔を上げないと」カメラを構えると顔を上げカメラを見つめる。
「ダメだよ、手を退けないと」
「恥ずかしいの。これだけは見られたくないし」

 「手を退けないなら、知らないからね」
「わかった、見られてもいい…」股間から手を退けた。
「やだ~。ヘアが生えてないわよ!」無毛の淫裂に声が上がるが啓治は臆することなくスイッチを押し続けた。

 亮子は啓治に言われるままにポーズを取りカメラに収まっていくと、電車の音が聞こえてきた。
「来たわ、もういいわよね」返事を聞かず、物陰に飛び込み急いでスカートを履いた。
その後は、ブラウスを着ずに上着を着込むと同時に電車が入ってきた。

 「間に合った…」ボタンを掛けながら一息つくとドアから人が降りてくる。
「相手が子供でよかった」降りた客は大人ばかりだから尚更だ。

 2人はその電車を見送り、次の電車に乗ったが、中には数人しかいない。
「おばさん、ここでも撮るからね」向き合いカメラを構える。
(こんな所で脱ぐなんて…)顔を強ばらせながら上着のボタンを外して広げ乳房を露わにし、啓治はスイッチを押すと閃光が瞬く。

 その閃光に、乗客が不思議な顔で振り返るが、上着を着たままだからまだ気づいてはいない。
しかし、上着を肩から脱ぐと「お、オッパイが!」声を上げ指さしている。
(黙ってみててよ。お願いだから)顔を赤く染めながら上着を脱ぐと、スカートも脱ぎ、全裸を晒している。

 「そんな、素っ裸だなんて…」驚きながらも淫裂が気になるのか、こちらに寄ってくる。
(来なくていいわよ。遠くで見てなさい)そう言いたいが、黙ったままポーズを造っていくと「パイパンだ!」無毛の淫裂にまた声が上がり、顔が赤く染まりだした。

 それでも啓治はスイッチを押し「足を広げて、指で触るんだ!」注文を付け(そんな、性器まで見せるなんて)言われるまま、足を広げ淫裂を触りだす。

 それを見て「オ○ンコを弄ってる!」そう言うと、股間を撫で出す。
(やめてよ。私のヌードで、オナニーはしないでよ!)撫でる手を気にしながら淫裂を触り続けた。

 啓治はそれをカメラに収めていたが「終わったよ」声を掛けた。
(よかった。でも、これで終わりならいいけど…)不安を抱えたまま、ブラウスにも袖を通して上着も着た。

 「もう、終わりかよ。もっとみたかったのに」乳房と、淫裂が隠れると乗客も元の席に戻って、電車が停まると2人は降りて改札口から外に出た。

 駅から出ると商店街で買い物客が往来しており、その中を歩くと映画館が目に付いた。
「確か、今評判の映画よね?」
「そうだよ。性描写が半分あるって聞いたけど。なんなら見てみようか?」話がまとまり映画館に入るとすでに上映されている。

 2人は暗闇の中、空席を見つけ、並んで座った。
始めは目が慣れておらず、何も見えないが、慣れてくると観客も見え、夫婦連れと思われるカップルが目立っている。

 2人はそんなことなど気にも留めずスクリーンを見つめていると、映画は噂通りに過激なシーンの連続で亮子も啓治も息が荒くなっていく。
それは2人だけではなく、見ているカップルも同じで肩を寄せ合い、抱き合って見ており、男の手が女を触っている。

 それには、亮子も啓治の手を掴んで自分の胸に導くと、啓治も答えてゆっくりと撫で出す。
映画館の中は、スピーカーから流れる喘ぎ声と女性のあげる声が響いている。

 やがて、画面が変わり女性が全裸で縛れたシーンが映し出された。
乳房を縛られ、乳首にクリップが止められ悲鳴が上がった。

 それでも容赦なく、背中を叩かれ出し、怯えた亮子は啓治に抱きいた。
「おばさん、これは映画だよ」耳元で言うが(わかってるけど、こうしたいのよ)頷きながらも離れようとはしなかった。

 映画は、画面が次々と変わり、女性が手足を縛られたまま宙づりにされた。
「凄いや、こんなことをしてみたいな」啓治は思案しながらスクリーンを眺めた。

 映画は2時間弱で終わり、外に出たが興奮がまだ収まっていない。
「凄かったね。あんなやり方もあるんだ。何だか、疼いてきたな」
「まさか、あれを私にするのでは?」

 「そうだよ。今夜、やろうよ」
「でも、痛そうよ。我慢できるかしら?」
「痛かったらやめるよ。とにかく、買わないと」2人は裏通りに入りポルノショップに入った。

 店員は慣れた様子で「何がお望みで?」と聞いてくる。
「オッパイに付けるのが欲しいな。乳首に付けるやつ」啓治は平然と言うが亮子は恥ずかしさに顔を上げられず、下を向いたままで、次々と並べさせる。

 「決めた、これがいい!」指差し、注文し、店員は袋に詰めていく。
そして「これもいいな。これも下さい」鎖でできた拘束具を買い求めて店を出た。

 その夜、屋敷では亮子が全裸にされた。
「やめて、縛られるのはイヤ~!」叫ぶが、啓治によって映画のように鎖で縛られ「おばさん、今日は今までとは違うからね」乳首に買い込んだクリップを取り付けた。

 更に、重りもぶら下げ乳首が伸びきり「ギャ~!」悲鳴が上がった。
それを見ていた理紗が「啓治さん、無理よ、こんな事やめないと」注意したが「これくらい平気だよ。なんなら理紗さんも!」理紗のメイド服を脱がしに掛かった。

 「やめて。私は見るだけでいいのよ~!」叫んでも服は脱がされ、下着も脱がされだす。
「やめて、お願いです!」抵抗しても、力負けして生まれたままの姿にされた。
「理紗さんは違うのでやるから」やはり、映画のように両手を縛ると、宙づりにした。

 「降ろして、こんなのイヤよ」足も縛られ浮いている。
「理紗さんにはこれだな」ムチで尻を叩き出し「ヒ~!」悲鳴を上げても「ピシ、ピシ!」とムチの音が響き、赤い筋ができていく。

 それが済むと、亮子と同じく乳首にクリップを付け重りを付けたが、すかさず「ギャ~!」悲鳴を上げた。
「痛い思いだけじゃないよ。気持ちいいこともするからね」ムチを置くと淫裂を指で広げ、ピンクの突起を触り出す。

 「ダメ、そこはダメ!」一番敏感な部分を触られ、不自由な姿勢にもかかわらず、腰が動きだす。
「何も遠慮しなくていいよ」突起を触ると膣の中に指を入れ動かしだした。

 すると、今までと変わって「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げ出す。
「気持ちいいでしょう。指だけでも」なおも動かしていくと淫汁が流れて「気持ちいいわ。乳首が痛いけど、変な感じがなってきた…」痛みが快感になっていた。

 「理紗さんばかりだと、不公平だよね」今度は亮子に同じ事をし「ダメ、そこはダメ…。あ、あ、あ~!」亮子も淫汁を流し、痛みが快感に変わっている。
「気持ちいいわ、もっとして。お願いだから、もっとして…」亮子も喘ぎ声を上げ、せがんでいる。

 そして、縛った体が解かれ、自由になると「お願いだから、私とオ○ンコして…」2人で啓治の服を脱がしていく。
「いいけど、どっちが先なの?」
「交代でして。同じように…」

 「わかった。まずは後からだよ」全裸にすると四つん這いに並ばせ「まずは、おばさんからだよ」腰を押さえて肉竿を押し込んだ。
「いいわ、凄くいい。乳首の痛いのが凄くいいわ…」クリップもぶら下がり揺れている。

 それを見て「早く私のオ○ンコにも」理紗も催促している。
「待って、後10回してからだから」数を数えながら肉竿をピストンさせていた。

 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
359位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘 連載中
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
記事数メーター