fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第15話 ヌードモデル

第15話 ヌードモデル

 「おばさん、何も驚かなくていいよ。お互いに触ってるだけだから」
「触るだけなの?」
「そうだよ。静江さんも触るだけならいいと言うし」
「そうなんです。あの時から気になって…」静江は亮子の前で肉竿を擦りだした。

 それには、肉竿が更に堅くなり膨らんで「カチカチだわ。これが膣に入るんだ!」興奮したのか、息も弾んでいる。
「そうだよ、ここに入るんだ」啓治も指を膣の中に入れて動かし出す。
「ダメ…。変な気分になっちゃう…」目を閉じ、気持ちよさそうな顔をしている。

 「指ならいいだろう。奥まで入れないし」乳首も吸うと「もっと吸って…」口をパクパクさせ、肉竿を擦る動きが速まった。
啓治も負けじと乳首を吸いながら、淫裂を掻き回していくと淫裂から液体が流れ出てくる。

 「恥ずかしい…。お汁が出たみたい…」顔を背けながら手の動きを続けると「限界だ。出すからね」啓治は登りきったのか、静江の絨毛に噴射した。
「啓治君、射精したんだ!」

 「ああ、静江さんの手で。できたら、ここの中に出したかった…」膣の中の指が動いていく。
「そんな事言わないで。一緒になるって誓うならしてもいいけど」
「それって、結婚してもいいと言うことだね」
「そう解釈しても言いわ…」それだけ言うと静江は黙り込んでしまった。

 「それを聞いて安心した。とにかく、気持ちよかった」啓治は絨毛に吹き掛かった液体を拭きだすと「そんな事じゃダメよ、洗わないと」黙ってみていた亮子が静江にタオルを被せ「行きましょう、洗わないと」部屋から連れ出し浴室へと案内した。

 亮子は静江を浴室に入れると、理紗に指示してから戻ってきた。
「啓治君、あの子と一緒になるの?」
「今はわからないな。でも、いずれは一緒になるかも知れない…」

 「そうなったら、私には用がないんだよね?」
「そんなことないよ。おばさんとは一緒にいたいし」
「本当にそう思うの?」
「思っているさ。おばさんと、理紗さんと何時までも一緒にいたいよ」亮子に抱きつき唇を重ねる。

 「うれしいわ。私も啓治君と一緒にいたいし」亮子も唇を重ねると、肉竿を擦りだした。
「おばさん、出したばかりだかし…」
「それなら、お口でする!」腰を降ろし萎縮した肉竿を口にいれ「ウグ、ウグ!」唇で擦っていく。

 それには「気持ちいい。本当にやりたくなった!」服の上から乳房を揉み出す。
(私もしたいけど、今は無理よ。夜にしましょう)首を横に振りながらも、唇と舌で肉竿を擦り続けたが、突然顔を上げ「ここまでにしましょう。今夜もあるし」肉竿を撫で出す。

 「そうだよね。今夜は頑張らないといけないし」素直に引き下がり、服を着だすとタオルを巻き付けた静江が現れた。
「そうだ。静江さんのヌードを撮らないと」カメラを構え得ると「撮るなら綺麗に撮って」タオルを外し、乳房と淫裂を露わにしていく。

 「わかってる。うまく撮るよ」啓治はスイッチを押し続けた。
静江は啓治から言われるままに、ポーズを作りカメラに収まっていくが見ている亮子は(あの子と一緒になったら、啓治君は私のことを忘れてしまう…)不安そうに見つめている。

 啓治は30分程スイッチを押す続け「ここまでにしよう」そう言ってカメラを置き「そうね、充分撮ったしね」静江も脱いだパンティ、ブラジャーと身に着けだした。

 静江が服を着終えるとリビングに戻り、理紗を交えて話し出した。
「この前はすみませんでした」静江が詫びると「気にしなくていいよ。ヌード撮影だったんだから。それに、見られた方が嬉しいし」啓治が勝手に言う。

 「そうなんだ。見られると感じるんだ。それなら、お願いしい事があるの」
「お願いって、どんな事なの?」
「モデルよ。私の主催するサークルのモデルになって欲しいの」

「静江さんのサークルって何かしら?」
「絵です。絵画サークルなんですが、モデルがいなくて困ってまして…」
「モデルって、まさかヌードで?」
「そうなんです。ぜひお願いします!」

 「そんな、人前でヌードになるなんて恥ずかしいわ」さすがに亮子も躊躇した。
「会員は女性だけですから、心配は要りませんが」
「いくら、女だけと言っても…」
「おばさん、何なら僕も手伝うよ。それならいいよね?」

 (どうしよう。啓治君がそこまで言うなら、やらないわけには行かないし…)暫く考え「啓治君が一緒ならやってもいいけど…」「構いません、ぜひお願いします」亮子が承知すると静江は笑顔になった。

 その夜、啓治は亮子と向き合っていた。
「おばさん、僕がやるよ」着ているネグリジェを脱がしていく。
「それならお願いするわ」拒もうともせず、肩から脱がされていくと乳房、淫裂と露わになっていく。

 「大部生えたね。また剃ろうよ」短く生い茂る絨毛を撫でていく。
「構わないけど、またヌードになるからそれまでは待って」亮子も啓治の頭を撫でていく。
「そうだね、それが済んだら剃らせて」指で淫裂を広げ舌で敏感な突起をなめだした。

「ダメ、そんな事されたら声が出ちゃう…」太股を震わせて言うが、啓治は止めようともせず、反対に指を膣に入れて動かし出した。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、体を弓のように反らせ、淫汁を流し出した。

 「おばさん、始めようか?」
「始めてもいいわよ、もう我慢できないの…」啓治のパジャマを脱がしていく。
「まずは、おばさんからだ!」全裸にされるとベッドに仰向けになった。

 「わかったわ。いつものようにやる」啓治を跨いで馬乗りになり、腰を沈め「あ、あ、あ~!」声を上げながら淫裂深く肉竿を迎えた。
「啓治君、これからもしてね…」
「勿論だよ、おばさんが好きだし」乳房を桃ながら見つめている。
「ありがとう、今夜は一杯出して」亮子は満足そうに腰を振り続けた。

 それから数日後、亮子は啓治と一緒に、静江から指定された場所に向かった。
2人は電車に乗って向かうが、そこは研修センターのようで若い男女が行き交っている。
「こんな所でヌードになるんだ…」亮子の顔が強ばったが「僕が付いているから、大丈夫だよ」慰められながら一緒に建物の中に入って行く。

 中に入ると「待っていたわよ」静江が寄ってくる。
「静江さん。こんな大勢だけど、大丈夫なんでしょうね?」
「その心配はないわ。ここに通う一部しかいないのよ。とにかく急がないと」早足で歩く静江の後ろを歩いていくと、教室のように区切られた部屋が見えてきた。

 静江はドアを開けて「ここよ、皆が待ってるの」催促し、2人が中に入ると確かに若い女性が20人程おり、スケッチブックを抱えている。

 それを見るなり、強ばる亮子だが「モデルさん、準備をお願いします」静江は服を脱ぐよう催促する。
「わかりました…」返事をすると、見守る前で服を脱ぎだす。
いくら女性だけとはいえ、脱ぐのを見られるのは恥ずかしいのか、体が震えている。

 それでも、ブラジャーから脱いで乳房を露わにしていくと「お~!」感嘆の声が上がる。
(そんな声、出さないでよ)顔を赤らめながらも腕に絡んだ布を脱ぐと、パンティを膝まで引き下げ、背中を丸めていく。
その後、足を交互に上げ、温もりの残ったパンティが両手に残されている。

 (これでフルヌードになった…)パンティを服の下の隠すと両手で股間を押さえて立った。
「準備が出来たようね。早速だけどここに腰を降ろして」全裸になった亮子を赤いマットの上に腰を降ろさせた。
「後は、こうして…」腕を付けさせ、足も開かせた。

 (イヤよ。これじゃ、性器が丸見えよ!)膝も立てさせられ、足がMの字のようになっている。
「あら、大部生えたわね。ない方がいいんだけど…」数ミリに生えた絨毛と淫裂が撫でられる。

 (やめて。恥ずかしいから見るだけにしてよ!)太股も震えているが「静江、そろそろ始めないと」女性達が取り囲むようにしている。
「そうね、始めないとね」触るのをやめて、静江もスケッチブックと向き合った。

 スケッチが始まると静まりかえり「サラ、サラ!」と鉛筆の音だけが響くだけだ。
その静けさの中で、亮子一人が足を広げて、淫裂と乳房を晒している。
(女同士でも、性器の中まで見られると恥ずかしい…)視線がそこに集中しているのがわかる。

 それでも、堪えていると1時間が過ぎて「休憩にしましょう」亮子の淫裂に小さなタオルが掛けられ、ポーズを崩していくが、静江は何やら話し合っている。

 そして「啓治君、申し訳ないけど、あなたも脱いでくれないかしら?」と言い出した。
「僕も脱ぐんだ…」
「そうなの、その変わり…」静江が耳打ちしていく。
「それならいいよ。約束したからね」
「約束する。皆もいいよね? 」すると、全員が顔を赤らめ頷く。

 「それなら、やってもいいよ」笑顔になって啓治も服を脱ぎだしたが、女性達は食い入るように、脱いでいくのを見つめている。
やがて、パンツも脱いで全裸になって肉竿を露わにしていく。

 「恥ずかしいな、こんな状態で」肉竿が、だらしなくぶら下がっている。
「それだったら、こうやって…」事もあろうか、皆が見ている前で、静江は肉竿を口に入れた。
「そんな事されたら…」上擦った声を上げると、肉竿も膨らんでいく。

 「これでいいわ、啓治君が後から抱きつくのよ!」啓治は言われるまま、亮子の背中から抱きつき、膝の上に乗せた。
(ダメよ、オチンチンが入った…)淫裂に膨らんだ肉竿が入り込み「いいわね。もっと元気よくして!」静江の目が輝き、結合部を見つめている。

 (やめて、人前ではやりたくないの。お願いだからやめて!)首を振っても、乳房を揉みながら肉竿が根本まで入り込んだ。
「それよ、それでいいの。このままよ!」静江達は目を潤ませながら再びスケッチを始めた。

 スケッチが始まると、結合したまま動きを停めたが、次第に肉竿が萎縮していく。
「おばさん、少し動かすよ」耳元で言うと、乳房を揉みながら腰を振りだし(ダメよ、声が出ちゃう…)小刻みに動く肉竿に、淫裂の中は濡れて淫汁が流れ出した。

 (お汁が流れたわ。気づかないといいけど…)そう思っても、足を開ききっているから、皆にも見えている。
(性器から蜜が流れてる…。オチンチンを入れられて気持ちいいんだ…。私もパンティを濡らしたかも…)同じように、スケッチしている方も興奮して淫汁を漏らしていた。

 こうして、啓治は周期的に腰を小刻みに動かして膨らみきったまま時間になった。
「やっと終わったよ」肉竿を抜くが(抜かないで、最後までしてよ。ここで出してもいいのよ)亮子は不満だが、抜かれた以上は諦めるしかなく、大人しく脱いだ下着を着始め、啓治も着ている。

 そして、2人が着終えると「暇なんでしょう、付き合って」静江に言われて、皆と一緒に建物から出た。
建物から出て歩いて行くと粗末なビルが見える。
「ここなの。ちょっと狭いけど」静江を先頭に入っていくと12畳程の広さがある部屋があった。
「ここは私達のたまり場よ。遠慮は要らないからね」

 「それはいいとして、約束は?」
「わかっているわよ、みんないいわよね?」静江の言葉に頷くと服を脱ぎだす。
「そんな、まさかヌードに…」今度は亮子が驚いた。

 「おばさん、驚くことはないよ。僕も脱ごうかな」啓治も脱ぎだした。
「やめて。啓治さんまで脱いだら、私だけは変よ」
「それなら、おばさんも脱ぎなよ」
「わかったわ、私もヌードになるわよ」亮子も脱ぎだし、皆が全裸になった。

 「啓治さん、これが、先程のお礼よ」静江が言うと、両手で絨毛を掻き分けて淫裂を露わにした。
それを見ていた啓治は、肉竿が膨んで起きあがっていく。
「まずは、私からのお礼よ」全裸の中の一人が肉竿を掴んで擦っていく。

 「気持ちいい。触ってもいいよね?」乳房を揉んでいくと「いいわよ、あそこもいいわ」淫裂も触らせた。
暫く触っていると「交代よ、私にも触らせて」肉竿が気になるのか、次々と触わりだした。

 それには亮子も気が気ではなく(やめて。そこは私がするのよ!)叫びたいのを堪えている。
それでも、次々と肉竿を擦られ、啓治は絶頂を迎える寸前で堪えていた。

 そして、最後が済むと亮子は「啓治君、したいの。見られてもいいからしたいの…」そう言って、啓治を寝かせて馬乗りになった。

 それを見ていた女性達はすかさず、淫裂を触り出すが亮子は「いいわ、気持ちいい…」声を上げて腰を動かしだす。
その行為を食い入るように見つめたまま、淫裂に指を入れ、激しく動かして「あっ、あ!」「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声が響く中、肉竿から液体が膣奥に噴射した。

 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター