fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第5話 講習会

第5話 講習会

 啓治が亮子と一緒に住むようになってから3ヶ月が経ち、啓治も東京生活にも慣れてきた。
「おばさん。約束したよね、もうすぐ休みなんだけど」
「わかっているわ。今、捜させているから」できる事なら行きたくはないが、約束したからには一緒に行くしかない。

 「期待してるよ。それより、面白い店があるから、今夜あたり行こうよ」
「どんなお店なの。食べ物屋さんなの?」
「違うよ、ちょっと趣味の店って感じかな。何なら、僕が迎えに行くけど…」
「そうね。たまにはいいかも」
「決まりだね。6時には行くからね」啓治と亮子は約束し、2人は屋敷から出た。

 そして、講義を受け、暇を潰しながら時計を見てから亮子の元へと向かったが、亮子も後片付けをしている。
「おばさん、迎えに来たよ」
「ありがとう」亮子は礼を言い、啓治の車に乗り込むと走り出した。

 まだ、夕暮れには早いが、繁華街を走りビルの前で停まったが「ここなの?」古びた建物に亮子は不安そうな顔をしている。
「そうだよ、とにかく入ろうよ」車を降り、2人は建物の中に入った。

 中に入ると、夫婦ずれと思われるカップルが数組おり「なんか場違いみたいだけど、いいの?」不安になっている。
「構わないよ。とにかく行こう」ドアを開け中に入ったが、入るなり「何よ、これ!」亮子は声を上げた。
亮子が見たのは、全裸のまま十字架に縛られた女性で、絨毛も綺麗に処理され淫裂が剥き出しになっている。

 その女性に向かってムチが振られ「ヒ~!」悲鳴を上げ、赤い筋ができた。
「啓治君。帰ろう、変な場所だよ」
「最後まで見ようよ」啓治は亮子の肩を抱いた。

 その間も、女性はむちで打たれたが、今度は外にいたカップルが舞台に現れた。
「確か、外にいた人だわ…」ジッと見守っていると、男が女の服を脱がし出し「やめて。あなた、やめて~!」夫婦らしいのか「あなた」と呼びながら抵抗している。

 それでも男はやめず、下着姿にしていき「イヤ、イヤ~!」抵抗しても下着も脱がされ、生まれたままにされたが、やはり、股間の絨毛が綺麗に取り払われている。

 「やめて、縛らないで~!」悲鳴を上げならも、鉄棒に両手を縛られ、足を開かされ「由香、お前のオ○ンコが丸見えだぞ」淫裂を広げれれる。
「あなた、やめて。恥ずかしいからやめて!」首を振るが淫裂の中が濡れている。
「見られているぞ、オ○ンコが!」なおも言葉で辱めていると、潤んだ顔をしながら首を振っていく。

 「啓治君、これって、SMじゃないの?」
「そうだよ。あの女はオ○ンコ見られて気持ちよさそうだよ」亮子にも言われなくてもわかり(変態よ。人前で性器を晒すなんて…)そう思いながら見ているが、背中がゾクゾクしているのを感じた。
(この感じは、何なのよ。今までにない感じだわ…)息も荒くなり、鼓動も早まっている。

 やがて、男も全裸になり、縛った女の後ろから抱きつき、淫裂に肉竿を押し込むとピストンを始めた。
「イヤ、見られているのよ。帰ってからしましょう…あ、あ、あ~!」ピストンが始まると声を上げ、体を震わせ出し、淫汁も流れている。
(人前でセックスするなんて変態よ。でも、気持ちいいんだ、あんなに濡らして…)亮子は淫裂から流れる淫汁に興奮している。

 そんな亮子を啓治が抱きしめ「おばさんもやろうよ」耳元で言う。
「できないわ。恥ずかしくてできない…」やりたいのはやまやまだが、羞恥心が先に立っている。
「だったら、これを付ければいいよ」アイマスクが置かれてあり、それを亮子に付けさせ「これならわからないよ。僕はやりたいし…」半ば強引に舞台に引き上げた。

 舞台に上がった啓治はムチを持ち「脱げ、脱ぐんだ!」命令する。
「許して。ここじゃイヤ。誰もいない所でなら…」言い終わらない内にムチが太股を叩きだし「ヒ~。脱ぎます、脱ぐから打たないで!」悲鳴を上げ、泣き声で言う。
「素直に脱げば痛い思いはしなくてすんだぞ。痛い思いがイヤなら早くオ○ンコを出せ!」啓治は高飛車な態度を取り「わかりました…」泣き顔で脱ぎだした。

 亮子は周りを見渡すと、男の目が気になり指先が震えてうまく脱げない。
それには「早くしろ!」急かすようにムチが飛び「ヒ~!」悲鳴を上げながら、どうにか下着姿になった。
「まずは、オ○ンコから出せ!」パンティから脱ぐように言われ、両手で掴むと引き下げていく。

 体を震わせながら膝まで下げると、背中を丸め、交互に足を上げた。
(性器をみられてしまう…)両手に残された布を置いて、下半身を見せると「いいね、このオ○ンコはいいよ」啓治はムチで淫裂を突き「い、痛い!」声を上げ、体を反らせた。

 「次だ、全部脱げ!」言われるまま背中に両手を回し、ブラジャーも脱いで生まれたままになると、亮子の両手が鉄棒に縛られた。
更に、足を広げたまま、ぶら下げられ宙に浮いている。

 「ほら、オ○ンコを見られているぞ!」わざと言葉で辱めながら淫裂を広げた。
「やめて、性器は玩具じゃありません!」
「性器じゃないぞ、オ○ンコだ。言い直せ!」敏感なクリトリスが摘まれ「ギャ~!」悲鳴を上げ、体を震わせていく。

 「言い直さないと、もっとやるぞ!」
「お、オ○ンコです。性器ではなく、オ○ンコです…」恥を忍んで叫ぶと「オ○ンコやりたいか。こんなに濡れているぞ!」確かに淫裂の中が濡れている。
(ここではイヤ。帰ったら何回でもしていいから、ここでは許して…)首を振る。

 「正直に言うんだ!」また、クリトリスが掴まれ「ギャ~。やりたいです、オ○ンコしたいです…」言うしかない。
「そうか、そんなにやりたいなら、やってやるぞ!」啓治も服を脱ぎだし(脱がなくていい。帰ったらしていいけど、ここではイヤなのよ!)泣きながら見守っている。

 そして、全裸になると正面に立った。
「行きますよ!」太股を抱えて肉竿を押し込み「あ、あ、あ~!」首を反らせ声を上げていく。
(気持ちいい。見られているのに、こんなに感じるなんて…)入り込んだ肉竿に快感を感じ、膣の中も更に濡れだした。

 「気持ちいいか、オ○ンコは?」
「いいです、凄くいいです…」
「そうか、それなら、もっとやってやるぞ」太股を前後に揺すると、ブランコのように勢いよく肉竿が淫裂を突き刺しだした。

 それには「いいわ、凄くいい。もっと奥までして…」羞恥心は消え去り、快楽を求める女になっており「クチャ、クチャ!」卑猥な音が響く中、淫汁がポタポタと滴り落ちていく。
啓治は動きを速めると「行く、行く~!」亮子は限界になり、それに応えて「う~!」啓治も動きを停めた。

 暫く動かないでいると、白い液体が淫裂から流れ出し「中出しだ!」ざわめきが上がる。
それでも啓治は動じず「オ○ンコ見て欲しいだろう?」なおも亮子を責め「はい。射精されたオ○ンコを見て欲しいです…」亮子は胸を波打たせ言う。

 「わかった、見せてやるよ」淫裂を広げると、白い液体が前にもまして流れ出る。
「凄いや、ホントに出した!」驚きの声があがった。
その声に(恥ずかしいけど、変な感じだわ。今までにない感じがする…)淫裂から精液を垂らしながら余韻に浸っていると縛ってあった手足が解かれ、自由が戻った。

 舞台から降りると、2人は脱いだ服を持って席に戻った。
「おばさん、この後、講習会があるけ参加する?」
「顔を隠してなら、出てもいいけど…」

 「構わないよ。その変わり、素っ裸のままだからね」
「えっ、裸なの?」見渡せば、舞台に立ったカップルは全裸のままいる。
「わかったわ、フルヌードでいればいいのね」
「そうだよ、それまでは見てようよ」2人は肩を寄せ合いながら舞台を見つめた。

 それから1時間ほどして、舞台に立った皆が部屋に集まったが「凄かったよ。中出しなんて」やはり、啓治が話題になっている。
「それに、立派な持ち物ね。私の相手はこうよ」女が夫の肉竿を摘み上げた。

 「そう言うなよ。いざとなればカチカチなんだぞ!」そう言いながら、女の乳房を揉んでいく。
「そうかしら、あなたのを触らせてね」啓治は肉竿を触れ、一気に膨らんでしまい「恥ずかしいです、そんな事されたら」慌てて肉竿を抑える。
「ほら、余計な事するからだ。それよりも、講習会を始めましょうよ」その言葉で、本題に入った。

 講習会はスライドを使って行われ「このように、女性を辱めるます…」15分ほど説明して実演となった。
「ここに、仰向けに寝させます」亮子がモデルにされ、仰向けにベンチに寝ると、手首と足首が結ばれ開脚され、淫裂が剥き出しになっている。

 「これですと、セックスもできます。ほら、試してください」若い啓治の肉竿がそそり立っていたから選ばれ、押し込んだ。
「イヤ、恥ずかしいわ。見られているからイヤ!」首を振るが、淫裂の中は濡れており(もっとして、奥までして…)そう願うが「俯せにして、お仕置きもできます」今度は俯せにされ、手足が固定される。

 「これですと、痛いですが傷は付きません!」ムチで尻を叩かれて「ヒ~!」悲鳴を上げていく。
その後も、色々な器具を使い、女性がモデルを努めて講習会が終わった。

 講習会が終わると2人は車に乗って屋敷に戻っていく。
「おばさん、凄く感じたよ。チンポがビンビン立って仕方なかった」
「私は恥ずかしかったわ。ヌードを見せるのは啓治さんだけでいい…」

 「でも、見られると変な感じでしょう?」
「それはそうだけど…」膣の中が濡れる程気持ちいいとは言えず、黙り込んだ。
「あれを買ってもいいでしょ?」
「構わないけど、本気なの?」
「そうだよ、おばさんは僕の物だからね」平然と言う啓治に亮子は笑い顔になっている。

 それから数日して、啓治は段ボールを運んできた。
「啓治さん、何を買ったんですか?」何も知らない理紗が尋ねたが「今夜わかるよ、それまでは秘密だよ」笑顔で応えている。

 その夜、いつものように、ベルトだけを巻き付けていると「今夜は変わった趣向でやるよ」部屋に入れられジャングルジムのような鉄棒に縛られた。
「何するの、やめて!」意味がわからない理紗は声を上げるが、両足もぶら下がったまま、尻を叩かれ出した。
「ヒ~。やめて下さい!」悲鳴を上げ、体を揺らせるが「ここにもやるよ」乳房も叩かれ「やめて、イヤ~!」泣き声になった。

 その後、ぶら下がったまま淫裂を肉竿で突かれ「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げている。
「理紗さん、今夜は当番だよね?」腰を振りながら聞いた。
「はい、出しても構いません…」
「違うよ。オ○ンコに出して下さいだよ!」肉竿が抜かれた。

 「そうでした。オ○ンコにエキスを下さい…」言い直して肉竿を求めると「今度はちゃんと言ってよ」またピストンを始め「はい、そうします」目を閉じ、うっとりした顔で肉竿からの噴出を待った。

 啓治は腰の動きを速めて登り切った。
「いいです。凄くいいです…」淫裂から液体を垂らしながら余韻に浸っている。
「次はおばさんだよ。おばさんは仰向けがいいよね?」ベンチのような器具に寝せられ、両手足を固定された。

 「まずは、お仕置きだな!」クリップを乳首とクリトリスに付けると「ギャ~!」悲鳴を上げ体を震わせている。
「外して。痛いから外して!」叫んでも聞き入れず「これで、するからね」バイブを淫裂に押し込んだ。
「イヤ、こんなのイヤ。せめて啓治さんのチンポでして…」

 「まだ立たないんだ。口でやるならいいけど」
「口でやります。ですから…」
「それなら、やって!」頭を跨いで肉竿を口に入れさせると「ウグ、ウグ!」不自由な姿勢で亮子は唇を動かし、再び堅くなった。

 「もう大丈夫みたいだね。行くよ」今度は肉竿が入り込み「あ、あ、あ~!」亮子も淫汁を流し、声を上げ出すと「おばさん、オッパイにさせて」クリップが外され、乳首が吸われて「いいわ、凄くいい!」喘ぎ声が上がりだし、この器具に満足顔になっている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター