fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第16話 条件

第16話 条件

 噴射された亮子は、啓治に跨ったまま胸と胸を合わせたままだが、女性達は相変わらず淫裂に指を入れて動かしてる。
「そこよ。そこをもっとして…」妄想しながら乳房も揉んでいて、静江も淫汁を流しながら指を動かしている。

 「おばさん、少し見ていようよ」2人は抱き合ったまま見ていたが「啓治さん、私になめさせて!」静江は気になったのか、噴射で汚れた肉竿を掴んで口に入れた。
「気持ちいい、静江さんにやって貰えるなんて嬉しいな」頭を撫でていくと、次第に肉竿も堅くなった。

 それを見てか「静江、私にもさせてよ」交代して肉竿を口でしていくが「静江さん、僕にもさせて」肉竿をフェラされながら、静江の乳房を揉み乳首を吸っていく。
「気持ちいい。こんな感じは初めてだわ」心地よい快感に静江は声をあげた。

 それをきっかけに「私にもさせて!」交代しながら肉竿をフェラし、乳房を揉まれ、乳首を吸われて「いいわ、凄くいい…」声をあげていく。

 そして、全てが済むと満足したのか服を着て、何もなかったかのように出て行った。
「啓治君、私達も…」
「そうだね、何時までもいるわけにはいかないし」2人も服を着て建物から出て行く。

 それから数日が過ぎて静江が訪ねてきた。
静江は亮子の顔を見るなり「また、モデルをお願いしたいのですが…」と言いだす。
「そんな事言われても、行くが大変だしね。それに、夜しか時間がないのよ」

 「それでしたら、私がここに通います。それならいいでしょう?」そう言われれば断るわけにはいかず「お父さんが良いと言ったら構わないけど…」注文を付けた。
「それなら大丈夫です。すでに取ってあります」
「わかったわ、明日から来て。それに、ここに泊まることになるかもよ」
「わかりました。早速通わせて貰います」笑顔の静江だが、うんざり顔の亮子だ。

 そして、翌日の夜に車に画材を乗せて訪れ、啓治の隣の部屋が用意された。
画材を運ぶと準備を始め「おばさん、やるしかないね」「わかってる。恥ずかしいけどやるしかないわね」渋々、服を脱いで全裸になった。

 「ここに座って下さい」椅子に座らせるとポーズを取らせ、キャンバスに下書きを書き出した。
それを側で見ている啓治は「静江さんは脱がないの?」尋ねた。
「私のヌードが見たいの?」
「勿論だよ。2人のヌードを見ながらやりたいし」

 「やるって、オナニーを?」
「そう。構わないよね?」
それには「オナニーなんて不潔よ。終わったらお口でしてあげる!」静江の顔が赤らんだ。
「それなら良いよ。でも、ヌードは見たいな」

 静江は暫く考え「わかったわ。私もヌードにならないと変だしね」服を脱ぎだし、下着も脱いで全裸になると、再び描きだした。
それを見て、啓治もズボンを下げ、肉竿を露わにしたまま、手で擦り出す。

 静江の腕が動く度に乳房が揺れて、啓治の手の動きも速まっていき(啓治君、そんなのダメ。オナニーなら私のヌードだけでして!)足をわずかに広げて淫裂が見えるようにすると、それに気づいたのか、亮子を見ながら手で擦っていく。

 (そうよ、それで良いの。私とした時のことを思いながら出して)亮子も啓治と抱き合った時を思い浮かべて肉竿を見つめていると、淫裂の中が濡れだした。
(膣が濡れていくわ。漏れるかも知れない…)淫汁を漏らすまいとしていると「行く、行く!」啓治が噴射を始めた。

 「仕方ないわね。私がしてあげる!」待ってましたとばかりに亮子が言うと「私に責任があるから、私がする!」静江が先に肉竿を舌でなめだし(あなたはダメよ。私がするの!)黙っ見ているだけだ。
そして、肉竿が綺麗になると、またキャンバスに向かって描き出した。

 静江が描き始めてから1週間も過ぎた頃、高木が亮子の事務所を訪ねてきた。
「実は、娘が賀谷さんと暮らしている啓治君が好きなったようでして…」
「それは、私も知っています。このまま行けばいいのになと思っています」
「私も同じ思いなんですが、何せ、跡取りが女だけでして…」

 「それで、別れさせようとお考えで?」
「とんでもない。その逆ですよ。一緒にさせて、啓治君を跡取りにさせようかと思ってます」
「それは困ります。啓治君は私の養子にするつもりでいますから」亮子の恐れていたことが起こって思案顔になっていく。

 「そうおっしゃられても、こっちにも考えがありましてね。取られる身にもなって下さいよ」
「そこを何とかお願いできませんか。私もできるだけのことはしますから」
「家内がウンというかな?」
「それでした、私が説得しますから」
「そこまで言うなら、一度会っていただきましょう」亮子が粘ったせいか、高木は美保と会わせる約束をした。

 翌日、高木は美保を伴って事務所に現れた。
「早速、お出で頂いてありがとうございます」亮子は丁寧に挨拶していくが、美保は機嫌が悪いのか「奥様、早速ですが静江を嫁に出す気はありません、啓治君を家に来て貰います!」いきなり言いだした。

 「そこをお願いできないでしょうか。私ができることなら何でもしますから」頭を下げ続ける亮子に「奥様も暫く、啓治君と別れてみたらどうかしら。そうすれば私の気も晴れるし」条件を切り出した。

 「暫く、別れ別れですか…」
「そうです。それから、奥様には勝手なことができないようにヌードになって暮らして貰います」
それには「そんな、裸で暮らせだなんて…」亮子の顔がブルブル震えだし「できないでしょう。ですから、奥様は諦めて下さい」勝ち誇ったように美保が言う。 

 暫く、沈黙が続いたが「やります、ヌードで暮らします。どうしても、静江さんは家に来て貰います!」キッパリ宣言した。
「裸ですよ、一日中裸で暮らすんですよ。本当にできるんですか?」信じられないと言った顔の美保だが、高木も「それだけでは治まらないな。家のメイドもやって貰わないと」また条件を出した。

 「メイドもですか?」
「そうです、素っ裸になってですよ。できますか?」
「やります。どれくらいやればいいのですか?」
「そうだな、1ヶ月はやって欲しいな…」

 「その間は、会うのもダメなんですよね?」
「勿論です。ただ、緊急の用事だったら認めます。立ち会いの上で!」
「それならやります。ヌードも我慢します」どうしても、啓治を側に置きたかった。

 「そこまで言うなら良いでしょう。1ヶ月間ですからね」
「わかってます。明日からやります」亮子が承知すると高木夫婦は事務所から出て行き、一人になって「ヌードで過ごすことになるなんて…」溜息を付きながら天井を見上げた。

 そして、屋敷に戻るなり、理紗に事の次第を打ち明けたが「奥様が、そんな事までするなんて!」泣き顔になった。
「こうしないと、啓治君を取られてしまうの。理紗さんだってイヤでしょう?」

 「それはそうですが、奥様がメイドをやるなんて賛成できません。しかもヌードだなんて…」
「わかって頂戴。1ヶ月だけだから」亮子は説得すると、その甲斐あってか「わかりました。そこまでおっしゃるのなら…」渋々承知した。

 「わかって貰えてよかったわ。暫く、会えなくなるから今夜は久しぶりに3人でしましょう」
「そうさせていただきます」理紗も承知した。

 その夜、亮子と理紗は服を脱ぎだし、パンティ、ブラジャーと脱いで乳房と淫裂と露わにしていく。
「奥様、大部生えましたね」
「そうなの、理紗も戻ったようね」2人は絨毛を見つめると、腕を取り合い啓治の部屋へと向かったが、いきなり全裸で現れた2人に啓治が驚いた。

 「啓治君、実は暫く留守しなければいけないの。だから、今夜はいっぱいしたいの…」亮子は啓治の服を脱がしていく。
「暫くって、どれくらいなの?」
「1ヶ月間よ。だから今夜は3人でしたいの」服を脱がして、上半身を裸にした。

 「そうか、3人でか。久しぶりだよね」啓治の手が亮子の乳房を揉みだすと「啓治君、私にもさせて」理紗が、ズボンを引き下げ、パンツも脱がして下半身も剥き出しにした。

 「啓治君、私にもしてね」理紗はそそり立った肉竿を口に入れて唇で擦り出し「良いよ、凄くいい。今夜は何回も出すよ」喘ぎ声を上げると亮子の乳房に吸い付いた。
「もっと吸って。それに、指であそこを…」淫裂への愛撫を催促している。

 それに答えるべく、啓治の指が股間に伸びて、淫裂を撫でだすと「そうよ、そこよ。早く欲しいの…」指が敏感なクリトリスを撫でだし、声も上擦っている。
啓治が乳首を吸ったまま、指を膣の中に入れて動かすと「あ、あ、あ~!」声を上げ、ヌルヌルした液を流していく。

 それでも、指を動かし続けると「指じゃイヤ。オチンチンで…」肉竿を催促する。
「わかった。後からだよ」2人をシックスナインの体位にさせ、亮子の腰を押さえ「行くよ!」肉竿を濡れた淫裂に押し込むと「あ、あ、あ~!」背中を反らせ声をあげだした。

 「おばさん、気持ちいいの?」尋ねながら肉竿を動かし「良いわよ、凄くいい…。今夜は一杯出して…」そう言って、理紗の股間に顔を埋め、舌と指で淫裂の愛撫を始めた。
「良いわ。凄く良いです!」理紗も淫裂を濡らし、目の上にある亮子のクリトリスを撫で始めた。
こうして3人は相手を入れ替えながら深夜まで楽しんだ。

 その頃、高木と妻の美保が話し合っていた。
「あなた、このままでは静江を取られてしまうわ…」
「わかっている。思い切り、恥ずかしい思いをさせて帰さないとな」

 「恥ずかしいことって、どんなことなの?」
「美保だったら何が恥ずかしい。裸にされることだろう。それに、写真に撮られるのも」
「そうね、写真は確かに答えるわ。それに、無理矢理セックスさせるのはどうかしら。しかも、写真にとって」

 「セックスか。それもいいな。あの奥さんとなら、やり甲斐があるな」
「あなたがやる気なの?」
「そうだよ、いけないか」
「あなただけだなんて、不公平よ。私だっていい思いもしたいわよ」

 「それだったら、婿とやれよ。写真にとって見せるんだ!」
「セックスはしたいけど、写真はイヤよ」
「それを賀谷さんに見せつけるんだ。そうすれば、以外に諦めるかもな」
「そうよね。そうすれば以外に早いかも」2人は亮子を辱める計画を立てた。

 翌日、そんな企てがあるとも知らず、亮子は1人で高木の屋敷に向かった。
「お待ちしてました。早速ですが、こちらで準備を…」美保に屋敷の中を案内され、部屋に連れて行かれた。

 「メイドには、メイドなりの暮らしがありまして」
「それはわかっています」
「それなら安心です。早速だけど、約束のヌードになって下さい」美保の言葉に亮子は服を脱ぎだした。

 シャツスカートと脱いでいくと下着姿になり(これから、この姿で暮らさないといけないなんて…)顔を強ばらせながらパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。

 「これでよろしいでしょうか?」
「ヌードは良いわ。次は確認よ。行きましょう」2人が部屋から出て別な部屋に入ると照明が灯され、カメラがセットされている。

 それを見るなり「イヤです、写真はイヤです!」うずくまったが「我が家では、メイドは裸になって写真を撮るしきたりがありまして。不祥事を起こされたら困りますからね」
「そんなことはしません。ですから写真だけはやめて下さい」

 「そうは行かないな。イヤなら、お帰りになって結構ですよ」(そうか、私に恥ずかしい思いをさせて啓治君を諦めさせる気ね。そうだったら…)高木の考えが読めたのか「わかりました。どうせなら綺麗に撮って下さい」股間と乳房から手を退けて立ち上がった。

 「ほう、いい度胸ですね。それなら撮りますよ」カメラのスイッチを押したが「あなた、まだ準備が出来てないわよ」美保が割り込んだ。
「準備って、何の準備だ?」
「ヘアよ、そんなヘアのまま調理されたら不潔よ。ここにいる間は剃って貰わないと…」

 (イヤよ、やっと生えたのよ。剃るのはイヤよ)亮子が黙ったままいると「そうだよな、綺麗にしないとな」高木は不敵な笑みを浮かべ、準備を始める。
(やめて、ヘアは剃りたくないのよ!)いくら願っても聞く気配はなく「奥さん、私がやりますからね」正面に腰を降ろした。

 「そ、剃るのは自分でします!」慌てていうが「ダメよ、主人のいう通りにしなさい!」美保が怒鳴ると「その通りだ。これからは俺が主人だ!」スプレーで泡を吹き掛け、絨毛に塗っていく。

 時折、指が淫裂の中に入った。
(入れないで、そこは関係ないはずよ)下を向いたまま、太股を震わせているが、高木の指は亮子を辱めるかのように淫裂を触り続けた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
228位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス 連載中
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター