fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第20話 セックスビデオ

第20話 セックスビデオ

 火のついた啓治は美保の制止も聞き入れず、次々と脱がして生まれたままの姿にした。
「美保さん、相変わらずパイパンにしてるんだ」乳房を吸いながら無毛の淫裂を撫でると「そうよ、啓治さんもこれが好きでしょう?」頭を撫でながら言う。

 「そうなんだ。僕はこのオ○ンコが好きなんだ!」指が狭い膣に入った。
「ダメ。指はイヤ!」
「指がイヤなら、チンポだよ」啓治が服を脱ぎだすと、美保も手伝い、2人とも全裸になると抱き合う。

 それは「そんな、啓治君が他の人とセックスするなんて…」四つん這いの亮子の目に留まり「気になるのか。それなら、もっと見やすいようにしてやるよ」高木は亮子を立たせ、後から肉竿のピストンを始めた。
「ダメ。全部見られてしまう…」隠したくても手も押さえられ、乳房を揉まれている。

 「こんなやり方もいいだろう。もっと見せてやるんだ!」高木は腰の振りを速めていくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を響かせながら淫裂から淫汁を漏らしだし、啓治にも見えている。
「美保さん、僕達も同じようにやるからね」美保を立たせ、亮子と向き合わせながら背中から肉竿のピストンを始めた。

 それには「ダメよ。立っていられない…」手を伸ばしながら、亮子に掴まろうとし「立ってられないの…」亮子の手と触れた。
「私もなの。どうにか立っているだけなの…」2人の手が組み合い、それと同時に、高木と啓治の動きが速まっていく。
「あ、あ、あ~!」「ダメ。行きそう~!」2人の喘ぐ声が響きながら、亮子と美保は顔を押さえ、唇を重ね合う。

 そして、手がお互いの乳房を撫でだした。
「凄く良いわ。行くなら一緒よ」「そうよ、一緒に行きましょう」2人は舌を絡ませながら、乳房を揉んでいく。
それに刺激されたか、肉竿を動かす2人も次第に登り詰めている。

 「俺にもやらせてくれ!」高木も美保に負けじと、亮子の乳房を握りながら揉み出し「ダメ…2人に…されたら…我慢できない…」途切れ途切れに言う。
「美保さん。それなら、僕もやるよ」啓治も亮子と同じように、美保の乳房を揉みながら肉竿のピストンを繰り返して「ダメ…。変になっちゃう…」美保も絶頂を迎える寸前だ。

 そんな2組の行為を察したのか、カメラが亮子と美保の股間を捉えた。
「ダメ…。これは撮らないで…」途切れ途切れに言うと「イヤよ、射精されたのはイヤ!」悲鳴に近い声に変わった。
「隠すなよ、ちゃんと撮らせろ!」「おばさんも隠したらダメだよ!」2人に言われ、淫裂から白い精液が流れ出ても隠そうとはしない。

 「見ないで。恥ずかしいから見ないで!」亮子と美保は首を振りながら、ピンクの淫裂から白い液体が流れていくのをビデオカメラに収めさせ、放出を終えた高木と啓治が肉竿を抜くと、亮子と美保はマットに抱き合うように崩れた。

 「美保さん、凄くよかった…」
「私もよ。こんなに気持ちいいのは初めてよ…」2人はカメラを気にせず、唇を重ねたまま、白い液体が流れ出る淫裂を撫で出すと、その様子もカメラが捉えていく。
それでも、2人は気にすることなく、淫裂に指を入れ合い掻き回して「いいわ…気持ちいい…」喘ぎ声をあげだした。

 やがて、2人は登り詰めたのか「行くわ、行く~!」叫ぶなり、動きを停めた。
「行ったみたいだな。もう撮るのはいいだろう?」高木は意味ありげにスタッフに言うと「心得ております。秘密は守ってくださいよ」顔が強ばり、声も震えている。

 「勿論だ。俺達のも秘密にして貰わないとな」
「それは約束します。それから報酬ですが…」
「わかっている。倍は払うぞ」
「それを聞いて安心しました」女性はそう言うと、スーツのボタンを外し出す。

 すると、それに釣られるかのように3人の女性カメラマンも、カメラを置くとシャツの裾を掴んで一気に捲り上げて上半身を露わにしていく。
若いカメラマンはカラフルなブラジャーを着けているが、乳房の膨らみはさほどでない。
それでも、顔を強ばらせて背中のホックを外して肩紐を引き下げていく。

 「ほう、いい形じゃないか!」揺れ動く乳房に高木の手が伸びた。
「待って、撮るだけのはずです!」触られるのは抵抗があるらしい。
「悪かった。つい、その気になってしまってな。とにかく、全部撮るからね」
「わかっています…」3人は上半身を露わにすると、乳房を揺らせながらズボンも脱ぎだす。

 ズボンを脱ぐと、ブラジャーと揃いのパンティを履いているが、それも掴んで引き下げていく。
すると、股間の、絨毛が露わになってきた。
「恥ずかしい。私のヘアは薄いし…」顔を赤らめてパンティを脱ぐと、絨毛が薄いためにピンクの割れ目が覗いている。

 「剃ったのか?」
「そんな事してません。生まれつきこうです…」太股を震わせながらも全裸を晒した。
「俺はこれが好きだな。ヘアはない方がいいよ」高木は腰を屈めて淫裂を覗き込むと「そんなに見ないで下さい。恥ずかしいじゃありませんか!」両手で股間を覆う。

 「何も隠さなくていいよ。あんたのヘアは多めだね」
「そんな事言わないで。私だって、気にしてますから」顔を赤らめたが、所狭しと絨毛が生い茂り、パンティラインからはみ出そうだ。
「それだったら、手入れした方がいいぞ。パンツからはみ出すし」
「わかっていますが、なかなか決心が付かなくて…」高木に淫裂を覗かれたまま答える。

 「そのうち俺が剃ってやるからな。あんたは綺麗に手入れしてあるね」
「はい、この方が好きですから」
「俺もだよ、オ○ンコが見るのが一番だよ」高木は3人の股間を見つめている間に、スーツを着た女性も脱ぎ終え、全裸になって「これで、いいんですよね?」股間の絨毛と乳房を露わにして言う。 

 「そうだ、それでいい。早速撮るぞ!」高木は自分を撮ったカメラを女性に向けて撮りだすと、全身が震え顔も強ばっている。
そんな様子を見ていた啓治が「それじゃ、つまらないよ。どうせならこうして…」絨毛の薄いカメラマンに肉竿を掴ませた。

 「は、恥ずかしいです。オチンチンを触るなんて…」
「初めてじゃ、ないんでしょう?」
「それはそうですが、撮られるんですよ」
「あなただけじゃないよ。皆にやって貰うから安心して」啓治も淫裂を触り出す。
それには「いいね、これなら最高だよ!」高木も満足そうにカメラに収めていく。

 こうして、4人の女性は全裸をビデオに収めていくが、高木は何か物足りない顔をしている。
暫く考えて「どうせなら、口でもやってくれよ」突然言い出し、4人と顔を見合わせている。
「これは担保だ。信頼して撮って貰ったんだから、それ位してくれないと…」
「それは、そうですが、オチンチンをなめるなんて…」

 「何も、ただとは言わん。口止め料も追加するぞ!」それには4人は顔を見合わせて頷き合い「わかりました。やるからには誠意を見せて下さい」スーツを着ていた女性が啓治の前に正座して肉竿を擦り出す。
「気持ちいいです。できたら、オ○ンコしたいですが…」
「それはダメ。出来たら困るし」そう言うと口を押し付け「フグ、フグ!」肉竿を唇で擦り出した。
「気持ちいい。ここはいいよね?」手を伸ばして乳房を揉み出すと、頷いて承知する。

 高木は2人の様子をビデオに撮っているが「いいな、俺もやって欲しいよ」肉竿を膨らませ恨めしそうに言うと「いいわよ、私が撮るから」美保がカメラを受け取る。
「それだったら、私も手伝わないと」亮子もビデオを構えて準備すると、高木は若いカメラマンによって肉竿を唇で擦られ出す。

 「凄く上手だよ。できたらオ○ンコに入れさせて欲しいな。礼ははずむよ」
「それはダメ。出されたら困るから」
「出さないよ、軽く入れるだけだ。それに、こっちも安心できるし」執拗に食い下がると「わかったわ。少しだけよ」根負けして高木を仰向けに寝かせる。

 「助かるな。礼はタップリはずむよ」
「約束しましたよ」そう言うと、肉竿を掴んで淫裂に迎え入れる。
「入ったよ、もっと奥まで入れようよ」腰を持ち上げると「あ、あ、あ~!」声を上げて背中を弓のように反らせていく。

 「痛いのか?」
「痛くないわ。散々見せられたから大丈夫よ」
「それなら安心した。もっとやるぞ」女性の腰を押さえて股間を動かし出した。
「ダメ、軽くのはずよ。もうやめて…」口をパクパク動かしながら腰を動かし出す。

 それを見て啓治も「僕達もやるからね」仰向けになって馬乗りにさせた。
「出さないでよ、絶対に出さないで…。あ、あ、あ~!」やはり背中を反らせていく。
高木は暫く腰を動かしていたが「交代だ。次の人も担保を取らないと」相手を変えて馬乗りにさせてカメラに撮らせた。

 そして、4人とのセックスをビデオに収めると「亮子さん、この際だから甥ともやりなよ」啓治に抱かれるよう言う。
(啓治君とならやってもいいけど…)高木夫婦の前では本心が言えず「いくら何でも、甥とのセックスなんてできません」拒んだ。
「やらないなら、約束違反と考えていいよね?」

 「そんな、いくら何でもここまで我慢させておきながら酷いわ」
「だったら、オ○ンコするんだ。しっかり撮ってやるからさ」
(やるしかないわ、見られてもやるしかない。久しぶりに啓治君のオチンチンで突かれるのもいいかも…)暫く考えて「やります、ですが誰にも言わないで下さい」項垂れて承知した。

 「言わないさ。オ○ンコの中にも出されるんだからね」
「そんな、膣の中に射精までするなんて…」
「イヤなら、約束違反だぞ」
「やります。ですから…」亮子はそれだけ言うと啓治の前に腰を降ろして「フグ、フグ!」と肉竿を口で擦り出す。

 「おばさん。そんな事されたらオ○ンコやりたくなっちゃうよ…」目を閉じ上擦った声をあげた。
(やってもいいのよ。久しぶりに私の膣にチンポを入れてもいいのよ)唇の動きを速めていくと「我慢できないよ、オ○ンコやらせて!」亮子を押し倒して淫裂目掛けて肉竿を押し込んだ。

 「ダメ。まだ準備が…。あ、あ、あ~!」啓治と抱き合うのは久しぶりなのか、言葉とは裏腹に淫裂が悦んで淫汁が湧き出ていく。
「おばさん、気持ちいいよ。オッパイも揉ませて!」乳房を揉みながら肉竿をピストンし(もっとしていいのよ。それにオッパイ吸ってもいいからね)満足そうに啓治の頭を撫でていく。

 そんな2人に「そんなやり方ではダメだ。亮子さんが上になってやらないと!」高木から注文が付けられる。
「わかったわ。馬乗りになればいいのね」亮子はそう言いながらも、悦んで啓治を寝かせると馬乗りになって腰を動かし出し「ヌチャ、ヌチャ!」淫裂から音が鳴り、流れ出る淫汁も多くなっている。

 「おばさん、もう限界だよ。出そうだよ」(出さないで。後からもして欲しいの…)ジッと啓治の顔を見つめていると「高木さん、どうせなら後からやらせて下さい」馬乗りになった亮子の向きを変えて、四つん這いにした。
「ダメ、これはイヤなの…」亮子はあくまで演技をしているが、啓治は腰を押さえて肉竿のピストンを始める。

 それには「あ、あ、あ~!」堪えきれず、今までになく喘ぎ声をあげていく。
「凄いわね。こんなに亮子さんが乱れるなんて、信じられないわ。あのオチンチンでされたら、誰でもああなるかも」美保も恨めしそうに2人の結合部を見ていると「出すよ、出すからね」啓治が登りきったのか、亮子の尻の股間を押し付けたまま動かない。

 (早く出して。啓治君のエキスで、膣を濡らして欲しいのよ…)首を振っていると膣の中に暖かい液体が漂い出す。
「そんな、射精するなんて…」そう言いながらも満足そうに俯せになり、淫裂から白い液体を漏らして行くと、それもカメラに撮られた。

 4人は抱きあうと服を着だし、スタッフとカメラマンも何もなかったかのように服を着だした。
そして着終えると「この事は誰にも言わないで下さいね」高木に念を押す。
「わかっている。礼はこれくらいでいいかな?」小切手にサインしていく。

 「はい、これくらいならいいです。また必要な時は声を掛けて下さいね」書かれてある金額に笑顔になっている。
「今度は、本当にやりたいな。あれ着ければいいだろう?」耳元で言うと「撮らなければ構いませんが…」言い返す。
「わかった。カメラなしでやらせてくれ」また耳元で言うと4人は建物から出て街に出た。

 それから数日が過ぎて、できあがったビデオが届けられ、亮子や高木夫婦が見ている。
「凄いわ。あんなに燃えていたなんて」顔を赤らめビデオを見ている。
同じように(気持ちよかったわ。久しぶりに啓治君抱かれたし)亮子も思い出しながら見ていた。

 再生は30分程に編集されていて、もう一本が口止め用のビデオだ。
「これも見ないとな」再生していくと若い女性の全裸が映し出されている。
「いいね。これなら、何とかなるぞ」満足そうに眺めている高木だが、これからのことも考えている。 

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター