fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第22話 静江の調教

第22話 静江の調教

 啓治は乳房を掴み、唇を重ねながら、ゆっくりと肉竿を押し込んだが「ダメ。痛いから無理!」顔が歪み我慢できなそうだ。
「啓治君。初めての体験だから、そんなやり方ではダメよ」静江の叫び声に亮子が声を掛けた。
「おばさん、痛いのは一瞬だけでしょう?」
「そうだけど、一生の思い出になるし…」亮子は啓治を退かせ、静江の股間に顔を埋める。

 それには「ダメ、そこは汚いからダメ!」首を振って拒んだ。
「汚くなんか無いわよ。私もやっているし」理紗も加わり乳房に顔を埋め、乳首を吸い出すと、処女にもかかわらず「ん、ん、ん~!」と鼻から抜けるような声を上げながら腰を動かし出す。

 それでも、亮子と理紗は女性の壺をしっかり捕らえて放さない。
「やめて…。変な気分になっていく…」目を閉じた静江は膣の中が潤っていくのを感じている。
それは、亮子にもわかり「啓治君、もう大丈夫よ。オチンチンも濡らしておかないと…」今度は肉竿を唇で擦り出す。
「気持ちいい。このまま出してもいいかな?」それには首を振って拒む。

 亮子は唇で肉竿を濡らすと「もう大丈夫。しっかりやるのよ」尻を叩いて静江に抱きつかせた。
啓治は亮子の指導を受けながら、肉竿をゆっくりと押し込んでいくと、先程と違い膣の痛みは感じてない。
それを知ったのか、ゆっくりと肉竿がピストンを始めた。

 そのピストンは次第に膣まで突き刺し「ヒ~!」悲鳴と共に赤い鮮血が流れ出した。
「痛いかい?」なおもピストンしながら根本まで押し込んだ。
「もう大丈夫よ…」啓治に抱きつき自ら淫裂を押し付けてくる。
啓治も動きを速めていき「ピシャ、ピシャ!」股間同士のぶつかる音が引き渡った。

 暫くすると「出すよ、出すからね!」静江に抱きつき動きを停める。
「暖かい。これがセックスなんだ…」初めて知った射精に感無量と言った感じでいる。
2人は唇を重ね抱きあっていると「静江さん、汚れを落とさないとダメよ」理紗から言われた。

 「そうよね。何時までもこんな姿ではいられないし」立ち上がると「それなら一緒に行こう」啓治も立ち上がり、2人で浴室に向う。
2人がいなくなると「啓治君の相手ができたのは嬉しいけど…」呟くように亮子が言うと「そうですよね。これから、今まで通りに行けばいいけど」理紗も複雑な思いをしている。

 そんなことなど知るよしもない啓治は、浴室で汚れた肉竿を洗い「静江さん、僕にも手伝わせて!」淫裂も撫で出す。
「今はダメ。汚れているから見られたくないの」背中を向けて洗い出した。
「綺麗に洗い終えたら、見てもいいの?」
「そんなに、ここが見たいの?」
「見たいな、奥まで見たい!」

 「そこまで言うなら後で…」股間を洗い続け「見たいなら見てもいいわよ」振り向いた。
「嬉しいな。丸見えだし」腰を屈めじっくり見ていたが「足を開いて!」注文を付けた。
言われるまま、横に出すと啓治の手が淫裂を開き「恥ずかしい。そんな事までするなんて…」顔を両手覆いながらも拒もうとはせず、啓治は指も入れる。

 「ここに入れたんだよね?」指が動き出すと「そ、そうよ。そこに啓治君が…」声が震えている。
「静江さん。こんな事したらもう1回したくなった」
「またセックスしたいの?」
「そうだ、こんな風に」静江の背中に抱きつき、腰を突きだした。

 「ダメ、危ないわ。転んだらどうする気よ!」
「大丈夫だよ。うまくやるから」腰を押さえて肉竿を押し込んだ。
「あ、あ、あ~!」やはり、後からの挿入は経験の浅い静江にとってキツかった。
「無理よ、後からだなんて…」途切れ途切れに言って、体を捻った。

 「イヤなら仕方ないな」機嫌悪そうに言うと「啓治君が嫌いじゃないの。わかって頂戴!」申し訳なさそうな顔をする。
「それなら、僕の頼みを聞いて欲しいな」
「どんなことなの?」
「二つあるよ。まずは静江さんの口で…」静江を正座させて「わかっているよね。おばさんがしたようにやるんだ」顔に肉竿を押し付ける。

 「オチンチンをなめるなんて…」さすがに躊躇している。
「嫌いじゃないなら、やらないと」頭を撫でだすと、覚悟を決めたか口を開いて肉竿を迎え入れる。
「そうだよ、それでいいんだ…」満足そうに静江の頭を動かしていくが(オチンチンが、喉に刺さっていく…)吐き気を感じた。
 それでも、啓治のリードに合わせ唇を動かしていくと、ネバネバした液体が喉奥に漂い出す。
(まさか、オチンチンが…)異様に気づいて首を振るが、啓治は頭を押さえたままで「嫌いじゃないんだろう。僕のを飲むんだ!」なおも腰を押し付けた。
(息が苦しい…。それに喉の中が…)息苦しさと、臭い液体に堪えていたが「吐いちゃダメだよ、飲まないと」全てを出し切り肉竿が抜かれた。

 静江は言われるまま「ゴクン!」と飲み込んだが「オェ~!」吐き出してしまった。
「飲めと言ったのに…」
「ごめんね。この次か必ず飲むわ。今回は許して」申し訳なさそうに頭を下げる。
「仕方ないな。次はちゃんとやってよ」
「わかった、この次は必ず飲む…」静江は口の中を濯ぎ出し「ところで、もう一つの頼みって何なの?」

 「モデルだよ。静江さんの写真を撮りたくて」
「何だ、そんな事なんだ!」
「写真でも、普通じゃないぞ。素っ裸になった写真だよ。しかも人前で!」
「そんな、人前でヌードになるなんて…」
「やってくれるよね。おばさんだってやったんだよ。それに、理紗さんもやってくれると言うし」

 それには(どうしたらいいのかしら。誰もいない所なら平気だけど、人前では…)黙り込んでしまった。
「もしかして、恥ずかしいのかい。それならおばさんと理紗さんと一緒でもいいよ」
「恥ずかしくなんか無いわ。啓治君の頼みなら、どこでもヌードになるわ」
「ありがとう、助かるよ。綺麗に撮るよ」機嫌良く抱きしめた。
(ヌードはイヤだけど、啓治君を失いたくないし…)承知してしまった以上、成り行きにまさせるしかない。

 それから数日が過ぎた日曜日に、啓治は静江と一緒に街に出た。
「静江さん、下着は全部脱いであるよね?」
「勿論よ。直ぐにヌードになれるようにしてある」
「それならいいよ。まずはここで!」2人は電車に乗り込んだ。

 電車の中は乗客はおらず、静まりかえっている。
「今すぐ脱いで。チャンスだよ」
「本当に撮るの?」
「そうだよ。ほら、急がないと」啓治の催促に、着ていたワンピースの裾を持ち上げ、首から抜くと生まれたままの姿になった。

 そんな静江の全裸を啓治が撮り出す。
「早くして・見られたら困るから!」顔を強ばらせ、体を震わせながら言う。
「見られたって平気さ。僕が付いているよ」啓治は平然とスイッチを押し、ポーズを取らせる。
「啓治君、こんな事したら、あそこが丸見えよ」椅子に座り、足をMの字に広げている。
「そうだよ。静江さんの性器も撮るんだ!」平然とスイッチを押していると、ドアが開いて隣の車両から女子高生達が乗り移ってきた。

 (恥ずかしいわ。ヌードを見られているなんて…)顔を背けながらもポーズを取ってると、静江を指差しながら「ねえ、あの人パイパンかしら?」話し出した。
(バカ言わないで。ここにちゃんと生えているでしょう)割れ目の上に短く生えていたが、生まれつきと思っているようだ。

 そんな静江に「指で広げて!」注文を付けた。
(そんな、性器の中まで撮るなんて…)泣きそうな顔をしながら両手で淫裂を広げていく。
「イヤだ、オ○ンコ触ってる!」歓声に近い声をあげたが(どんな教育受けたのよ。オ○ンコだなんて恥ずかしくないの?)静江はジッとカメラを見つめている。

 「触ったまま、オッパイを揉んで!」言われた通りにすると「ねえ、オナニーしてるみたいね」薄笑いを浮かべながらみていた。
「そうみたいね。オナニーなら指を入れないと」
「そうよ、そんな触り方じゃ感じないでしょう?」女子高生の方がしたたかだ。
(オナニーじゃないわよ。写真を撮っているだけよ!)嘲笑にも耐えながらカメラに収まった。

 「もういいよ、ここまでだ!」啓治が言うと、急いで服を首から通して次の駅で降り「啓治君、恥ずかしかったわ」腕に抱きつき甘えるように言う。
「これくらいで、恥ずかしがっちゃじゃダメだよ。おばさんは大勢の前でやったんだよ」
「それはわかってるけど…」同性とはいえ、全裸をみられたことにまだ震えが停まらない。

 2人が駅を出て歩いて行くとコンビニがある。
「あそこでも撮るからね」静江の腕を掴んで歩いて行く。
「いらっしゃいませ!」2人が入ると女性の店員が2人いた。
「静江さん、奥へ…」店の奥にはいると客もいない。

「急いでよ」カメラを取りだし(本気だわ。もう、どうなってもいい…)自棄ぎみに裾を持ち上げて、首から抜いてまた全裸になった。
啓治がそんな静江を撮っていると「なんて事をするのよ~!」店員が声をあげた。
(みられてしまった…)体を震わす静江だが「撮るだけだよ、邪魔はしないよ」平然と啓治は言う。

 「何が、邪魔はしないよ。こっちに来て!」静江と啓治は事務室に連れ込まれた。
「あなた達、子供じゃないわよね。こんな事して良いと思っているの?」
「いいとは思ってないよ。でも、これも記念だし」
「記念?」
「そうさ。僕の言いなりになった記念だよ」啓治の言葉に店員も口を閉じられない。

 暫く、呆然としていたが「とにかく、警察に連絡するわね」電話を掛けようとした。
「それだけはやめて、言い物見せるから」
「いい物って何を?」
「いずれわかるよ。電話は後でして」ズボンを急いで脱ぐと、静江の背中に抱きつく。
「ま、まさか…。ここでセックスを…」
「そうだよ。見たこと無いでしょう?」股間を押し付けると、淫裂に肉竿が入り込み(やめて。見られているのよ。別な場所でして…)静江は下を向いたまま顔を上げられない。

 それでも、啓治は肉竿を根本まで押し込み、ゆっくり動かし出し「ピシャ、ピシャ!」肉のぶつかる音が響いていく。
店員は驚いた様子で見ていたが「見るだけじゃダメ。私も参加しないと」揺れる静江の頭を押さえて、唇を重ねた。
(やめて、私はその気はないのよ!)目を閉じ、されるがままにしていると今度は乳房を撫で出す。

 「参加してもいいけど、電話だけはしないで!」
「わかっているわ。ここもいいわよね?」撫でていた乳房に顔を埋めて、乳首も吸いだし「ダメ…。そんな事ダメ…」啓治と店員に攻められやっと立っている。

 やがて、啓治は肉竿の動きを速めて「出るよ、出すよ!」絶頂を迎えた。
「ダメ、お腹はダメ…。今度こそ、お口でするから…」
「約束だよ」肉竿を抜いて静江の前に立った。

 すると、静江は正座して口に肉竿を迎え入れ、唇で擦りだし「ウグ、ウグ!」頭を前後に振っていくと肉竿も絶頂を迎えた。
「出すよ。飲むんだからね」その言葉に頷くと喉奥に異様な液体を感じる。
(射精だわ。啓治君が射精した…)今度は「ゴクン!」と一気に飲み干し、頭を上げると口元から漏れた液体が流れていく。

 「精液を飲むなんて!」信じられないと言った顔で見ている店員に「だから言ったでしょう、記念だって!」そう言うと、胸を撫で出す。
「ダメ、私とはダメ!」啓治から逃れようとする。
「何もしないよ。これは触ったことないでしょう?」無理矢理肉竿を握らせた。
「お、オチンチンが熱い…」初めての体験か声が震え、体も震えている。

 「そうだよ。セックスするとわかるよ」また胸を撫でていく。
「触るだけよ。それ以上したら、電話掛けるからね!」
「わかっている。もっと触ってもいいよ」店員の手が動き出すと、放出を終えたばかりの肉竿もまた堅くなっていく。
「堅くて太いわ。これが膣に入ったら痛いでしょう?」
「痛くなかった。痛いのは準備が出来てないからよ」静江も眺めながら言う。

 「そうなんだ。痛くないんだ…」なおも手を動かすと更に堅くなって「そんな事されたら出ちゃうよ!」
「出してもいいわ。どれだけ飛ぶか見たいし」動きを速めていくと「出る、出る!」先端から勢いよく白い液体が飛び出ていく。

 「面白いわね。これが射精か…」噴き出す様子を見てから「もう、ここではダメだからね」手を退けた。
「わかっています。もうしません」2人は服を直すとコンビから出た。

 コンビニを出て2人は町を歩いて行くが「啓治君。恥ずかしかったわよ、人前でやるなんて!」顔を赤らめて言う。
「僕は凄くよかったよ。見られながやると、変な感じになって」
「私はイヤよ。それよりも、どこかで休まないと」2人が歩いて行くと洋品店が目についた。

 「そうだ、あれを着けて撮ろうよ」
「あれって、ストッキングのことなの?」
「そうだよ、白いのが似合うし」
「わかった。買ってくる」
「買うだけじゃダメだ、着けてこないと」静江は言われるまま、洋品店に入った。
暫くして戻ってきたが「ここで着ると言ったら、変に思われた!」息を弾ませながら言うと「気にすること無いよ」啓治は腕を掴んで歩き出した 。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター