fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第23話 露出訓練

第23話 露出訓練

 啓治と静江が街に出ている間に、亮子は高木から呼び出された。
「賀谷さん、わかっていますよね?」
「わかっています。ですからこうして」スカートの裾を持ち上げ、下半身を露わにすると、黒いストッキングとガーターベルトを身に着け、淫裂が覗いた。

 「それならいいです。家内もこうですから」高木が美保のスカートを捲り上げると「あなた、恥ずかしいです。いくら何でも人前では…」顔を覆うが、下半身は亮子と同じく、淫裂を隠さずストッキングとガーターベルトだけを身に着けている。
「わかったでしょう。今日は2人で写真ですからね」裾を戻すと3人は車に乗って屋敷から出た。

 「高木さん、どちらへ?」不安そうに尋ねると「ちょっとした所ですよ」それだけしか言わない。
(一体、どこでヌードを撮るのかしら?)不安に思いながら窓から眺めていると木立が見えてきた。
「高木さん、あそこは確か…」
「そうです、公園ですよ。あそこで撮りますからね」駐車場に車を停めた。

 「ここは、人が大勢いますから他で撮って下さい」
「そうは行きません。ここでやります」怯える亮子を無視して、車から降りて(やるしかないわ。こんな人混みの中でも…)逃げようがないから高木の後を歩いて行く。

 3人は家族連れやアベックが行き交う中を歩いて、芝生が生い茂る場所に来た。
「ここならいいですね。まずは、あそこで素っ裸になって貰います」指さす先には背丈の低い樹木がブラインドになっている。
亮子は「わかりました。脱いできます」強ばった顔をして木立に向かうと「私も一緒に…」美保も後を追った。

 2人は木立の中に入ると、体を屈め服を脱ぎだした。
下着は着けてないから、あっけなく脱ぎ終えて乳房と淫裂が丸出しになっていく。
「準備はいい?」美保が言うと「終わりました」亮子も返事をして、2人一緒に木立から出てきた。
2人は芝生の上に立ち、両手を後に組んでいるが、恥ずかしいのか乳首も膨らみ、目の下が腫れ上がっていた。

 そんな2人を満足そうに高木が撮りだした。
撮り出すと「そんな、ヌードを撮るなんて!」通りかかったアベックが声を掛けた。
「イヤらしいわ。ガーターベルトにストッキングだなんて。それに性器のヘアまで剃るなんて」剥き出しの淫裂を批判している。
「そう言うなよ。俺は好だな。ヘアのない方が興奮するな」確かに、連れの男の股間が膨らんでいる。

 それは、連れの女性にもわかり「そんなに、興奮する?」尋ねた。
「ああ、黒いストッキングガーターベルトは男の本能を凄く刺激するよ」肩を抱きしめて美保と亮子の全裸を見つめている。
2人は、小刻みに体を震わせながらもカメラに収まっていくが、次第に取り巻く人垣も多くなってきた。

 それでも、高木は2人を芝生の上に座らせ、足を開かせる。
「見て。性器よ!」人垣から声が上がるまでもなく、2人の淫裂が口を開いて、ピンクの膣腔が見えた。
「あんな所まで晒して、恥ずかしくないのかしら。きっと変態よね」会話が2人にも聞こえている。

 (もうやめましょう。これ以上、ヌードは晒したくないのに…)泣き顔になりながらもポーズを取っていたが、高木も潮時と考え「もういいよ、ここまでだ!」叫んだ。
その言葉に、両手で股間を押さえて木立の中に入っていく。
「なんだ終わりかよ。もっと見たかったのに…」残念そうな声に「性器まで撮るなんて、まともじゃないわよね」という声も聞こえる。

 「裏本だよ。はめたのもあるんだぞ」
「はめたって、まさか、セックスを?」
「そうさ。食い込んだ所を撮るんだ!」
「イヤねえ、変態じゃないのよ」人垣は色々言いながら次第に消えていく。

 やがて、高木だけになると、木立から服を着込んだ亮子と美保が出てきた。
「人前で、性器まで晒すのは恥ずかしいです」亮子が言うと「これくらい我慢しないと。もっといい所で撮るんだから」平然と歩き出した。

 3人は公園を出ると車に乗り込み、街へと戻って洋品店の前で停まった。
「ここで買い物をするから全部脱げ!」
「ヌードで買い物ですか?」
「そうだ。早くしないと痛い思いだぞ!」そう言われれば逆らえず、2人は不自由な姿勢のまま、服を脱いで例の姿になった。

 「準備はいいな、行くぞ!」車から、元気よく降りる高木だが(ヌードよ、こんな恥ずかしい姿で行くなんて…)手で股間を押さえ、車から降りて後を追う2人だ。
それには「ヌードだ!」声も上がり「凄いや、オッパイ丸出しだぞ!」通行人から声が上がるが、下を向いたまま高木の後を追い、洋品店に入った。

 店に入ると「いらっしゃいませ…」店員は声を上げたが「そんな~!」ストッキングだけの姿に悲鳴を上げた。
「そんなに驚かなくていいよ、これに似合うのが欲しくて」高木は亮子の乳房を握りしめる。
「ぶ、ブラジャーが望みですか?」
「そうだ、しかも、縁取りだけのを」
「内ではそのような物は取り扱っていません!」
「そうか、無いのか。素っ裸で戻るのも面白くないしな」見渡せば、薄い生地のスリップがある。

 「これを2人に着せてくれ」
「わかりました…」店員はショーケースから取りだし、2人に渡した。
高木は代金を支払い、その間に着込む2人だが何の役目もせず、返って股間を引き立たせている。

 その後、洋品店を出たると、また歩き出すが、亮子と美保はスリップを着ている。
薄い生地だから乳房が透けて見え、黒いガータベルトも見えている。
2人は見られまいと股間を押さえて歩いているが「イヤだ、ヌードよ。フルヌードみたい!」行き交う通行人も驚きの声をあげている。

 その声を聞きながら、歩き続けてデパートに来た。
「ウエストチューンを買わないとな」
「まさか、この姿で買ってこいとでも?」声が震えている。
「そうだ、俺も行くからいいだろう?」高木は入り口をくぐり、2人も行くしかなく、後ろを歩いて売り場に来たが、全裸同然の2人に店員も驚き顔だ。

 「なにも、驚かなくていい。ここに巻くのが欲しくて!」高木は亮子のスリップの裾を持ち上げた。
「せ、性器が丸見えだ!」無毛の淫裂が露わになり声をあげ、その声に買い物客も「イヤだ、ヘアが生えてないわよ」そう言って覗き込んでいく。
(やめて。これ以上見られたくないのよ…)亮子は下を向いたまま、顔を上げられない。

 「わかりました。これでいいのですか?」店員が金色の鎖を並べると「そうだ。ここで付けるぞ!」高木はそう言うと裾を更に持ち上げさせて腰に巻き付けた。
「こっちも欲しいな」亮子が済むと美保の裾も持ち上げて股間を露わにしたが「あの人も生えてないわよ」買い物客は指差しながら話していく。

 それには美保も恥ずかしいのか、下を向いたままいると「これなど、いかがでしょうか?」また鎖を並べた。
それを受け取った高木は美保の腰に巻き付けた。
「これでいい。いくらだ?」高木は満足そうに代金を払うと「戻るぞ!」そう言うと歩き出し、2人も後を追って外に出ていく。

 店の外に出ると、また車に乗って走りだし、亮子の事務所のあるビルで停めた。
「脱げ、ここからは裸だぞ!」
「ここはイヤ。せめて別な場所で…」首を振る亮子だが「ダメだ。ここで撮る!」高木は聞き入れない。
仕方なく、亮子と美保はスリップを脱ぎ、ストッキングとガーターベルト姿になったが、今回は腰に金色の鎖が巻き付いている。
 「いいね。こんなの見たらやりたくなったよ」興奮したのか高木の肉竿が膨らんでいる。
「したいなら、してもいいわ。だから、ここでは許して!」
「そうは行かないな。行くぞ!」車から降りるとビルの中に入り、仕方なしに2人も後を追う。
3人がビルに入ると「ヌードよ。2人ともヌードよ!」悲鳴に近い声が上がる。

 その声を聞きながら、ビルの中を歩いて、時折、高木が2人を撮っていく。
「ヌード撮影だよ。あんなの撮っていいのかな。丸見えだし…」
「修正するんだ。オ○ンコを見せるわけないじゃないか」話しながら撮っているのを見ているが(見なくていいから、あっちに行ってよ!)顔を強ばらせたままポーズを取らされた。

 そして、なおも歩いて行くとエレベーターがある。
「行こう!」高木が乗り込むと2人も乗るが、他にも男性乗客がいた。
その乗客に(もしかして?)不安に思うと的中して尻や乳房が触られ(やめて、声を出すわよ!)項垂れたまま、手を振り払うが、次から次へと手が伸び、乳房の肌も赤く染まり出した。

 それでも2人は黙っているが、スピードが落ちていく。
(もうすぐだわ、もうすぐだ…)期待していると、停まってドアが開き、降りて歩いて行くと階段がある。
「屋上に行こう。邪魔もいないだろうし」3人は階段を登って屋上に出た。

 屋上に出ると、ビル群が近くに迫って見える。
「ここなら思い切り撮れるな。まずは、足を広げろ」2人が足を横にずらすと、淫裂が開いて肉襞がはみ出る。
「いいね、このポーズが」体を屈め、下から撮りだした。
(何も、こんな撮り方しなくていいのに…)不満に思いながらもカメラに収まった。
「次は指で広げろ!」淫裂に指を入れて広げさせ、高木は次々と注文を付けてカメラに収めていく。

 撮りだしてから20分ほどして「そんな~!」女性の声がし「静江、これには訳が…」「啓治君、訳があって…」2人は慌てて、淫裂を押さえた。
「なんた、啓治君に静江じゃないか。どうしてここに?」
「僕も、静江さんの写真を撮ろうと思って…」

 「まさか、裸じゃないだろうな?」
「その通りです。静江さんもその覚悟ですから」
「静江、本当にヌードを撮るの?」
「啓治君のためなら、ヌードも平気よ」驚き顔の3人を後目に、ワンピースの裾を持ち上げて、首から抜いた。

 すると、静江は白いストッキングだけを身に着け、乳房と無毛の淫裂が露わになった。
「そんな、静江までヘアを…」驚く美保だが「啓治君にして貰ったの。この方が好きだと言うから」顔を赤らめながらもポーズを作る。
「そうなんです。丸見えの方が、僕は好きだし…」カメラを構えて静江を撮り出す。

 暫くの間、静江に注文を付け、カメラに撮っていたが「静江さん、抑えが効かなくて…」撮るのをやめて、抱きついた。
「両親が見ているのよ。恥ずかしいから後で…」
「だって、今やりたいんだ」手が淫裂を撫で出す。

 それを見て「静江、夫婦の誓いをしちゃったの?」美保が尋ねる。
「勿論済ませたわ。啓治君が欲しいと聞かないし…」恥ずかしげに言いながら、啓治のズボンを引き下げ下半身を露わにしていく。
「そうか、やったのか。それなら仕方ないな…」あきらめ顔の高木だが「申し訳ありませんでした。その変わり、必ず幸せにします」そう言いながら露わになった肉竿を掴み、後から淫裂に押し込んでいく。

 「恥ずかしい…。セックスしてるのを見られるなんて…」
「恥ずかしくなんか無いよ。これも撮るからね」カメラを亮子に渡すと肉竿を動かし出した。
「ダメ…。まだ痛いの…」痛みに顔を歪むが、肉竿は動きを停め等とはせず、むしろ速まっていく。
「ピチャ、ピチャ!」ビルの屋上に肉同士のぶつかる音が響いていく。

 それに刺激されたか「俺も抑えが効かなくなった…」高木もカメラをいて美保の背中から抱きついて、淫裂目掛けて肉竿を押し込む。
「ダメ…。静江が見ています…」首を振るが、淫裂はすでに、準備よく濡れているからすんなり入り込んだ。

 高木がなおも押し込み、肉竿の動きを速めていくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声も上がりだし「恥ずかしい。静江の見ている前で感じるなんて…」腰を押さえられ、やっと立っている。
それをカメラに撮る亮子だが(私も啓治君に人前でされたい…)淫裂が濡れだした。

 それでもカメラに収めていくと「凄いわ、こんな所でセックスしてる!」「ホントだ。それに素っ裸だ!」3人の全裸同然の姿に声が上がったが、啓治と高木は肉竿のピストンを止めようとはせず、絶頂目指して腰の動きを速めた。
(私も、啓治君のオチンチンでここにされたい…)無意識に、手が股間に伸びて淫裂を触り出した。

 指は割れ目をなぞりながら、膣の中に入り動き回り(指でも感じる。啓治君にされていると思うと気持ちいい…)2人の行為を見ながら指を動かし続けると、ヌルヌルした液体が膣の中に漂い出す。
(今夜はしてね。啓治君の好きなやり方でいいから…)虚ろな目をしながら指を動かしていくと「出る、出る!」叫び声と共に、静江と美保の淫裂からは白い液体が流れ出した。

 「気持ちよかった。またやりたいな」肉竿を抜くと、流れ出る量も多くなった。
「イヤだ、射精よ。妊娠しないのかしら?」そんな声など気にする様子はなく、2人は淫裂を拭き取った。
「これで、用事は済んだ。戻るぞ」ズボンを直しながら高木が言い「こっちも、ここまでにしよう」啓治もズボンを直し、5人は一緒にビルから出た。

 その夜、亮子は屋敷で啓治に両手を縛られていた。
「人前で素っ裸になるなんて、恥ずかしくなかったのか?」乳房を握りしめ問いつめている。
「許して下さい。ああするしかなかったんです…」
「そんな、言い方あるか。言い直せ!」さらに、乳首を潰し「ご主人様、お許し下さい。ああするしか、方法がありませんでした。お詫びに、ご主人様の命じるままにします…」顔を歪めながら言う。

 「そこまで言うなら、試させろ!」亮子の顔に肉竿を押し付けた。
(啓治君。お口でするから、私の膣の中にも出して…)喉奥まで肉竿を迎え入れ、口を動かしていく。
「そうだ、それでいい。褒美に撫でてやるぞ」乳房を揉みだし(もっと強く揉んで。痛くてもいいから強く…)満足そうに口を動かし続けた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター