fc2ブログ

「華麗なる性奴隷」第25話(最終話) 性奴隷誕生

第25話 性奴隷誕生

 亮子は啓治から言われた通りに、服を脱いで下着も替えていく。
「相変わらず綺麗だね」露わになった乳房を撫でる啓治だが「後でしましょう。まだやる事があるし…」小さな声で言い、黒いレザーの下着に着替えていく。
それは下着と言うよりもベルトと言った方がよく、乳房が飛びだし、根本から縛られていると言った感じがする。

 更に、股間には樹脂製の肉竿を取り付け、ベルトもしっかり巻き付けている。
「これは、見る価値がありそうだな!」高木も興味津々といった感じだで、咲代の戻るのを待った。
そんな事とは知らず、両手で股間を押さえた咲代が現れたが、亮子を見るなり「そんなのイヤ、私の趣味じゃない!」首を振って拒んだ。

 「やるんだよ。やらないと痛い思いをするよ」高木はムチを振り「ヒュ、ヒュ!」と音を立てる。
「やるわ。だからそれでしないで…」それだけ言うと、亮子の乳房を吸いだす。
「下手ね。そんな事では感じないわ。こうするのよ!」亮子は咲代の乳房を揉みながら乳首を吸い出した。
それには、咲代も反応して気持ちよさそうな顔をしている。

 「わかったでしょう。やるのよ」亮子が仰向けになると、咲代が覆い被さり乳房を吸いだす。
「そうよ、それでいいの。次はわかるわよね?」頭を撫でながら催促すると、咲代は馬乗りになり、樹脂のペニスに淫裂を押し当てて、腰を沈め出す。
「あ、あ、あ~!」声を上げながらも、ゆっくりと沈めて2人の股間が密着する。

 「腰を使うのよ。こういう風に…」亮子が腰を動かすと「待って、まだ準備が…」声を出したが樹脂は動き続け、咲代も自ら腰を動かし出した。
それを見ていた2人だが「やってよ。またやりたくなった!」啓治は膨らんだ肉竿を咲代の顔に押し付ける。
「許して。もう汚されたくない…」
「だったら、口に出させて貰うよ」咲代の頭を押さえて、口に肉竿を押し込んだ。

 「う、う~!」息苦しさに首を振る咲代だが、啓治は腰を動かし出す。
「気持ちいい。母さんして貰うと今までとは違った感じがする…」本心から気持ちよさそうな顔をしている。
(啓治君が気持ちよさそうにしている…)それには亮子も不安に思いながらも「これもやるのよ!」咲代の乳房を握りしめて、腰を振らせた。

 咲代は、仕方なく啓治の肉竿を口で擦りながら腰を振っていたが「俺も仲間に入れてくれ!」高木も加わった。
高木は咲代を前のめりにさせ、肛門に肉竿を押し当てた。
やはり、肛門からの挿入はイヤなのか、首を振り、逃れようとするが「大人しくするんだ!」啓治や亮子にも押さえつけられ、直腸に暖かいのを感じていく。

 「入ったぞ。3人一緒で行こう!」高木の合図で一斉に腰が振られた。
「う、う~!」息苦しさと、首を振り痛みを訴えても、動きは停まる気配が無く、むしろ速まっていく。
(やめて。それ以上されたら、お尻が変になる…)膣と肛門、喉奥と3人の動きに次第に意識が薄らいでいくと2つの肉竿が爆発した。
(口とお尻に出された…)不快な液体が喉奥と腸内を漂っていくが、意識は完全に失った。

 咲子は暫くしてから意識が戻ったが、両手を後ろ手に縛られたまま、器具にぶら下げられているのに気づいた。
しかも、太股も縛られてMの字に開脚した状態だ。
「解いて、こんなのイヤ~!」悲鳴を上げても誰も解くわけはなく「気が付いたようね。姉さんの面白い姿を撮ったのよ」カメラの画像を見せた。

 「消して。お願いだから消して!」
「それは無理よ。それより、痛いのと恥ずかしいのと、どっちを選ぶ?」
「恥ずかしいのって、どういう事よ」
「これを着て、街を歩くの」亮子は服を広げるが、向こう側が完全に透けて見える。
「下着はどうなの?」
「勿論なしだ。パイパンオ○ンコとオッパイを見せながら歩くんだ!」
「そんな事イヤよ。絶対にしないわ!」

 「イヤならこうだ!」高木はムチで尻を叩き出した。
「ギャ~!」すかさず、悲鳴が上がるがなおもムチが振られると「打たないで、それを着るから打たないで…」痛みには勝てず、屈辱を選ぶ。
「それなら、解いてあげるよ」啓治が縛ってある太股や腕を解くと、立てるようになった。
「約束よ。やらなかったら、今までの事が表沙汰になるからね。そうすれば、生きてはいけないはずよ」
「わかっている…」返事をしながら服を着込んだが、乳房と淫裂が丸見えになっている。

 咲子は服を着込むと車に乗せられて繁華街に連れて行かれた。
「わかっているわよね。ここで写真を撮るのよ」黙って頷くと車が停まり、外に連れ出された。
全裸同然の姿に「素っ裸だ!」行き交う人々から声が上がり、人垣ができていくが、咲子はカメラの前でポーズを作り撮られていく。
それが済むと、屋敷に戻って来て、咲子の望み通りに金が支払われたが、逃げるようにして帰郷した。

 その夜、亮子は啓治に甘えるように抱きついていた。
「おばさんと何時までもこうしていたな」乳房を揉みながら言うと「私もよ。啓治君と一緒にいたいの」
「それなら安心だな。それから、頼みがるんだけど…」言いにくそうに言うと「何でも言って。啓治君の頼みなら何でも聞くわよ」

 「それだったら言うけど、僕の奴隷になってよ」
「奴隷なの?」
「そうだよ。僕の言うままに動く奴隷になって欲しいな」
それには亮子も口を開けたままだが「その変わり、僕は、おばさんの子になるから」そう言うと「わかった。啓治君の奴隷になるわ」と承知した。

 「それじゃ、2人きりの時は亮子だよ」
「はい、啓治君!」
「違うな。ご主人様だ。罰としてお仕置きだ!」啓治は亮子の両手を後ろ手に縛ると、俯せにしてから腰を持ち上げた。
「お許し下さい、後からされると…。あ、あ、あ~!」淫裂に肉竿が入り込むと声を上げ出し、淫汁も流れ(気持ちいいわ。何時までも啓治君に抱かれたい…)満足顔になっている。
「わかったか。奴隷の立場でやるんだぞ」肉竿の動きを速めて、登りきった。

 そして、春になると啓治は咲子と密かに会っていた。
「2人きりの時は母さんじゃないからな!」
「わかっています…」咲子は弱みを握られているから逆らえない。
「いい心がけだ。わかったら裸になるんだ!」
「それだけは許して。あなたの母よ、してはいけない事なの」

 「俺がやりたいと言っているんだ。やらせないなら、写真とビデオが父さんに渡るよ」啓治の脅しに泣きながら服を脱いで全裸になった。
「これでいいでしょうか?」両手を後ろで組み、乳房と絨毛を露わにしていく。
「それでいい。それにしても、懐かしい感じがする」乳房を撫でると淫裂も触っていく。

「してもいいから、コンドームを付けて……」
「ダメだ。オ○ンコに出すのが主義だから」咲代を四つん這いにして、後から淫裂を突きだした。
「膣には出さないで下さい。せめてものお願いです…」泣き声で頼み込んでも聞き入れようとはせずに、肉竿の動きを速めて登りきり「そんな、母に射精するなんて…」悲鳴に近い声を上げ、淫裂からは、白い液体を流し出した。

 「スッキリした。ほら、綺麗にしろ!」グッタリとする咲代の頭を持ち上げ肉竿を押し付ける。
その肉竿を口の中に迎え入れて「ウグ、ウグ!」と擦り出すと「そうだ、それでいい。これからもやって貰うからな」乳房を揉みながら満足そうな顔になっている。

 啓治は、実の母親も思うがままになった事で自信を深め、美保にも狙いを付けて交渉していく。
「なってもいいけど、静江はどうするの?」
「美保さん次第さ。僕の奴隷になるなら、大事に扱うよ。それに、何時までもこうしてあげるし」淫裂深く肉竿を押し込んでいく。
「いいわ…。凄く気持ちいい…。奴隷になるけど、静江の前ではイヤよ…」
「それは、承知しています」肉竿のピストンを速めていくと「あ、あ、あ~!」喘ぎ声も上げている。
こうして啓治は、理紗も含めて4人を思うがまま動かすようになった。

 それから数ヶ月が過ぎ、夏休み入ると、啓治は咲子を呼び寄せ、美保と一緒にとある建物に向かった。
そこには、怪しい器材が置かれ、数人の男女がいる。
「今回はこの2人ですね。丁寧に扱いますからご安心を!」そう言うと「ここでは服は要らないから脱ぐんだ!」2人に裸になるよういう。

 当然、意味が飲み込めないから、反論している。
「いう事を効かないと、こうされるんだ!」ムチで2人を叩き出し「ギャ~!」悲鳴を上げながら逃げまどうが、容赦なくムチが振られていく。
その痛みに「打たないで、脱ぐから打たないで~!」泣きながら言う。
「やっとわかったようだな。ここで、お前達は特訓を受けるんだ!」
「それに、プライドも捨てて貰うからな」その言葉を聞きながらも2人はブラジャー、パンティと脱いで全裸になった。

 全裸になると、恥ずかしいのか両手で股間を覆うと「オ○ンコから手を退けろ!」ムチで乳房を叩かれる。
「ギャ~!」悲鳴を上げながらも股間から手を退け、黒く生い茂る絨毛を露わにした。
「これは必要ない。パイパンになれ!」
「イヤ、ヘアはイヤです!」咲子がいうとまたムチが飛んで叩かれる。
「剃ります…。パイパンになります…。ですから打たないで~!」赤い筋ができていく。

 「言われた通りにすれば、痛い思いはしなくていいんだ。わかったら剃れ!」その言葉に2人が絨毛を剃り始めるとビデオが捉えている。
「剃りますから、撮るのだけはやめて下さい…」泣きながら言うと「ダメだ、これも特訓だ!」あっけなく断られた。
こうして、咲子と美保は亮子が別荘で受けたように、3日間も屈辱な事をやらされた。

 この特訓のおかげで、2人は以前に増して啓治には従順になっていた。
「咲子、オ○ンコを見せろ」啓治が言う下半身を露わにして「ご主人様、咲子のオ○ンコです、じっくり御覧下さい」無毛の淫裂を手で広げた。
「美保のも見たいな」
「ご主人様にそう言われると嬉しいです」同じように手で淫裂を広げて中まで見せていく。

 「いいオ○ンコだな。やりたくなった!」
「それなら、私のオ○ンコで…」「私です、私のオ○ンコをお使い下さい」2人は言い争うように、啓治のズボンを引き下げていく。
「交代でやるから順番を決めろ。後の方に出すからな!」すると2人はジャンケンをして順番を決めた。

 「ご主人様、まずは私にやらせて下さい」咲子が先に馬乗りになって肉竿を淫裂に吸い込んでいく。
「気持ちいい。毎日やりたいな…」両乳房を揉みながら声をあげ、途中からは美保を相手にし、登りきって爆発した。
「ご主人様のエキスをいただき、美保は幸せです」淫裂から流れ出た液体を拭こうともせずに余韻に浸っている 。

 こうして、啓治は4人を奴隷として扱うようになった。
それから数日が過ぎて、高木と美保が訪ねてきた。
「啓治君。悪いが亮子さんとやりたいから、交換してくれないかな」
「構いませんよ。亮子に理紗、裸になるんだ!」
「かしこまりました」2人は何のためらいも見せずに服を脱いでいく。

 「美保、お前も見習わないとな」
「わかっています」夫の手前があるから、渋々と服を脱いでいき、3人はパンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
「美保さん。理紗さんと抱き合ってからしようよ」
「私もそう思っていたの」全裸になった美保は理紗を寝かせて覆い被さり、その美保の背中に啓治が抱きつき、淫裂に肉竿を押し込んだ。
美保は「あ、あ、あ~!」声を上げ、体を反らせながらも理紗の乳房を揉んでおり「亮子さん、こっちもやろう!」高木も負けじと、亮子に抱きついた。

 それから数年後、静江と啓治は結婚して亮子達と一緒に暮らすようになっが、静江は啓治の事を「ご主人様」と呼んでいる。
「静江、今夜はお前が相手だ。今すぐ脱げ!」
「嬉しいです。今夜は私のオ○ンコを思う存分お使い下さい」笑顔で服を脱いで全裸になったが、恥ずかしがる様子はない。

 「亮子に理紗。お前達は2人でやれ!」
「かしこまりました。ご主人様」返事をした2人も服を脱ぎ、全裸になると抱き合い出す。
「ご主人様、私にしてください…」
「わかっている、静江は後からが好きだったよな?」四つん這いにし、腰を押さえて肉竿を押し付けた。

 「気持ちいいです、ご主人様のをもっと下さい…」
「わかっている。今からだ」肉竿をなおも押し込むとピストンを始め(気持ちいいな。こんなに言う事を聞くんだからな。静江にも特訓させてよかった)啓治は満足そうに腰を振り続けた。

~完~
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター