fc2ブログ

「波乱のOL」第6話 同僚からの陵辱

第6話 同僚からの陵辱

 駅を降りて、歩いていくと「レンタルスタジオ」と書かれた看板が目に付いた。
(ヌードだわ、ヌードにさせる気だ!)橋本の意図が読めて「イヤ、ヌードはイヤです」泣き声になっている。

 「会社に知られていいんですか。間違いなく首ですよ!」そう言われば、拒む訳には行かず「行きましょう!」握った手を引かれて、一緒にスタジオの中に入った。

 建物の中は、区切られた部屋が5部屋程あり、橋本は受付で金を払うとスタジオのキーが渡され、そのスタジオに晴美と一緒に入った。
「1時間しか使えないんだ。急いで脱いでくれ!」肩からバックを降ろして、カメラを取り出すが(ヌードなんてイヤよ。でも脱がないと…)渋々脱いでいく。

 そして、下着だけになるとカメラで撮られ出す。
「パンティを膝まで下げて!」言われるまま、パンティを下げて絨毛を晒すと、閃光が瞬き、カメラに収められる。
「ブラを捲って!」乳房も露わにすると、閃光が瞬いた。
橋本は、次々と注文付け、晴美は全裸をカメラに収められていく。

 「足を開いて!」Mの字開脚を求めた。
「いや、これはいやです!」手で淫裂を押さえ、泣き出した。
「会社に言ってもいいんですね?」
「それは困ります…」泣きながら手を退けて、淫裂を撮られた。

 橋本は、次々とポーズを作らせ40分は過ぎている。
「横に寝て!」言われるままにすると、後ろから撮りだす。
(性器だわ、私の性器ばかり撮ってる!)顔を強ばらせながら、撮り続けた。

 橋本は時計を気にしながら「これくらいにするか…」カメラを置くと、ズボンを下げて下半身を剥き出しにしていく。
「セックスはイヤ、撮るだけにして!」
「そうは行かないんだ。溜まっているからやらせろ!」下半身を剥き出しにすると、晴美に抱きつき、淫裂に肉竿を押し当てた。

 「入れないで、お願いです!」
「やらせろ。黙っててやるから!」強引に肉竿が押し込まれ「う~!」痛みに、うめき声を上げた。
それでも容赦なく肉竿は入り込み、入りきると動き出す。
「痛いから、動かさないで!」頼んでも聞き入れられず、乳房も握り締められた。
(レ○プよ、これはレ○プよ!)痛みと犯された悔しさに、涙が流れていくが肉竿はピストンを速めている。

 「次は四つん這いだぞ!」尻を持ち上げられ、後ろから肉竿で突かれだした。
(キツいわ。膣の奥まで入ってくる…)痛みを堪えていると、肉竿の動きが停まった。
「お腹はイヤ。外にして!」叫んだが、膣奥には暖かい異物を感じている。
放出を済ませた橋本は肉竿を抜くが「射精なんてイヤ。できたらどうするのよ」泣きながら、流れ出た精液を拭いていく。
 
 「薬があるだろう。今飲めば大丈夫なはずだ」勝手な事を言いながら、脱いだズボンを広い「時間がないぞ、服を着ろ!」脱いであった、パンティとブラジャーを晴美に投げた。
(悔しい。レ○プされても、黙っているしかないなんて…)泣きながら、下着を着け、スカートシャツと着込んで元に戻った。

 「天野、オ○ンコ気持ちよかったぞ。また、やらせてくれよ」
「イヤよ、もう絶対相手しないからね」
「あれ、会社に知られてもいいのか?」
それには「…」黙るしかない。
「わかったようだな。薬は飲んでおけよ」橋本は晴美の手を握り、スタジオから出た。

 レンタルスタジオで、橋本と別れた晴美は美紀の店へと向うと、美紀が切り盛りしており「遅いじゃないのよ!」怒鳴られた。
「すみません、同僚と会ったものですから…」ヌードを撮られ、レ○プされたとは、言えない。
「仕方ないわね、とにかく急いで!」晴美は、着替えを済ますと、店に出た。
それと同時に「後は頼んだわよ」美紀がいなくなり1人で接客していく。
1人での接客は忙しかったが、昼近くに真美が来て、2人で接客するから少しは楽になっている。

 2人が働いていると、5時近くに美紀が現れ、晴美は着替えてアパートに戻った。
「あら、手紙が」ドアの所に封筒があったが、それは請求書だ。
「そうだった、払わないと」今まで貯めた金を持って高橋の元へと向かう。
「全部で50万ですね。残りが895万ですから、40万減って855万です」支払った証明書と、残金の書かれた書類が渡された。

 「大部頑張ってますね。もっと早く返したいとは思いませんか?」
「そう思っています。でも、風俗は絶対やりませんよ」
「風俗と言ってもピンからキリまでありましてね。売春まがいやコンパニオンまでと幅が広くてね」

 「それで、いくらになります?」
「売春でしたら1回5万で、コンパニオンだったら1時間9千円でしょうね」
「コンパニオンって、イヤらしい事もするんでしょう?」
「まさか。そんな事しませんよ。ただ、お客の話し相手をするだけです。何なら確かめましょうか?」

 高橋に言われて、晴美は繁華街にあるバーに入ったが、中は薄暗く笑い声が聞こえる。
「いらっしゃいませ」ホステスに案内されて2人が席に着くと「お飲物は何になさいますか?」聞かれた。
「水割りでいいよ。こっちもね!」ホステスは注文を取ると、直ぐに運んできて隣に座り「綺麗な方ですね」高橋に話しかける。

 「今日は勉強に来たんだ。この子が仕事を知りたいと言うから」
「あら、同業者なんですか?」
「違うよ、仕事に就こうか就くまいか、迷っているんだ。だから連れてきたんだ」高橋はホステスのスカートの中に手を入れた。

 「そんな事まで、させるんですか?」驚いて晴美が言うと「バカね、触ってご覧なさいよ」笑いながら晴美の手をスカートの中に入れた。
「ガードルだわ、しっかり隠してる!」
「そうよ、触られたって、オ○ンコは平気なの。ここも触って!」今度は胸に中に手を入れさせたが「パットだわ。オッパイは触れない…」驚き顔になっている。

 「わかったでしょう。そんな簡単に、オ○ンコとオッパイは触れないの。だから安心してやっていけるのよ」説得のある説明だが「イヤらしい事は、しないんですか?」なおも尋ねた。
「イヤらしい事ね、それだったらこれくらいかな」高橋の頭を抑えて口付けをした。

 「わかっただろう。とにかく飲め!」晴美が置かれた水割りを飲んでいくと「ねえ、働くんだったら、うちにしない?」ホステスが話しかける。
「ところが、そうは行かなくて。俺の知り合いが欲しがっていてね」

 「残念ね、商売敵に秘密を教えちゃったんだ!」
「そう言うなよ、チップやるから」5千円札を胸の谷間に押し込んだ。
「ありがとう。あんたいい人ね。今夜、私とエッチしてみない?」
「この子とするから無理だよ」高橋とホステスは機嫌良く話し1時間程で店を出た。

 店を出ると「高橋さん、知り合いが欲しがっているって、言ってたわね?」バーでの事が気になった。
「あれか、姉さんの事だ。新しい商売を始めたいらしい」
「それって、バーですか?」
「多分そうだと思う。それより、行こうよ」高橋はラブホテルのネオンが瞬く方へ晴美を連れ込んだ。

 「今回限りですよ。もう、セックスしないって約束して!」
「約束する。今回で終わりにするよ」その言葉を信じて晴美はラブホテルに入った。
受付で金を払い2人は部屋に入ると服を脱いでいく。

 「優しくして、乱暴はイヤなの」甘えるように下着を脱いで、全裸になるとシャワーを浴びた。
「汚れているかも」淫裂が気になり丁寧に洗い体も洗うと、タオルを巻き付けて高橋に抱きついた。
「今回限りよ」そう言いながら、そそり立つ肉竿を口で擦っていく。

 「わかってる、今回でやめるよ」乳房を撫でながら言い「もういいだろう?」晴美を寝かせて上に乗った。
「ゆっくり、優しくして…」譫言のように言うと。淫裂に肉竿が入ってくる。
(気持ちいい。橋本さんとは違う…)目を閉じ、乳房を揉まれながら、肉竿がピストンしていくと淫汁も流れ出した。

 (もっと、奥までして…)深い結合を求めて、限界まで足を開くと、肉竿の動きが早まり「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げながら絶頂迎え「オ○ンコに出して!」射精を求めると「でる~!」膣奥に噴射した。

 「出したよ」荒い息づかいの高橋が言うと「膣がとろけそう」満足そうな晴美だ。
2人は暫く抱き合い「ここの泊まるか?」尋ねると「イヤよ、見られたら恥ずかしいし」起きてまたシャワーを浴びた。

 「出したけど、いいのか?」
「まだ、薬があるから大丈夫よ」淫裂も丁寧に洗うと、濡れた体を拭いて服を着ていく。
「おとなしいのを着ているんだね。もっと過激にしたら?」
「そんなの無理よ、同僚に笑われちゃうし」下着を着終えるとシャツ、スカートも履いた。
「それじゃ行こう!」2人はラブホテルから繁華街に出て、晴美はアパートに戻った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター