fc2ブログ

「波乱のOL」第8話 美紀の夫

第8話 美紀の夫

 戻った美紀は、佐藤と一緒に喫茶店の隣のビルで当分住む事にした。
「あんたのお陰で、全部売ったのよ。ここで我慢して」
「悪かった。もう、あんな事はしないで、真面目に働くよ」
「信用していいのかしら?」
「信じてくれ。必ず真面目に働くから」

 「とりあえず、信じる。それよりお風呂入りたいでしょう?」
「ああ、できたら一緒に入りたい。昔見たく…」
「仕方ないわね。入るから脱いで」2人は服を脱いで、全裸になると浴室に入った。
「あそこでは、ゆっくり入れなくてな…」石鹸を体に塗りながら言い「美紀、洗ってやるよ」美紀と向き合い、首筋から石鹸を塗りだした。

 佐藤の手は、次第に下がり、首筋から胸と移り乳房を撫でだす。
時折、乳首も摘んで「これをやりたかった…」興奮しながらさらに手を下げ股間に塗っていく。
「そこは大事な所だから、丁寧にしてよ」淫裂を触るが、拒もうとはせずに、されるがままにしている。

 佐藤は、なおも塗ると「背中も洗うよ」向きを変えて背中にも石鹸を塗り、お湯をかけて石鹸を洗い落とした。
「美紀、やってくれるよね?」
「勿論よ。ここからね」美紀も佐藤がやったように、首筋からゆっくり下がり、最後に肉竿になった。

 「カチカチよ。溜まっているのね」ゆっくり擦ると、さらに堅くなっていく。
「刑務所では抜けないんだ。見つかったら処罰されるし…」
「オナニーもできないの?」
「そうなんだ。だから、今夜はやりたいよ」指が膣穴に入れられた。

 「わかった。相手するけど、綺麗にしてからよ」背中にも石鹸を塗り、お湯で洗い流すと湯船で体を温めた。
「もういいだろう、やりたいんだ!」乳首を摘んで催促すると「いいわよ、久しぶりにやろう」2人は浴室から出てベッドに倒れた。

 佐藤はむさぼるように、淫裂に肉竿を入れてピストンしていくと「いいわ、久しぶりでいい!」声を上げて淫汁も流している。
「3回出すよ。いいだろう?」
「出せるなら、何回でも出して…」喘ぎながら返事すると、動きが早まった。

 「あ、あ、あ~!」背中を浮かせ、乳房を握られながら、膣奥に射精された。
「よかったよ」唇を重ねて言うと「私もよかった」満足そうに美紀も言う。
その後四つん這い、馬乗り、横臥位などと、体位を変えて言葉通りに3回、美紀の膣の中で射精した。

 2人は暫く、黙り込んでいたが「美紀。俺にもう一度、チャンスをくれないか?」切り出した。
「真面目にやる気あるの?」
「あるよ。だから、何かやらせてくれ!」
「仕方ないわね。ウェイターをやって貰うわ」それを聞いて、安心の佐藤だ。

 「それより、子供できるよな。これだけ出したんだし…」
「さあ、わからないわ。私が決めるんじゃないし」避妊薬を飲んでいるとは言えない。
「そうだよな、こればかりは神頼みだよな。それより、もう一回やらせて」
「もっと、オ○ンコやりたいの?」

 「そうなんだ、やらせてよ」強引に美紀を立たせて後ろから肉竿を突きだした。
「あ、あ、あ~!」声を上げ乳房を揺らせる美紀だった。
こうして、佐藤は美紀と一緒に、バーで働く事になったが「どこまで本当かしら?」まだ美紀は信じていない。

 そんな事など知らない晴美は、会社を終えるとバーでホステスをしていく。
「お飲み物は、何に致しましょうか?」丁寧な言葉使いで接客し、カウンターから受け取って運んでいく。
佐藤が「美紀、あの子素人みたいだな」晴美を見つめて言うと「そうなよ、バイトなの。でも、手を出したら離婚だからね」

 「そんな事しないよ。こりごりだし…」
「それならいいわ、期待してる」2人は注文の飲み物を作っていった。
晴美は10時になると、着替えてアパートに戻り、いつものように風呂には入り、布団に潜って眠り込み、起きると会社に出かけた。

 今日も、いつものように仕事をしていると、橋本が「昼休み、屋上へ来てくれ」話しかけきた。
断る訳には行かず「わかりました…」承知すると去っていく。
「何もなければいいけど」不安に思いながら仕事をして、12時なると同僚達は事務所から出ていく。
「行くしかないし」重い足取りで階段を上り、屋上に出ると、橋本が待っていた。

 「どんな用事なの?」
「この前の続きをやるんだよ。スカートを捲るんだ」
「いやよ、そんなことできない!」

 「やらないなら、これを見せるがいいんだな!」また写真をちらつかせた。
「それだけはやめて。言うようにしますから…」スカートの裾を捲り上げると、パンスト越しに、ピンクのパンティが見えた。

 「いいね。早く、オ○ンコを出すんだ」
「ここじゃイヤ、別なところでして」
「ダメだ。やりたくてウズウズしてるし」
(言ってもダメだわ」覚悟を決めて、パンティとパンストを一緒に、足首まで下げて絨毛を露わにした。

 「後ろ向くんだ!」スカートの裾を持って尻を向けると、肉竿が淫裂に押し当てられた。
「許して、お願いです…」
「ダメだ、やらせろ!」肉竿が淫裂の奥まで突き刺した。
「う~!」呻き声を上げ堪えるが、ピストンが始まり(見られたら間違いなく首になる…)スカートの裾を持ちながら、人目を気にしていると、橋本もスピードを上げる。

 「出さないで、お腹には出さないで…」喘ぎながら言うが「ダメだ、オ○ンコに出させろ!」絶頂になったのか、結合したまま動かない。
「抜いて。お願い、抜いて!」逃れようにも、腰を掴まれ逃れる事はできず「イヤ、こんなのイヤ!」涙が落ち、それと同時に、淫裂からも精液がしたたり落ちていく。

 「酷いわ、酷いわ!」泣き声の晴美は、淫裂にハンカチを押し当て、パンティを上げた。
「飲んでいるんだろう。できたら中絶しろ!」橋本はズボンを直し、屋上から出ていくが「悔しいわ。レ○プされても、何も言えないなんて…」泣きながら、パンストも直し、涙を拭いて職場に戻ると「食事一緒に行こう」橋本が声を掛けてきた。
(ふざけないで。レ○プして何が食事よ!)叫びたいが、黙ったまま外に出て、食事を摂った。

 6時になった。
晴美が会社を出て、美紀のバーで着替えをしていると「制服変えたの。これにして」ワンピースを渡されたが「オッパイが、見えちゃいます!」胸の部分がくり抜かれてある。
「全部は見えないわよ、とにかく着て」

 「ブラジャーは、ダメですよね?」
「勿論よ。着けたら色気がなくなっちゃうし…」仕方なく、ブラジャーを脱いで、乳房を揺らせながら着込んだ。
「ほら、乳首と乳輪は隠れてるでしょう?」乳首などは見えないが、膨らみが半分づつ見えている。
「でも、手を入れられます…」確かに、くり抜きから手が入ってしまう。

 「触られたら言って。お触り代取るから」
「そう言う次元じゃなくて、触られるのがイヤなんです…」
「今更、何っているのよ。秀夫から聞いて知ってるわよ。借金があるそうじゃないのよ、これで、3時間働けば1万は超すのよ。我慢しないと」

 (言っても、無駄だわ…)黙っていると「あら、似合うわね」真美が入ってきたが、晴美と同じく胸がくり抜かれていて、乳房の膨らみが見えている。
「真美さんも、それですか?」

 「そうなんだって。バイトは、これでやるそうよ」
「聞いたでしょう。イヤだったら、やめてもいいけど、秀夫の支払いはどうするの?」そう言われると「この制服でやります…」と言うしかない。

 「それじゃ、お願いするわ」3人は店に戻って「いらっしゃいませ!」元気よく声を掛けている。
客が来ると注文を聞き、品を届けると、相手をさせられる。
「これいいね、最高だよ」くり抜きから手を入れられて、乳房と乳首が掴まれる。
「やめて下さい!」客の手を、振り払う事もできないから、されるがままだ。

 「こっちのオッパイも!」別な乳房も掴まれて「2回触ったから高いですよ」そう言うと手を引いて「1回だ、2回じゃないぞ」口を尖らせた。
「わかりました1回にしておきます」

 「そうしてくれ。ここはどうなんだ?」スカートに手を入れられたが「守りが堅いな。これじゃタダだな」あきらめ顔だ。
(当然よ。そんな簡単に性器は触らせないわよ)してやったりの顔だが(真美さんもやられている!)真美も、乳房を掴まれているが笑顔で接客している。
(オッパイ、触れても平気なんだ…)まだ、真美の事情を知らなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター