fc2ブログ

「波乱のOL」第11話 全裸のメイド

第11話 全裸のメイド

 並んだ写真を仕分けしていると「俺も撮ってみたいな」高橋が言い出す。
「私のヌードを撮りたいなんて…」言葉を濁すとが「撮りたいんだよ、こんなのを」鈴木が撮った写真を見せた。
「これ、私と真美さんよね?」
「そうだよ、この前撮ったやつだ。綺麗だろう」
「ええ、嫌らしさがないわ…」写真は乳房と絨毛を露わにして、唇を重ねた写真だ。

 「こんなのを撮りたいんだ。やってくれるよね?」
「わかった。ヌードになる!」
「ありがとう、今から撮ろう」カメラを持ち出すと、晴美は服を脱ぎだす。
下着も脱いで全裸になると「こういう風に…」注文が飛び、言われた通りにカメラに納まっていく。

 高橋は30分程撮ると、カメラを置いて服を脱ぎ「やりたいんだ、いいよね?」パンツも脱ぎ、膨らんだ肉竿を見せた。
「私もしたかった…」その肉竿の前に正座して、口に迎えて「フグ、フグ!」唇で擦りだすと更に堅くなっていく。
「もういいだろう。やろうよ!」2人は、マットの上に倒れ抱き合った。

 高橋が乳房を揉みながら、乳首を吸い、肉竿をピストンしていくと「あ、あ、あ~!」声を上げ声を上げていく。
2人は色々な結合を楽しみながら、絶頂を迎え膣奥に射精し「よかったよ」「私もよかった」2人は余韻を味わうかのように暫く抱き合った。

 晴美が越した翌日に、臨時の朝礼で「糸川が保釈されたから、注意するように…」と話が出た。
(必ず、私の所に来るはずよ)怯える晴美だが「何かやらかしたら、刑務所だ。糸川はそんなバカじゃないよ」楽観する者もいる。

 幸いにして、晴美の予想が外れた。
糸川には愛人がいて、そこで生活するとの事だ。
「やっぱりね、二重に騙したんだ…」怒りを覚えた晴美だが(顧客リストの罪で帳消しかな)冷静になっている。

 糸川の件が収まった頃「一体どうなってるんだ!」お客が事務所に怒鳴り込んできた。
「数か違うじゃないか、一桁間違ってるよ!」お客は、応接室に案内され、暫くしてから「天野君来てくれ!」晴美が呼ばれた。

 「いい顔してるね、妻好みだ。それより、一体どうしてくれるんだ!」訳がわからずにいると「転記ミスだよ、ほら」課長が見せた書類を見ると「そんな~!」悲鳴を上げた。
「わかるだろう、君のミスなんだ…」
「申し訳ありませんでした!」頭を下げたが「謝る相手が違うぞ、俺じゃないだろう」すぐさま顧客の前で正座し、土下座して「申し訳ありませんでした」平伏した。

 「そんな事したって、何にもならない。今再発注したって1ヶ月後だぞ、どうしてくれるんだ!」
「申し訳ありません…」晴美は泣きながら、謝った。
「何も泣く事はないぞ。いい顔が台無しになっちゃうからな。弁償して貰えばすむ事だから」

 「お、お待ち下さい。弁償と言っても金額が1千万は越しますから、お許し下さい!」課長も土下座した。
「そうだよな、あんたの出世にも関わるしな。それだったら、この子に10日の休暇をやってくれ。その休暇中に、住み込んで、妻のメイドをやってもらうから」

 「それで許して貰えるなら助かります。天野君、明日から10日の休暇を許すよ」課長は笑顔になっており「わかりました。明日伺います」晴美も承知した。
応接室を出た晴美は、仕事を整理しながら休暇を取る事を話していく。
「そうなんだ、それです済むなら万々歳ね」同僚も理解して居ない間、穴埋めするのを約束し、勿論、真美や高橋達とも連絡を取ってアルバイトを休む事を認めて貰った。

 翌朝、晴美はバックに衣服を詰めて、アパートを出てお客の家へと向かった。
「確か北野さんて言っていたわね?」書かれた用紙を見ながら、電車に乗り郊外に出ると木立が目立っている。
「ここで降りるのね」書かれた駅で降り、タクシーに乗っていくと大きな屋敷が見えてくる。
「ここが、北野さんですか?」
「そうです、かなりの資産家ですから有名でしてね」運転手は玄関先で停める。

 晴美はタクシーを降り、チャイムを押すと「どちら様ですか?」女性の声がする。
「天野です。今日からメイドをする事になってる、天野です」
「ああ、天野さんね、今開けるから待ってて!」暫くして、玄関が開き40手前の女性が現れた。
「入って、夫から聞いたわ。話は中でしましょう」一緒に中に入ると、北野が待っていた。

 「よく来たな、今日から10日だぞ。逃げたら、賠償金を貰うからな。それに会社には居られなくなるからな」
「心得ております…」緊張した顔で言うと「あなた、紹介してよ」女性が言う。
「そうだった、天野晴美さんだ。いい顔してるだろう?」
「ホントね、楽しめそうだわ、私は妻の綾子よ、よろしくね」目を輝かせている。

 「綾子、後は任せたぞ」
「わかってます、こっちへ来て」綾子に連れられ屋敷を歩き「ここがあなたの部屋よ、自由に使っていいの」晴美はバックをそこに置き、その後も屋敷を案内された。

 一通り案内されると、11時を回っている。
「早速だけど、昼ご飯お願いするわ」
「わかりました。その前に着替えますから」
「着替えは要らないわ。用意してあるの」綾子は一旦出てから、袋を持ってきた。

 「これを、直に着てやるの」袋を渡すが、覗いた晴美は「これじゃ、ヌードです!」声を上げた。
「そうよ、うちのメイドは素っ裸になる事になってるの。イヤなら帰ってもいいわよ。首なるけど」
(どうしよう。ヌードはイヤだけど、首にはなりたくないし…)「わかりました着替えます」承知する。
「いい心がけね。部屋で着替えて」晴美は部屋に帰ると服を脱いでいく。

 「オッパイだけなら我慢するけど、ヘアと性器も見られるなんて…」泣きそうな顔をしながらパンティ、ブラやーも脱いで全裸になった。
「これを着けるなんて…」袋から取りだしたのを身につけるが、赤い紐の拘束具に足を通した。
腕も通して、腰のベルトを留めれば終わりだが、乳房と絨毛が丸見えになっている。

 「イヤらしい。これで人前に出るなんて…」鏡に映った自分の姿に情けなさを感じながら戻ると「似合うわ、いい感じね」綾子は目を輝かせて見ていく。
「奥様、このままでは旦那様にレ○プされます。せめて、性器だけでも隠したいのですが…」
「そんな事させないから安心していいわよ。それが似合いだし」
(言っても無駄だわ、素っ裸を見たそうだし…)諦めて調理を始めた。

 調理が済むと、ワゴンに乗せてダイニングに運ぶが、北野も「オッパイはいい形だね、それにヘアの生え具合がたまらないよ」笑顔になって言う。
「そうよ、あなたの見る目は確かね。今夜から久しぶりに楽しめそうだわ」全裸同然の晴美を見ながら話し、3人で昼食を摂った。

 昼食を摂ると、後かたづけをして3時までは休憩時間だ。
部屋に戻った晴美は「恥ずかしかったけど、よく我慢したわね」自分に言い聞かせながらベッドの上で横になった。
横になると緊張感が抜けたか、睡魔が襲い、何時しか眠り込んでしまい、3時になっても目が覚めず意識がない。

 だが「いつまで寝てるのよ!」耳元で怒鳴り声がし、目を覚ますと綾子が立っている。
「お、奥様、お許し下さい。今からやります!」
「今からって、何時だと思ってるのよ。4時よ、どうする気なのよ!」機嫌悪いのか、怒鳴り散らして言う。

 その声を聞きつけた北野が「約束を守らないなら罰しかないな。それとも賠償金払って首になるか?」
「首はイヤです。罰を受けますから、お許し下さい!」土下座していく。
「そう下出に出られたら考えるわ。何がいいかしら、そうだ、罰として政文さんとセックスしてよ」思わぬ言葉が飛び出た。

 「セックスはイヤです。お許し下さい!」泣きながら、また土下座した。
「セックスはイヤか、それなら坊主ね。ここを剃って貰おうかしら」
「性器のヘアを剃るんですか?」
「そうよ、首か、セックスか、ヘアかどれかを選んで!」
(全部イヤに決まってるわよ。でも、やるとしたら…)「ヘアを剃りますから、お許し下さい」土下座して言う。

 「そうね、それが一番いいかも。とにかく、夕食の準備をして」
「かしこまりました」晴美は夕食の準備を始めていく。
(ヘアを剃ったら、丸見えになってしまう)無毛の淫裂を思い浮かべて、憂鬱になっているが「パイパンオ○ンコか。面白うそうだな」
「そうよ、今夜は、できるでしょうね?」北野の股間を撫でる。

 「あの子次第だよ、たぶんできると思う…」
「私も手伝うから、頑張るのよ」意味ありげに話していると「お待たせしました」できたての夕食を運んできた。
「それじゃ、頂きましょう」3人で夕食を摂った。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター