fc2ブログ

「波乱のOL」第13話 担保

第13話 担保

 「政文さん。メイドが、こんなに濡らしてるわよ。羨ましいわ」
「そのようだな。今度のメイドは、オ○ンコが好きなんだね。俺たちも、オ○ンコしようよ」北野は綾子の服を脱がし出した。

 「イヤだわ、オ○ンコだなんて。はしたないわよ」そう言いながらも、北野の服を脱がして、2人は全裸になっていく。
全部脱ぎ終えると、北野は綾子を立たせたまま、後ろから淫裂に肉竿を押し込んだ。

 綾子は「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げながら、晴美の様子を見ている。
「見て、気持ちよさそうな顔してるわよ…」
「そのようだね。綾子も気持ち、よくしてやるよ」両手で乳房を揉みながら、ピストンを始めた。

 「いいわ、凄くいい。こんなの、久しぶりよ…」喘ぎながら言うと「女もいいけど、チンポもいいだろう。今夜こそ、作ろうな」
「わかってる。その気になったのも、この子のお陰よ」
「そうだよな。なんか、お礼をしないとな…」2人は話していくが、その脇では「行く、行く~!」絶頂が迫る晴美だった。

 「行ってもいいわよ、恥ずかしい事ではないし…」
「そうだよ。綾子も、もうすぐ行くし」北野は腰の振りを速め、奥まで突くようにすると「あ~!」今までにない声を上げ、体を反らしている。

 「気持ち、いいのか?」
「チンポが…奥まで…入ってくる…」途切れ、途切れに言いながら、淫汁を流し出した。
「行きそうか。行くのは一緒だぞ!」

 「行きそうよ。一緒に行きましょうよ…」
「わかった。仕上げるぞ!」さらにピストンを速め、両乳首を指で摘んで引っ張った。
「あ~!」大きな悲鳴をあげ、北野も「出すぞ!」動きを停めた。

 「気持ちいいわ。私も行くわよ」淫裂から、タラタラと精液が漏れ出て「よかったわ。凄くよかった…」綾子は座り込み、荒い息の度に、乳房を揺らせている。

 「大部、出したみたいだね」
「そうみたい。これで大丈夫と思うけど、念のために、当分やりましょうよ」
「綾子がそう言ってくれると嬉しいよ。これからもやらせて欲しいな」
「それは、どうだかわからないわ。気分次第よ」

 2人は笑顔で話しているが、晴美は口を開けたまま、失神している。
「あら、気絶したみたいよ。それに、こんなに濡らしてる」
「これって、オ○ンコ汁だよな。こんなに出るんだ…」ベッドがビッショリ濡れていた。
「気持ちよかったのよ。だから濡れてるの」綾子は機械を止めて片づけだし、北野もバイブを止めて外していく。

 だが、北野は物足りなそうな顔をしている。
「政文さん、どうかしたの?」
「おれ、まだ出そうなんだ。綾子やってくれないか…」
「出したばかりよ。大丈夫なの?」
「わからないけど、この子のオ○ンコ見てたら、ムラムラして、収まりがつかないんだ…」

 「元気になってきた証拠よ。私だって、チンポで突かれても、平気になってきたし」
「だったら、いいだろう?」
「いいわよ。まずは、お口からね」綾子は、北野の肉竿を口で擦っていく。
「フグ、フグ!」頭を振りながら擦っていくと、肉竿も堅く、大きくなっていく。

 「もういいだろう、元気になったし」
「いいわよ。どうせなら、私にやらせて」北野を仰向けに寝かせ、綾子が馬乗りになった。
「初めてだから、下手でも許してね」肉竿を掴み「あ~!」淫裂に吸い込んでいく。
「下手でもいいよ。その気持ちが嬉しいよ」手を伸ばして、両乳房を揉みながら言う。

 淫裂が肉竿を根本まで吸い込むと、腰の上下運動が始まった。
「私のオ○ンコ、気持ちいい?」
「最高だよ。凄くいい気持ちだよ」
「嬉しいわ。それなら頑張るから、出してね」綾子が腰の振りを速めていくと、北野も次第に絶頂へと向かって、程なくして「出るよ、出そうなんだ!」登り切った。

 「出して。私のオ○ンコに、一杯出して!」喘ぎながら、腰を振り続けて北野を刺激していくと「出る~!」二度目の噴射が行われた。
「凄いわ。二回出すなんて、初めてよ。よくなったのよ」
北野に抱きつくと「そうみたいだな、綾子のお陰だな。オッパイにお礼しないと」体を起こして乳首を吸う。
「明日もやろうよ。必ず作るから」北野の頭を抱きしめて、言った。

 夫婦は、その後も晴美をつまみにして抱き合っているが、メイドの期間も残り少なくなってきた。
そんな中、今日の午後に、晴美の同僚が様子を見に来るという連絡があった。
それを聞いた晴美は顔が真っ青になり「お願いです、どんな事もしますから、同僚の前では服を着させてください!」土下座して頼んだ。

 しかし「そうは行かないの。メイドは、制服って決まりがあるの…」
「そこを、お願いします!」泣きながら頼むが、綾子は許そうとはしなかった。
「う、う、う!」泣き出す晴美だが(ゴメンね。こうしないと、あなたが…)綾子も辛そうだ。

 拒まれた晴美は元気なく家事をして、3時が迫ると、ソワソワして落ち着きがない。
(ヘアのないヌードを見られたらどうしよう…)不安だったが「ピンポーン!」チャイムが鳴った。
「晴美さん、私が出ます!」いきなり、全裸同然の晴美を見せる訳には行かず、綾子が玄関に向かい、応接室に案内する。

 応接室には北野がいて、接客しているが「晴美さん、コーヒーよ」綾子に言われカップに注いでいく。 晴美は緊張していて「ほら、こぼれちゃうでしょう!」「すみません…」手が震えて、いつものようには行かない。
注ぎ終えると「笑い者になっちゃう!」泣き出した。

 「泣いたって駄目よ。それがあなたの仕事なのよ。会社でも、そんな甘い気持ちで、やってるの?」
その言葉に(そうよ。仕事はちゃんとやらないと…)手で、涙を拭いて、応接室に向かった。
応接室のドアまで来ると、同僚の笑い声と、北野の声が聞こえてくる。
(これは、仕事よ。笑われたっていい。バカにするなら友達じゃないし…)自分に言い聞かせながら「失礼します」ドアを開けた。

 ドアが開くと話が止まり、皆の目がドアに集中する。
その視線を浴びながら「コーヒーをお持ちしました…」テーブルに並べていくが「ヌードよ、しかもフルヌード…」「ヘアを剃ってる…」「性器まで見せてる…」中にいた3人の同僚は、それ以上の声が出なかった。

 「晴美、素っ裸よ。恥ずかしくないの?」
「これが仕事ですから、我慢してます…」カップを並べ終えた。
「晴美、一緒に話をするか?」
「まだ、家事がありますから。ゴメンね、今度ゆっくり話そうね」詫びながら出ていく。

 そして、ダイニングに戻ると「う、う、う!」声を上げて泣きだした。
「終わりだ。これで終わりになった…」泣きながら言うと「何言っているのよ。素っ裸を見せたからって、軽蔑するような人とは絶交しなさい。そんなの友達じゃないでしょう!」

 確かに綾子の言う通りだが、まだ晴美には通じない。
(無理もないかな。素っ裸を見せたんだからね。でも、こっちがやりやすくなったし…)綾子には考えがあった。

 晴美の同僚は1時間程で帰ったが、見送る晴美を軽蔑の目で見ていた。
その視線に北野夫婦も気付いて(こいつらに、焼きを入れないと駄目だな)(お仕置きしないとね)2人は同じ考えだ。

 そして、いよいよメイド最後の日となった。
「11時までだから、もうすぐだわ」時計を見ながら家事をしていると「晴美さん、ちょっと」綾子に呼ばれ付いていくと、仕置きされた部屋に来た。
「何も悪い事してませんが…」怯えて言うと「担保よ、今までのことを喋られたら困るの。だから恥ずかしい写真を撮っておくの」説明する。

 「絶対に、ここでの事は言いません。ですから、写真は撮らないでください!」
「前にも、そう言っていた子がいたわ。でも、秘密を漏らして大変だったの。だから我慢して」中に入ると、拘束具が用意されている。

 (こんなの着けて撮られるなんてイヤよ。どうせなら芸術的に…)鈴木の写真が頭に浮かんで「撮っても構いません。ですが、ポーズは私にやらせて下さい」
思わぬ言葉に、手を止めた北野だが「本当に、やるんだな?」信じられないと言った顔をしている。

 「はい。ですから、綺麗に撮って下さい…」
「わかった。それなら別な部屋で撮ろう」3人は応接室に向かった。
ドアを開け、中に入ると「性器を撮っても構いませんが、卑猥でなく、エロでお願いします…」そう言うと、マットの上でポーズを作った。

 膝を立て、顔を横に向けて両手を頭に乗せると「いいね、これいいよ!」北野は興奮気味にスイッチを押し続ける。
晴美は次々とポーズを作り(性器も撮りたいだろうから…)カメラの正面を向いて、Mの字開脚して淫裂も撮らせた。

 それには(この子、可愛い顔に似合わず度胸いいわね…)綾子も感心してみてると、今度はブリッジして腰を持ち上げている。
「これは傑作だ!」淫裂からはみでた肉襞や、クリトリスが丸見えで、スイッチを押しまくった。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター