fc2ブログ

「波乱のOL」第14話 嫉妬と軽蔑

第14話 嫉妬と軽蔑

 晴美は1時間程ポーズを作っていたが「もう、いいでしょうか?」かなり疲れている。
「そうだね、いいよ」カメラを置く北野だが物足りなそうだ。
それは綾子にもわかり(セックスしたがってる…。でも、我慢して…)「晴美さん、服を着ていいわよ。もう時間だし」

 「ありがとう御座います」応接室から自分の部屋に戻り、下着を着ていくが「なんか変だわ、今まで着てなかったせいかしら?」ブラジャーを着けると、違和感がある。
さらに、パンティを履いても、淫裂の部分が押されて違和感があった。

 それでも、服を着終えるとまた応接室に戻り「お世話になりました」夫婦に挨拶を済ますと、屋敷を出て、アパートに戻った。
残された夫婦は「我慢出来ないよ!」綾子の服を脱がして、全裸にしていく。
「私もやりたい。あの子のオ○ンコ見たら、我慢出来なくて」北野の服を脱がして、肉竿を口に入れ「フグ、フグ!」唇で擦っていく。

 「気持ちいい。早くやろうよ」綾子に覆い被さり、淫裂を突きだし「あ、あ、あ~!」声を上げ快感に酔っている。
そして、北野が登り切って、膣の中に射精すると2人は横になった。
「綾子。これで、間違いないよな?」
「今回のは無駄だと思う。もう、できたみたいなのよ」

 「そうか、できたのか。どうして、わかる?」
「尿検査したら反応してるのよ。だから、ヘアはもう剃らないからね」
「俺は、剃った方がいいんだけどな…」

 「病院に行かなければいけないのよ。剥き出しだと、恥ずかしいしわよ」
「そうか、これが見納めか…」精液で汚れた淫裂を撫でながら言うと「産んだら剃るわ。それならいいでしょう?」
「いいよ、それでも、いいよ」2人は笑顔になっていた。

 しかし、晴美の方はそうではなかった。
翌日、会社に行くと今まで親しくしていた同僚が避けるようにしている。
(ヌードだわ、あのヌードのせいで…)一瞬、北野の夫婦を恨んだが(あんなの友達じゃないわ。これでよかったんだ…)自分に言い聞かせて仕事を続け、終わるとバーに向かった。

 「なんか、久しぶりみたいね」美紀と憲弘から言われたが「たったの10日よ。久しぶりなんて、大げさよ」笑いながら言う。
「でも、寂しかったのよ」真美が、胸のくり抜きに手を入れて、乳房を揉んでいく。
「帰ったらしよう。今は仕事だから」晴美も真美の乳房を揉み返す。

 「約束よ、今夜は寝かせないからね」
「期待してるわよ」2人は手を退けて客の接待を始めた。
2人は10時になると、バーを出てアパートに戻った。

 ドアを開け、中に入るなり「晴美、欲しいの」「私も真美が欲しいの」2人は服を脱がし合い、全裸になると、ベッドに倒れて、互いの乳房を吸い合った。
その後に、指と舌で淫裂を愛撫し合う。
「そこ、いいわ。気持ちいいの」
「私もよ。濡れていくのがわかる」2人は幾度も絶頂を迎えてから、眠りに就いた。

 翌日、晴美の会社に北野夫婦が現れた。
「ようこそ、お出で下さいまして」丁寧に挨拶する課長に「すまんが、天野晴美を呼んでくれ!」いきなり言われ、戸惑ったが、晴美が入ってきた。

 「この前はお世話になりまして」礼をする綾子だが(来なくてもよかったのに…)困惑顔の晴美だ。
「北野さん、どうしてここに?」
「お礼だよ、休んでまでやってくれたんだから、礼を弾まないと」バックから封筒を取りだし渡した。

 「これを貰う訳には行きません。仕事でしたから!」
「休暇中だったはずよ。だから構わないのよ。人の好意は素直に受けないと」
「わかりました。ありがとう御座いました」封筒を受け取ると晴美は出ていくが、北野はまだ課長と話している。

 戻った晴美は封筒を開け、中を見ると20万入っている。
「そうだ、今日にでも払わないと…」高橋への支払いも迫っていたから助かる。
仕事を終えると高橋を訪ねて「今回はこれだけですが」20万渡す。
「残金が865万で、利息が9万ですから、残金が11万減って854万だね」領収書と残金の書類を渡した。

 「頑張ったね。こんな短い期間に、これだけ返せる客はいないよ」
「これも高橋さんの陰です。次からはアルバイト分があるから、もっと返します」
「期待しているよ。それより、帰ったらいいだろう、やってないし…」高橋は晴美の胸を撫でた。

 「私もやりたいけど、真美さんもいるし…」
「それなら、3人でやろう。それならいいだろう?」
「でも、真美さんが何て言うか…」
「俺が説得するよ。これから行くんだろう?」
「はい、頑張ってきます」その後、晴美は美紀のバーでアルバイトをしていると高橋が現れた。

 高橋は晴美と真美を隣に座らせ、交互に乳房を触っていく。
機嫌良く触っていたが「秀夫、調子に乗ってやったら、高く付くからね」美紀から注意された。
「そうだな、人目もあるしな」素直に手を退け、3人は店を出てアパートに向かう。

 アパートに着くと3人は高橋の部屋に入り服を脱ぎ出した。
「真美、今夜は浮気するからね」下着も脱ぎ出す。
「私も浮気するわよ」真美も下着を脱ぎ出すが「晴美、剃ったのか?」生えかけの絨毛に高橋が驚いた。

 「北野さんの所で、寝坊しちゃったの。その罰で剃ったの」
「そう言う訳か。真美も剃ったらどうだ?」真美の絨毛を撫でた。
「恥ずかしいわよ。だって、オ○ンコが丸見えじゃないのよ」
「全部剃らなくてもいいよ、このラインで剃ったらいいと思う」指で絨毛をなぞった。

 「考えておく。それより、エッチしましょうよ」高橋の股間に顔を埋めて、肉竿を口で擦りだした。
「フグ、フグ!」なおも、擦っていくとカチカチになっている。
「晴美、先にやらせてね」真美は馬乗りになって、腰を振っていくと形のよい乳房が揺れていく。

 「綺麗よ、真美のオッパイ」晴美はその乳房を掴んで揉みだすと「あ、あ、あ~!」快感に声を上げ背中を反らせていく。
高橋も晴美の乳房を握り締めて3人で楽しんでいるが「交代しよう、今度は晴美よ」入れ替わって、晴美が馬乗り、腰を振っていくと「気持ちいい、久しぶりでいいわ…」淫汁が流れていく。

 晴美が暫く腰を振っていると「四つん這いでやろう」体位が変わった。
真美が仰向けになり、晴美が上になって、互いの淫裂をなめ合い、晴美の後ろから腰を押さえて肉竿で突きだし「あ、あ、あ~!」喘ぐ晴美に「出したいんだ、出させてくれ!」ピストンを始めた。

 「いいわよ…。オ○ンコに出しても…」晴美も、真美の淫裂を撫でながら絶頂へと向かい「出る~!」「行く~!」膣の中へ射精すると同時に、晴美が真美の上に崩れた。
「ハア、ハア!」3人の荒い呼吸が響いていた。
それから晴美と真美は、度々、高橋の部屋を訪ねて楽しんでいた。

 そんな中、晴美の事務所に北野がまた現れた。
晴美は応接室に呼ばれ「北野さんが大口契約してくれたんだ。天野君の担当にしてだぞ!」
「私の功労ですか?」
「そうだ、10日間頑張ったお礼だ。受け取ってくれ」
「ありがとう御座います」礼を言うと北野は帰り、晴美も戻って仕事を続けた。

 その翌日に、事務所では朝礼が行われ、晴美が大口契約した事が報告され表彰された。
何も知らない社員は「凄いじゃないか。あの北野さんから取るなんて!」褒めている。
その一方では(素っ裸になって機嫌を取っていただけじゃないのよ)(体を売って契約取るなんて最低よ)嫉妬を買ってしまい、虐めとなって現れた。

 12時になり、事務所から出て行こうとすると「晴美、来て!」腕を掴まれ屋上に連れ込まれた。
「あんたね、素っ裸になって、体も売ったんでしょう?」友人だと思っていた人から言われる。
「ヌードは事実だけど。体は売ってないわよ!」反論したが「嘘つかないのよ。体に聞こうよ!」同僚の女性に服を脱がされ出す。

 「やめて、声を上げるわよ」
「出してもいいわよ。その変わり、素っ裸になっていた事を言いつけるからね」
(そうよ、それを知られたら首になっちゃう…)力も抜け、黙り込んでしまった。

 「わかったようね、この売春婦!」きつい言葉が掛けられ、服が脱がされていく。
「こんな清楚なふりして。破っちゃおうよ」真っ白なパンティが、カッターナイフで切られた。
「見て、オ○ンコよ。ヘアを剃ったのよ」短い絨毛から淫裂が覗き「イヤらしいオ○ンコね。散々使ったのね」膣に指が入れられた。

 「やめて、痛いからやめて!」
「痛いじゃないでしょう。気持ちいいと、言い直しなさいよ!」
「バカ言わないで。誰が、言うもんですか!」
「言わないなら、これも切っちゃうわ」ブラジャーの繋ぎ目も切られ、肩紐も切られて、乳房が飛び出だした。

 「これでも、言わないの?」乳首にナイフが当てられた。
「言うわ。言うから、ナイフを仕舞って!」
「言ってからよ。正直に言いなさいよ」膣に入った指が動き出した。
「気持ちいい…。膣が気持ちいい…」悔しさに、涙が落ちていく。

 「見て、うれし泣きよ。指でオ○ンコが気持ちいいんだって。売春婦は違うわね」笑いながら屋上から降りて行く。
「悔しい。あんなの友達でも何でもないわ!」泣きながら服を着込み、切り裂かれた下着を拾って屋上から降りた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
321位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター