fc2ブログ

「波乱のOL」第15話 仕置き

第15話 仕置き

 会社を終え、美紀のバーへ行き、着替えをしていると「晴美、下着はどうしたの?」全裸で着替える晴美に、真美が声を掛けた。
「実は会社で…」屋上での出来事を話した。
「酷いわね。みんな会社のためにやった事なのに…」

 「でも、友人じゃないって、わかったからよかった!」
「パンティないわね。ガードルだけだと、困るでしょう?」
「買ってきたわ、安物だけど」パンティを履きガードルを履いて股間をガードしていく。

 「それなら安心ね。でも、酷い同僚ね」真美は、晴美を虐めた3人が許せず、真美は冷静を装いながら店内を周り、高橋が現れると奥に連れ込んで、晴美の事を話した。
「そうか、晴美は辛いだろうな…」同情すると「お願い、仕返して欲しいの。何なら、私もやるわ」真美は本気顔だ。

 「構わないけど、真美はどうして、そんな気になったんだ?」
「私と同じ事をされたからよ。素っ裸にされ写真も撮られたわ。そして、恐喝もされたのよ」
「真美に、そんな過去があったとはな…。辛かったろう?」
「だから、晴美には同じ思いはさせたくないの。やってくれるわよね?」

 「任せとけ。調べあげるのは得意だから、名前がわかった以上は簡単さ」
「この事は晴美には秘密よ」
「もちろんだ。知ったらやめさせられるからな」2人は密かに動く事にした。

 そんな事など知らない晴美は、いつものように仕事をしていたが、12時を過ぎると、また呼び出された。
「何の、用なのよ?」
「恥知らずの確認よ。おとなしくするのよ」3人掛かりで服を脱がされ、下着をナイフで切られた。
その後は、前と同じで、膣に指を入れられ「言うのよ、気持ちいいって」指が動き出す。
「気持ちいい。オ○ンコ弄られて気持ちいい…」無理矢理言わされ、涙が落ちていく。

 ここまでは、前と同じだが「折角だから、撮ってあげるね」カメラで、晴美の全裸を撮りだした。
「イヤ、写真はイヤ!」「おとなしく撮られるのよ」ナイフが当てられた。
(こんな奴らに、ヌードを撮られるなんて…)泣き顔になると「笑うのよ」作り笑いをして撮られた。

 「これからは下着は要らないの。わかったわね?」乳首が潰された。
(悔しい。何でこうなったのよ!)痛みに耐えていると「返事はどうしたの?」指に力が入った。
「下着は着ません…」

 「それでいいの、明日確認するからね。履いてきたら、この写真がどうなるか、わかっているよね?」
「わかっています…」
「それならいいわ」同僚は笑いながら降りて行き、脱がされた服を着込む晴美だ。

 仕事が終わり、いつものようにバーで着替えていると「晴美、今日もやられたの?」パンティを履いてない晴美に真美が声を掛けた。
「そうなの。明日から下着は着るなって言われたし…」
「そんなの、無視しなさいよ!」

 「駄目よ、写真も撮られたし」
(同じだわ。私と同じ虐めに遭ってる…。急がないと…)真美は黙り込み、着替え室から出た。
残された晴美は、買い込んだパンティとガーターを履いて、制服を着込むと店に出て行く。
「いらっしゃいませ!」笑顔で接客していると「あら、真美さんがいないわ」その時、何とも思わなかったが、帰る時間になっても、真美はいない。

 「美紀さん、真美さんいないんだけど…」
「なんだか、急用が出来たらしくて、急いでたわよ」
「そうなんだ。何でもなければいいけど…」1人でアパートに帰ったが、戻ってはいない。
「もしかして?」高橋の部屋をノックしても反応はなかった。
「一体、どこへ行ったのかしら?」不審に思いながら部屋に入り、帰りを待ったが、深夜になっても、帰ってこなかった。

 翌朝、不安な気持ちのまま、着ていた下着を全部脱いだ。
「写真をまかれたら困るし…」直に服を着て、スーツも着込むとアパートを出たが「真美さん、どこに行ったのかしら?」まだ、真美からは連絡がなかった。

 晴美は、いつもの時間に事務所に入ったが「あら、いないわ」昨日、虐めた3人がまだ来てない。
「下着を着てこなかったのに…」独り言を言いながら仕事をしていくと「よりに寄って、3人が風邪を引くなんて!」課長の愚痴が聞こえる。

 (そうか、病気か。それなら安心だ!)笑顔で仕事をし、勤務を終えて事務所のドアから出ると「晴美、こっちよ!」真美の声がする。
「真美、一体どこに行ってたのよ。心配してたのよ!」
「急用が出来ちゃって。それより、きょっと付き合って!」

 「構わないけど。店はいいの?」
「今日はお客なの。特別招待だって」
「おかしいわ、何か隠してる。正直に言って、真美!」
「隠してはいないよ。とにかく行こう」真美は晴美の腕を掴んで歩き出した。

 2人が腕を組んで歩いていくと、自宅へ帰るサラリーマンが大勢いて混雑している。
「とりあえず、あそこかな?」真美は歩き出した。
電車に乗り、駅を降りて歩いていくと「東京カルチャー」の看板が目に付く。

 「真美、2人でヌードやるの?」
「今日は違うの。行けばわかるから」建家に入り、受付をすますと、教室に入った。
「晴美、これで撮るのよ。私も撮るから」カメラを渡す。
(どういうつもりかしら。ヌードを撮るなんて…)真美の意図がわからない。

 それでも、カメラの準備をしていると3人の女性が入ってきた。
「それでは、始めましょう」ドアに鍵が掛けられ、3人の女性が脱ぎだす。
スーツ、下着を脱ぎ全裸になると、指導者からポーズを取らされ「これがスタンダードです」その言葉で「パシャ、パシャ」スイッチが押され、晴美も押していくが「似てるけど、そんなはずないし…」なおも撮っていく。

 「これも、行きましょう!」足を開かせたから、絨毛に囲まれた淫裂が見えた。
(イヤらしいわ、性器まで見せるなんて…)カメラから顔を外すと、モデルの顔が強ばった。
(間違いない。郁恵に佳子に朋美だ!)ジッと顔を見ていると「晴美、撮るのよ、あそこを撮らないと!」「わかった、撮るわ」スイッチを押し、3人の淫裂を数枚撮ると、乳房なども撮っていく。

 (そうか、真美さんが仕組んだんだ。だったら、遠慮しないからね)自分を虐めた3人のヌードを撮り続け、講座は40分で終わりになった。
「お疲れさまでした」その言葉で、3人は脱いだ服を着ていき、終えると鍵が外され出て行く。

 「真美さん、ありがとう。これでスッキリした。明日からは虐められないですむし…」
「何の事なの。私、何もやってないわよ」とぼける真美だが(晴美が笑顔になれてよかった…)笑顔になっている。

 2人は外に出て、町の中を歩いていくが「そうだ、今夜はおごるって言ってた!」思い出したのか、また駅に向かう。
電車に乗り、また、歩き出すと美紀の店に来た。
「行こう」中に入ると「待っていたわ、こっちよ」美紀が案内していく。
「今日は、客ですからね」
「わかってる。秀夫に付けて置くから楽しんで!」美紀は飲み物を運ばせてきた。

 「晴美、今日は楽しかったでしょう?」
「これも真美さんのお陰よ。ありがとう」真美に抱きつくと「まだ早いわよ、帰ってからよ」そう言いながらも、裾から手を入れ乳房を掴む。
「着けてないんだ!」
「着けるなって、言われてたから…」

 「これからは、着けないと駄目よ」乳首を指先で転がした。
「そうする。真美、私もしたいの」
「私より、いいのが来るから待ってて!」真美が言う通りで「楽しんでるか?」高橋と佐藤が現れた。

 それに、あの3人も現れたが、全裸にYの字の紐水着を着ている。
「乳首が見える。それにヘアも!」声を上げると「そんなに驚くな、これも脱ぐんだから」淫裂を隠す紐を外して、丸見えになった。

 「これならいいだろう。楽しまないとな」肉竿を取りだし、背中を向けたまま、太股に乗せた。
「ヒ~!」前戯なしで、淫裂に肉竿が入ったから、悲鳴を上げた。
「痛いか、それならここにも…」紐を外して乳房を揉んでいく。
「どうだ、オ○ンコ見えるか?」
「見えるわ。どうせなら、射精したら?」晴美が言うと「許して、それは許して!」泣き声を上げた。

 高橋も「それはできないよ。交代で皆とやるんだし…」別な女性を太股に乗せ、淫裂を突いていく。
同僚は「う、う、う!」晴美に見られて泣いていた。
「それなら、俺もやるか」佐藤も太股に乗せて淫裂を突いた。
3人は紐を外され、乳房を揉まれながら、高橋と佐藤に淫裂を肉竿で突かれていく。

 「これだけじゃ、面白くないな。お前達もやって見ろ!」
「そんなの無理よ。チンポないし…」
「指でもいいぞ」
「イヤよ。変に思われちゃうわよ」
「そうだよな、オッパイだけならいいだろう?」

 「それ、面白いわ。私、やってみる!」真美は乳房を握り締め、乳首を指で挟むと潰す。
「私もやるわ」晴美も乳房を握り乳首を指で挟んだ。
「どう、オ○ンコしたくなった?」
「謝ります…。もうしません…」泣きながら、晴美に詫びを入れる。
「あなたはどうなの?」別な乳房を掴むと「二度としませんから、許して下さい…」3人は全裸になって晴美に謝罪した。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
281位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
狙われた女教師 連載中 
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事数メーター