赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

「性母マリア伝説」第6話 神の声  

 それから3年が経った。
竜一が起こした会社は株式会社となって発展し、竜一の個人資産も数十億にまでなっている。
また、明美も2人の子供を産んでいる。
「なあ、明美、北海道の修道院に行ってみないか?」
「私も、そう思っていたの。子供ができたら、行く約束だったしね」
「じゃ、明日行こう」
「いいの?仕事の方は?」
「ああ、大丈夫だ。一日くらい休んでも」竜一は電話で部下に明日北海道に行き事を告げた。
翌日、2人は子供を家政婦に託して修道院に向かった。
 
 修道院では相変わらずマリアが1人で切り盛りをしていた。
「マリアさん!」明美が声を掛けると「あら、お久しぶりね。元気そうでよかったわ」マリアが
近寄ってくる。
「とにかく中でお話しましょう」明美と竜一はマリアに修道院の中に案内されていく。
修道院の中は3年前と何も変わっていなかった。
「マリア様にお礼を言わなくちゃ」
「そうよね。あなた達が幸せになれたのはマリア様のおかげかも」3人はミサ室に入った。
「マリアさん、3年前と同じ事をしていいですか?」
「いいけど、私、恥ずかしいわ。この年でしょう、お腹が出ているのよ」
「僕はそんなの気にしませんよ」
「わかったわ。今回で終わりにしましょうね」
「はい、そのつもりです」2人は衣服を脱いでいき、マリアも修道着を脱いで下着姿になったが
相変わらず真っ白なパンティとブラジャーだ。
「マリアさん、綺麗よ。変わってないわ」明美も下着姿になっていた。
明美とマリアはパンティ、ブラジャーと脱いでいき、竜一も服を脱いでいく。
3人は全裸になって向かい合った。
 
 明美の腹部には出産した時のミミズ腫れができていて乳首も子供に吸われてピンク色が消えて
いた。
しかし、マリアの乳首は相変わらずピンク色だ。
「マリアさん綺麗よ!」明美はマリアの乳房を揉みながら乳房を吸っていく。
「あ、あん!」喘ぎ声をあげるマリアだ。
マリアも明美の乳房を揉むと白い液が乳首から吹き出す。
「母乳なの?」
「ええ、二人目がまだオッパイを欲しがってるの」明美は片手を乳房から淫裂に移した。
真っ黒な絨毛が生い茂っており、マリアも明美の淫裂を撫でていく。
2人はいつしかシックスナイン体位でお互いの淫裂を舌でなめている。
「明美、いくぞ!」
「ええ、いいわよ」上になって尻を持ち上げている明美の腰をしっかり両手で押さえて淫裂に肉
竿を根本まで挿入していく。
「あ、あん、あん!」悶え声をあげていく明美だ。
 
 その時の(竜一さん、幸せそうね…)あの時の声がした。
(はい、とても幸せです)ピストンをしながら心で思った。
(それはよかった。もう、明美さんの能力は必要なさそうね…)
(はい、ここまできたら、もう、自分の力で切り開きます)
(そうよ。たとえ失敗しても、死ぬことを考えちゃダメよ…)
(わかってます。もうそんなこと考えません)
(それから、今日だけはマリアさんに竜一さんの精液を入れてあげてね…)
(いいんですか?)
(ええ、いいわ。マリアさんは女性として今月が最後なのよ。妊娠がもうできなくなるのよ…)
竜一は驚いた。
(ま、まさか死ぬんですか?)
(違うわ。もう、生理がこないのよ…)
(でも、妊娠の恐れはあるでしょう?)
(そう、これが最後なの。だからマリアさんに産んで貰うの…)
(い、いけない。修道女が妊娠したら事件だ!)
(マリアさんはこれが使命なの。竜一さんに迷惑はかからないから、出してあげて…)
(わかりました。必ず出します!)竜一は決心した。
竜一は明美から肉竿を抜くと仰向けになっているマリアの淫裂に肉竿を挿入していく。
「い、いいわ。気持ちいいわ!」竜一はマリアの太股を自分の太股に乗せてピストンを始めた。
「あ、あ、あー!」淫裂から淫汁を出しながら体を反らせて悶え声をあげていく。
 
 (明美さん、旦那さんを貸してね。マリアさんに射精させたいの)明美も聞き覚えのある声だ。
(でも、妊娠したら大変でしょう?)
(マリアさんは子供を産んで育てるのが使命なの。これが最後のチャンスなの…)
(でも、夫の子が!)
(心配しないで。胎内で精子は変化するのよ。神の僕として生きていく精子に…)明美は泣き出
した。
(可愛そうよ、マリアさんが。皆から軽蔑されてしまう!)
(気にしなくて良いの。出産は人間と違って簡単なの。それにそんなにお腹が膨らまないから気
づかれないの。だから信用して射精をさせて…)
(わかりました。ところで、マリアさんも神の僕として生まれたのですか?)

(そうです。あなた達のように幸せな夫婦の精子を元にして生まれたのですよ…)明美は泣きな
がらマリアの乳房を揉んでいく。
「明美さん、泣かないで。それが私の使命なの」マリアはやさしく明美の乳房を揉んでいく。
「マリアさん!」明美は涙を手で拭いていくと、その間に「でる、でる!」竜一は頂点に登りつ
めてマリアの胎内に精液を送り込んだ。
(ありがとう、竜一さん…)
(質問です。本当にマリアさんは死なないのですね?)
(心配しないで。半年後には出産するの…)
(半年後?)驚く竜一に(そうなのよ。神の僕は成長が早いのよ…)
(じゃあ、また会えるんですね)
(そうよ、いつでもいらしていいわよ。でも、私とはもう会えないかもよ…)
(わかってます)3人はしばらく沈黙した。 
 

「性母マリア伝説」第7話 二つの修道院  

  それから1年後、竜一の仕事も順調に進んでいく。
会社も大きくなって行き、竜一が1人で動かせるような事には行かなくなっていった。
「潮時だな!」竜一は明美と相談し「あなたが望むならやめてもいいわよ。私、あなたに付いて
行く」
「ありがとう。実はもう決めたんだが・・」竜一は明美にこれからのことを話していく。
「賛成。私も気になっていたし」
「本当か、じゃ、いいんだね」竜一は明美に抱きついた。

 翌日、竜一は会社の重役を前に引退を発表した。
それは新聞各社の記者も駆け付けて質問責めにあい、竜一はこれまでの経過を記者達に説明して
いた。
そして「ここまでこれたのはあの修道院で結婚式を挙げたからです。それ依頼、運が開け、つき
捲り現在に至りました」
「それで、北海道にお住まいになるんですか?」
「はい、あの近くの農園を買いましたのでそこで過ごします」この話はマスコミを通じて一斉に
報道された。
竜一夫婦はマスコミも取材や会社の関係者など気にせずに、早速引っ越した。
「ここが、新しい住まいね」子供を連れた明美は改修したばかりの家の前に立った。
「そうだ。ここから再出発だ」一通り、荷物を整理してから家族は修道院に向かった。
そこはこの前と何も変わっていなかった。
「マリアさん!」竜一が声を掛けると「あら、お久しぶりね」マリアが子供を抱いて出てきた。
 
 「これが子供なの?」「そうよ。私とマリア様の子よ!」「お名前は?」明美が連れている2
才の子が言う。
「エミリというの」
「ふーん。エミちゃんだ」
「そうよ。エミリの友達になってね」マリアが笑顔で言う。
「出生届けはどうなさったんですか?」
「私の養子としたの。可愛そうだけど捨て子として届けて養子として育てているの」
「1人で大丈夫ですか?」
「平気よ。皆がそうしてきたんだから」明るい顔でマリアが答えた。

 竜一達が話していると、1台の車が停まって若い2人が降りてきた。
「やっぱりここだ。ほら榊原さんもいるし!」
「あなた達、何者なの?」明美が聞き返すと「実はここで結婚式を挙げたいんです。榊原さんは
ここで結婚式を挙げて幸せを掴んだでしょう」
「ええ、そうだけど、それはあなた達の考えしだいよ」
「わかってます。でも、ここからスタートしたいんです」
「でも、本当に質素ですよ。いいんですか?」子供を抱いたマリアが答えた。
「いいです。ここであげたいんです。ここが出発点ですから」
「じゃ、中に入って!」マリアと若いアベックが修道院の中に入っていく。
その間、子供を明美が預かっていたが、また1台車が停まってアベックが降りてきた。
「ここだわ。この修道院よ」
「あなた達はどうしてここに?」
「ここで結婚式を挙げたいのよ。榊原さんでしょう?」
「ええ、そうだけど」
「じゃあ、私達の気持ちもわかって!」
「でも、あなた達の気持ち次第ですよ」
「それはわかってます」明美は前と同じ事を言う。
 
 このようにして修道院には結婚式を挙げたいアベックが押し寄せ、それを町が見逃す訳がない。
観光協会は寄付を申し入れて修道院を建て直すように薦める。
「このままでいいのよ!」マリアは断ったが教会上層部の決断で、改修が決まってしまった。
落胆するマリアと明美だった。
「マリアさん。私、悔しい!」「私だって悔しい!」明美とマリアが泣き出した。
(マリアさん、明美さん、泣かなくても良いわよ。また別なところに引っ越しましょう…)あの
声がまたした。
その声に「お願いです。私の農場に引っ越してきて下さい!」明美は叫んだ。
「そうだよ。僕の農場に修道院を作れば良いんじゃないか」竜一にも聞こえて言う。
(ありがとう。そうさせてもらうわ。マリアさん決まりましたね…)
(ええ、私もそのほうがいいと思う)マリアにも聞こえた。
 
 翌日から、広い農場の片隅で修道院の建設が始まった。
小さな町に観光協会と竜一の二つの修道院が作られていく。
その間、マリアは竜一の家ですごしている。
そして、竜一の寄進した修道院が落成した日の夜、あの時のように3人はマリア像の前で全裸に
なって抱き合っていく。
「あん、あん!」マリアの上に明美が覆い被さってマリアの乳房を揉みながら乳首を吸っている。
竜一はその明美の腰をしっかり押さえながら淫裂に肉竿を挿入してピストンをしていく。
(良いわ、感じるわ。あなた!)明美の淫裂からは淫汁がビッショリと垂れていた。
(竜一さん、修道院ありがとう。お礼として明美さんに能力を授けます…)また、あの声がする。
(能力って何ですか?)竜一は不思議に思って思いこむ。
(それは、あなた達が窮地に立ったときにわかります…)と返ってきた。
 
 翌朝から修道院でマリアが切り盛りし明美も手伝いをしている。
その一方で観光協会と上部で建てた修道院も落成して結婚式が行われていた。
それは派手に行われ、教会の一部から批判が上がったが、金が欲しい教会上部は黙認している。
マリアの修道院は質素で本来の修行を目的とするためには最適だが、あまり訪れる人はいない。
しかし、竜一と明美の夫婦は毎月一回、マリア像の前で全裸になって抱き合っている。
マリアが仰向けになり、明美が上に乗り、その明美を竜一が後ろから肉竿を淫裂に挿入していく。
明美の垂れ下がった乳房をマリアが揉み、それは繰り返し行われた。
 

「性母マリア伝説」最終話 エピローグ  

 それから25年が過ぎた。
竜一夫婦とマリアは頭に白髪が多くなっている。いつものように農作業をしていると、何かに取
りつかれて落胆した様子の青年が目に付いた。
「あれは!」竜一はその青年を説得して修道院に連れていくと修道院はマリアに変わってエミリ
が切り盛りしている。
青年はエミリに全てを打ち明けた。
「そうだったの」エミリは一糸まとわぬ全裸を青年に晒し、青年も一糸まとわぬ裸になった。

 2人はマリア像の前で抱き合い、エミリは乳房を揉まれながら淫裂に肉竿を挿入される。
「気にしないでいれていいのよ」その言葉に肉竿がエミリの膣深くまで入り込み、エミリの淫裂
から真っ赤な処女喪失の印が流れ出た。
そしてピストンが始まりエミリの膣深く精液を送り込んだ。
青年はすまなそうにエミリに口付けをしてマリア像を見つめる。
その青年の顔があの思い詰めた顔から希望に満ちた顔に変わっていく。
青年は衣服を着込むとエミリに挨拶をしてから修道院から出た。
 
 そして、半年後にあの青年が希望に燃えた顔で女性を連れてエミリの修道院に現れた。
「エミリさん。お腹を見せて下さい。僕の子ができたかどうか確認させて下さい」
「いいわよ」エミリは笑顔で修道着を脱いで「ほら、大丈夫でしょう」
「安心しました。実はお願いがありまして」
「わかってます。結婚式をあげたいんでしょう」
「ええ、しかもマリア像の前で生まれたままの姿でしたいのです」連れの女性が赤い顔をしなが
ら言う。
 「わかったわ。いらして!」下着姿のエミリはミサ室に2人を案内していく。
そして「私もヌードになるわ」パンティ、ブラジャーと脱ぐと、股間のヘアが一本も生えてない。
連れの女性も衣服を脱いでいくと豊かな乳房が露になっていく。
乳首が恥ずかしさで堅く勃起し、股間はエミリと同じく絨毛が綺麗に剃ってあり、ピンクの淫裂
から肉襞が飛び出していた。
エミリは聖書と十字架を持って2人に愛を誓わせている。
その後2人は抱き合って淫裂に肉竿を挿入していくが、それは竜一と明美がした事と同じだ。
青年にも竜一が聞いた声が聞こえたかどうかは不明だが数年後に青年が事業に成功して幸せな家
庭を築いた事をマスコミが伝えていた。
それに、竜一が寄進した修道院の近くの広大な農園を購入したことも伝えている。

                                             ー完ー

▲Page top