赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

 引き裂かれた白衣 第25話 ハプニングショー  

 束の間の憩いを楽しんでマンションに戻ると中村が「行こう、今夜は飲ませて やるぞ」珍しく誘
った。
(おかしいわ、おごるはずないし。きっと、何かあるはずよ)不審に思うが逆らえず、中村に連れら
れキャバレーに行った。
今までは、アルバイトでホステスとして働いた奈美や良子は、今回は客として来ている。
「あら、珍しいお客さんね」ママが笑顔で話し掛けてきた。
「そうなんだ、今日は客だからな。でも、ママがこの4人の裸が見たいというなら、いつでも脱ぐそ
うだよ」それには一瞬にして顔が強ばった。

 (そんな事言っていません。こんな大勢の前でヌードなんてイヤです)項垂れたままだ。
「嬉しいわね、だったら裸が見たいわ。今流行のハプニングをやってみたいから」笑顔で奈美の顔を
見ている。
(イヤよ、ヌードだなんてイヤです!)下を向いて、手で股間を押さえた。
「聞いての通りだ。派手に素っ裸で行こうぜ」酒が回っているのか中村も上機嫌だ。
「それじゃ、お願いするわ。ここで脱いでね」
(イヤよ、ヌードなんてイヤです)そう思っても、中村がやれと言わんばかりに見つめている。
4人は覚悟を決め立ち上がりシャツを脱ぎだした。

 それは他の客に見えており「見ろよ、ストリップじゃないか。ハプニングをやる気だ!」声が上が
った。
「まさか、素っ裸はないよな。見たいけども…」
「そうだよな。せいぜい、オッパイどまりさ」客は4人のシャツを脱ぐのを見ている。
その目の前で、シャツを脱ぎブラジャー姿になった。
カラフルなブラジャーに客達も歓声を上げている。
シャツを脱ぐと、スカートも脱いだ。
各自、ブラジャーと揃いの色をしたパンティを履いている。

 「脱ぐのかな、パンツも?」
「見たいな、パンツの下がどうなっているか」興奮しながら見ている。
(性器だけは見られたくないのに…)強ばった顔をしながら、背中のホックを外してブラジャーを脱
いだ。
「いいぞ、次はパンツだ!」客は拍手は歓声を上げ店内が騒然となった。

 (これは脱ぎたくないけど…)歓声の中4人は、腰のゴムを掴んで引く下げていく。
それをジッと客が見守っていた。
パンティが膝まで下げられ、恥丘の下にある淫裂が露わになっていく。
「見えたぞ、オ○ンコが丸見えだ!」やっと、生えたばかりの絨毛は淫裂を隠しきれずに、ピンクの
割れ目が生々しく顔を出している。
「凄いぞ、オ○ンコ丸出しだなんて!」淫裂を見て、また大歓声が上がった。
(性器まで見られている…)顔を強ばらせ、太股を震わせなら背中を丸めて足を上げた。
「お~。いいね、ピンクのヒラヒラだ!」」淫裂からはみ出した肉襞が見える。
4人はなおも足を上げてパンティを脱いで全裸になった。
(こんな所でヌードだなんて。ホステスだって、全部は脱がないのよ)項垂れたままだ。

 「お嬢さん、一緒に踊りませんか?」酔った客から声が掛けられた。
「踊って来いよ、息抜きも必要だから」ニヤニヤして言う。
「わかりました、踊ります」声を掛けられた良子は、震えながら客に抱かれてダンスを始めた。
客は良子の腰を押さえて触っていく。
「イヤ、お尻はイヤです…」蚊のなるような声で拒む。
「お礼は弾むよ。ホステスよりも弾むからいいだろう?」強引に唇を吸い、乳房も撫でている。
(やめさせて、中村さん!)泣き出しそうな顔で見るが、中村は笑顔で見ていた。
(こんなのイヤ。知らない男にオッパイや性器まで触れるなんて…)触られるのを我慢して一緒に踊
っている。

 それに刺激されたのか「お嬢さん、私と踊ってくださいよ」次々と名乗り出て、奈美達は酔った客
に強引に抱かれて踊らされた。
当然、手が淫裂や乳房を触っている。
「イヤ、そこはイヤです!」首を振るが容赦はない。
反対に「お小遣いを上げるよ。だからいいだろう?」執拗に指が淫裂まで入って行く。
(やめて、膣に入れないで…)その手を押さえたいが、中村の目がしっかり睨んで無理だ。
「交代しよう、僕も踊りたいよ」店の客は交代して、4人の体を触りまくった。

 4人が酔った客の相手をしている間、中村は店のママと話している。
「以外に受けたわね。素人っぽさがいいのかしら」
「それに、これが今流行なんだよ。何が起こるかわからないのが」
「ねえ、暫くやってくれないかしら。勿論、ホステスと同じく出すわ」
「同じか、それじゃダメだな。素っ裸になるんだぞ。ママだって、素っ裸はイヤだろう?」
「わかったわ、3割り増しでどう?」
「それならいいよ。明日から来させるよ」
「お願いするわ。飲み代はサービスするから」
「そうしてくれ。あの子達も生活が大変でね。ソープはイヤだって、聞かないし」
「そりゃあ、当然よ。あそこは、最後の落ち場所だから。ここでなら、使えるからお願いするわ」勝
手に決めてしまった。
そんな事など知るよしもなく、酔った客に抱きしめられている4人だ。

 こうして、翌日から訪問介護を終えると、息抜きと称してキャバレーで全裸になって踊るようにし
ていた。
久恵や百合にとっては、緊縛写真を撮られることがなくなったから、良かったかも知れない。
「飲もうよ、飲まないと収まらないの」
「私もよ、飲んで勢いを付けないと」ウィスキーを飲み干してから服を脱ぎだす。
「いいぞ、全部脱げ!」酔いが回った客も歓声を上げている。
(勝手なこと言わないで。人前で裸になる身にもなってよ)そんな気持ちを押さえ、下着も脱いで全
裸になった。

 「いいね、ヘアチョロで。どうせなら、パイパンになれよ」4人は客に淫裂を触られていく。
奈美は「そんなに触らないで。それより踊りましょうよ」淫裂を触る手を退けて抱き付いた。
「わかった、踊るよ。それより、お小遣い上げるから、今夜どう?」
「それはダメなの。ここで楽しむ趣味だから」
「残念だな、こんなに興奮しているのに」股間を触らせた。
(オチンチンが膨らんでいるわ。男はセックスしか考えていないのね)膨らみがわかった。

引き裂かれた白衣 第24話 出産の義務  

 それに満足したのか「あ、あ、あ~!」悦びの声を上げ、流れ出た淫汁が太股まで濡らしていた。
2人が、なおも続けると「行く、行く~!」急にバッタリと俯せになった。
ハア、ハア!」ディルドーを淫裂に入れたまま、荒い呼吸をしている。
(私はイヤだけど、こんなのでも気持ちいいんだ…)淫汁で濡れたディルドーをジッと見ていた。

  暫く、沈黙が続いているが「良かったわ。またお願いできますか?」満足そうな顔だ。
「ありがとうございます」2人は礼を言う。
「それから、言いにくいことなんだけど、あの子とセックスして欲しいの」
「それは、いくら何でも無理です。ヌードまでですから…」
「そこを頼むのよ。手が動くようになったら『ご褒美に、してあげる』って励ましたて欲しいの」
2人とも看護婦だから、母親の気持ちは痛い程わかっている。

 しかし、体を売る行為はしたくないから、黙ったままだ。
「中村さんが、やれと言ったらやってくれますよね?」弱みを突いてきた。
「そう言われれば、セックスもします。でも、売春じゃありませんよ、ご褒美です」
「勿論です、息子も売春はしたくないです。中村さんには、私から言っておきます」
(やるしかないわ、あの人とセックスを…)項垂れたままだった。
2人はその後、家の中を片付けて3時に家を出た。"

 一方、百合や良子も、同じようなことをして、夕方マンションに戻ってきた。
「初日の感想はどうだった?」中村は4人の服を脱がせ、乳房や淫裂を触っていく。
「ヌードは恥ずかしかったです。それに、ヘアのない性器は見られたくないです…」
「俺はこの方がいいな。オ○ンコの中まで見られるし」淫裂を指で広げた。
「でも、普通にしたいんです。ヘアのある性器に」
「そんなにパイパンが嫌いか。だったら伸ばして言い。その代わり、今夜は4人とも相手だ」
「わかりました、お相手します」4人は交代しながら中村に馬乗りになり、腰を振っていく。

 この新しい訪問介護は、介護で疲れた女性達には好評で、予約が殺到して満杯になった。
当然、中村は人員を増やそうとするが、無理がある。
「素人でも、この誰かと一緒なら、使えるかも…」閃いたのか、早速電話を掛けまくった。
「若い女で、破産しそうなやつが欲しいな。それに、スタイルが整ったやつ…」本業そっちのけで若
い女を捜していた。

 その一方、忙しい日々を送っている4人だが、久しぶりに仕事の空いた日があった。
「今日は何もないから、あいつのところへ訪問だ」中村は4人の仕事仲間だった、克子のところへ訪
問させた。
玄関のチャイムを押すと「お待ちしていました」全裸の克子が立っている。
「か、克子。裸でいるの?」"
「ええ。主人の世話はヌードで命じられているの」項垂れたまま答える。
「ヌードでいるんだ…」
「それより上がって。久しぶりだしね」克子に案内されて応接室に入ると女性が現れた。

 「あら、お友達ですか。それでしたら、是非、見ていって下さいね。これから始めますから」
「奥様、それは夜にしたいのですが?」
「ダメです。今からです、息子も待っていますから。さあ、こちらへ」4人は後ろを歩いていくと、
ベッドが置かれ、男性がいた。
「克子さん、始めて。今年中に妊娠しないと、あなたを風俗に売りますからね」
「奥様、売らないで下さい。一生懸命やりますから」泣き声で馬乗りになった。

 それには「セックスするんだ!」4人は声を上げた。
「そうです。克子さんにはお金を掛けましたからね。息子の子を産んで貰わないと」
「産みます。ですから、風俗には行きたくありません」泣きながら、仰向けになった男性の肉竿を掴
んで腰を沈めた。
「あ、あ、あ~」喘ぐような声を上げ、ゆっくり腰を振り出すと、不自由な手が乳房を揉みだす。
主は「大部手が効いてきたわ。もう少しよ。そうしたら、あれもできるから頑張るのよ」息子が克子
の乳房を揉んでいるのを満足げに見ている。

 (そんな、子供を産ませるだなんて…)4人は驚きながら克子の淫裂を見ている。
その目の前で「う~!」男性がうなり声を上げた。
克子は動きを停めて、胸と胸を合わせに行くから、当然、後ろが丸見えになっている。
(射精だわ、精液が流れている!)淫裂から液体がこぼれている。
克子は「奥様、射精されました…」泣きそうな声で降り、淫裂を押さえた。

 「今度こそ、大丈夫でしょうね?」
「はい。一番危ない日ですから…」
「それならいいわ。産んだらご褒美に、一生ここに住んでいいですよ」
「ありがとうございます、必ず産みます」礼を言って、こぼれでた精液を拭いた。

 「それより、お友達と話したいでしょう、応接室を使っていいわよ」
「わかりました。使わせて貰います」礼を言って、克子は4人と応接に戻ったが、戻るなり「克子、
本当に産むの?」奈美が心配そうな顔をしている。
「そうよ、それしか道がないの。レイプビデオや写真を売られたくないし、体は売りたくないし…」
泣き声だ。
「でも、本当にここに一生置いてくれるのかしら?」
「それは、保証するそうよ。母親代わりに居ても、いいの」
「代わりじゃなくて、母親でしょう?」
「それは無理よ。私は買われた身なんだから…」それだけ言うと泣くだけだ。
暫く泣いてから「コーヒー入れるわね」やっと元気を取り戻してコーヒーを入れ世間話を始めた。

 4人は2時間程克子と話して家を出た。
「可愛そうだわ、自由がないだなんて」
「でも、ある意味では幸せよ。見ず知らずに、ヌードを晒せることもないし」
「それに、夫婦と同じように、セックスしているわ」
「でも、妊娠が条件よ。子供が産めなかったら風俗に売られるか、レイプビデオ や写真が売られる
のよ」それには皆が黙ったままだ。
(私も、いずれはああなるかも知れない…)皆口を開かずに歩いていた。

「とにかく、今日は息抜きに行こうよ」奈美がやっと口を開いた。
「そうよね、せっかくの休養日だし」繁華街を歩いているとブティックがある。
「欲しいけど、今の生活では無理だし」
「そうよね、生活費だって大変だしね」
「だったら、映画に行こうよ」
「そうね、それなら安いし」4人は映画館に入って、束の間の楽しみを味わった。

引き裂かれた白衣 第23話 特別な介護  

 中村に犯された良子はマンションに越し、そこから奈美達と一緒に病院に通っている。
それに、アルバイトと称してキャバレーで働かされていた。
中村は4人が働くことで、また利益を出しているが、予想もしなかった事態がまもなく起きた。
病院の経営危機が起こったのだ。

 それは、4人が勤務する病院で、保険点数の水増し請求が発覚したからだ。
保険取り扱いが停止され、実費で通う患者もいないから、事実上の閉院となってしまう。
そこで、経営を安定させるため、保険の効かない科目を中心とする体勢を取って、診療を行うことに
した。
当然、医師や看護婦も不要となり解雇され、その中には奈美達4人もいた。
4人が解雇されたことで中村も思案した。
「困ったな、何とかしないとな」思案したあげく、今まで中断していた訪問介護の事業を本格的にス
タートさせた。

 2人一組で、寝たきりの家庭を回っていくが、ただの訪問介護ではない。
中村は、事情のある家庭を捜しだして訪問させている。
初めての仕事なので、中村は奈美と久恵を引き連れ介護先を訪ねた。
介護先では母親が出迎え、中に案内されるとベッドで横になった男性の介護を始めた。
「とにかく、お風呂が大変でして」
「わかりました、そちらからします」中村の合図で2人は顔を強ばらせたまま、白衣を脱ぎだした。

 それには「本当にいいんですか?」母親が信じられないと言った顔をしている。
「言った通りのことは、させていただきますから、ご安心下さい」
「それなら、いいんですが…」なおも心配顔だ。
そんな、心配顔の前で2人は下着も脱いで全裸になっていく。
「ヘアがない!」無毛の淫裂に声を上げた。
「無い方が衛生的ですから。それに、男性は喜びますし」
「そうですか。さすがにプロに徹していますのね」奈美の話に感心している。
(裸には、なりたくないけど仕方ないし…)黙って、脱いだパンティとブラジャーを白衣の下に仕舞
い込んだ。

 全裸になると寝たきりの男性を抱きかかえて、車椅子に乗せたが、手を伸ばして乳房を触ろうとし
ている。
「楽しみは後でしましょう。綺麗になってからに…」奈美は手を乳房に押し当て話すと、満足そうな
顔になっていた。
「良かった、喜んでいる」見ていた母親も安心顔になっていく。
「ここは、任せておきましょう」中村は依頼主とその場から出て、3人が残された。

 奈美達は、浴室に入って男性の服を脱がしていくと、やはり、肉竿が大きく膨らんでいた。
(堅いわ、こんなに堅くなっている…)浴槽に入れて体を洗うたびに、肉竿が手に当たっている。
「ここも洗いましょうね」その肉竿も洗いだす。
撫でるように、先端から手を動かしていくと「う、う~!」気持ちいいのか、呻き声を上げている。
(これ以上やったら、射精するかも…)それを、されないように注意しながら睾丸や肛門を洗った。

 2人で全身を洗い終えると、また寝室に連れてきた。
「申し訳ありませんが、添い寝してあげてください。楽しみにしていましたから」母親が頼み込んだ。
「わかりました。お任せ下さい」中村は2人に添い寝するように命令する。
言われた久恵は、乳房を口に押し当て乳首を吸わせる。
奈美は腰のところに顔を埋め、口と手で肉竿を擦っていく。
男は「う、う~!」呻き声を上げ肉竿を更に堅くしていく。

 「お願い、性器を見せながら出させて。私のじゃ汚いから」
「聞いての通りだ。馬乗りになってやれ。それに、久恵はここに座れ」奈美はシックスナインで淫裂
を触られながら、肉竿を手でさすり、久恵は脇でMの字開脚している。
(出さないで、お願いです…)そう願ったが、奈美の手で次第に登りきり、先端から液体が顔めがけ
て噴き出した。
「良かったわね。これで息子もグッスリ寝られます」笑顔の母親を後目に奈美は肉竿を拭いた。

 射精を済ませた後、男性の体を調べ上げ、服を着せて寝かせた。
その後2人は家事の世話もしていく。
「申し訳ありませんね、こんな事させて」
「いいえ、仕事ですから。それより、そろそろ始めてはいかがで?」
「本当にいいんですか。何だか、恥ずかしくて…」
「遠慮は要りません、私は邪魔でしょうから帰りますが、後はこの2人がやりま す」中村はそう言
い残して帰った。

 「それじゃ、お言葉に甘えさせて貰うわ、こっちでしましょう」母親は2人を寝室へ案内した。
「何をするか聞いているわよね。私、夫を亡くしてからしてなくて寂しいの」
「心得ております。早速ご奉仕を始めます」奈美と久恵は女性の服を脱がしだす。
「声を上げるかも知れないけど、変に思わないでね」
「それは変じゃありませんわ、皆さんがそうなさいますよ」安心させるかのように言いながら、下着
姿にした。
その下着を脱がせ、全裸にしてベッドに寝かせる。

 「これでして。痛くないように…」ディルドーを手渡す。
「その前に、こうしませんと」2人は1個ずつ乳房を分け合い、揉みながら吸っていく。
「いいわ、凄くいい。夫にされた以来してないの…」体が反り返り2人の頭を撫でだす。
2人は暫く乳房を吸い、久恵が淫裂の愛撫を始めた。
指が絨毛を掻き分け、淫裂を撫で出すと「あ、あ、あ~!」声を上げ腰を動かしていく。
「奥様、もっとしますね」敏感な突起の包皮も捲り、指先で撫でていく。
「入れて、早く欲しいの…」目を閉じて催促した。
「わかりました。お入れします」膣腔を指で広げ、ディルドーを押し入れた。

  膣の中はすでに濡れているから、すんなりと入っていく。
久恵はディルドーを小刻みにピストンしながら、奥へと目指して押し進める。
「あん、あん、あん!」腰の動きが大きくなり、淫汁が流れている。
「気持ちいい、あなたもっとして!」亡くなった夫を思い出しながら声を上げている。

 奈美の方も動きを早め、乳房を揉みながら唇を吸い出す。
「お願い、後ろからして、あれが好きなの」そう言うと、四つん這いになった。
「奥様、行きますよ」久恵は後ろからピストンをしていく。
「いいわ、凄くいい!」髪の毛を振り乱しながら声を上げている。
「私はここにします」奈美は垂れ下がった乳房を揉み、時折、指で乳首を軽く潰している。

引き裂かれた白衣 第22話 犯された良子  

 「克子、一緒に入ってやれ。いいか、これは治療だからな。勘違いするな」
「治療ですか…」自分に言い聞かせて、白衣を脱ぎだす。
それを見た母親は「後はお願いします」そう言って立ち去る。
(売春をするんだわ、治療という名目で…)強ばった顔をして、ブラジャーを脱いだ。
乳房が揺れ動き、青年はその乳房をジッとみている。
(オチンチンが膨らんでいる。あっちのほうは正常なんだ…)肉竿を見つめ、パンティを脱いだ。

 絨毛は昨夜に剃り落とされ、ピンクの淫裂が剥き出しになっている。
青年は手を伸ばして、淫裂を触ろうとしている。
勿論肉竿が限界まで反り返っている。
(触りたがっている…。少しだけならいいわ)腰を曲げ触らせると、冷たい指先が淫裂を撫でていく。
「続きは後でしましょう。一緒に入ってからにね」抱きかかえて浅い浴槽に入れる。
克子も一緒に入り、抱き付いていく。
青年は何とか腰を動かし淫裂に肉竿を押し込もうとしている。
「待って、今はダメ。終わってからよ、それまでは…」乳房を口に押しつけた。
その乳首が吸われて「あ、あ、あ~!」克子の声が響いていく。

 乳房を吸われた後は、体の隅々まで石鹸で体を洗い、克子と青年は全裸のまま寝室に入っていく。
「私がします…」ベッドに寝かせると克子は馬乗りになった。
(こんな、売春みたいのはイヤだけど…)肉竿を淫裂に押し当て、腰を沈めていく。
(少し痛い、まだ早いかも)痛みを堪えて、腰を振り始めた。
青年も、揺れる乳房を掴もうと手を伸ばしてきた。
(無理よ、今のあなたでは無理よ)ジッと見つめながら腰を振っていると、子宮の中が暖かくなった。
「イヤ、射精はイヤ!」声を上げたが、すでに遅く、淫裂から液体が流れ出ている。

 克子は急いで浴室に入り淫裂を洗いだす。
「もういや、射精なんてイヤよ」泣きながら洗った。
洗い終えると、戻って青年に服を着せ、克子も着込んで白衣姿になっていく。
中村はそれを見届け、屋敷から出て行き、残された克子は、青年と母親の世話をしながら夕方まで過
ごし、夕方に中村が迎えに来た。
帰り際に「いろいろお世話になりました。これはお礼です」礼を言われ封筒が渡された。
それを受け取り、屋敷を出て行く。

 「もう、売春みたいのはイヤです」歩きながら言う。
「あれは売春じゃないぞ。立派な治療だ。そう考えろ!」中村は取り合おうとはしない。
(売春よ、お金まで貰ったのよ。逃げ出したいけど…)仕置きが怖くて逃げる気にはならない。
克子はその後、1日置きに呼ばれ青年の精液を子宮で受け止めさせられた。

 それから1ヶ月が過ぎた。
奈美や久恵達は相変わらずアルバイトと称して全裸を晒している。
そんな中、あの母親が中村の事務所を訪ねてきた。
それは、克子を売り飛ばすためで、夜逃げをした女を置く訳には行かないと考え、克子を売ることに
決めた。
その考えに、相手方も了解して、負債と損害金と称して700万を支払った。

「克子、明日からはヘルパー先に住み込みだ」意味がわからないまま言われて、驚きの顔だ。
「あなたの借金を立て替えたの。息子の世話をお願いね」
「そんな、もう体を汚したくありません」
「そうは行かないわ。息子の性処理をして貰わないと」
「そう言うことだ。逃げたら、ホントに写真とビデオを親元や親戚に送るからな」そう言われれば「わ
かりました。そうします…」項垂れて、返事するしかない。
「わかったら、今すぐ荷物をまとめろ!」克子は言われた通りに荷物をまとめて、翌日にあの青年の
家に越した。
奈美や久恵達は不安顔だが「いいか、逃げようと考えると後で痛い目に遭うぞ。それに、自由もなく
なるからな」克子のレイプ写真やビデオテープを見せる。
(逃げられない、このまま一生体を汚されるんだわ。それに、いずれは売られてしまうかも知れない
…)奈美達は涙を流した。

 そして、数日後、中村が久しぶりに深夜の病院に出かけた。
そっとナースセンターを覗くと、奈美が待機している。
(おかしいな。1人だけのはずは、ないが…)奈美に気づかれないように病室を歩いて行く。
一般病室を抜け、なおも歩くと、呻くような声が聞こえる。
「何だろう?」爪先を立てて、声のするほうに行くと診察室から音がしている。
そっと覗くと、薄暗い電気の下で白衣を脱いで、診察ベッドに女性が寝ている。

 「吸って、乳首を吸って…」独り言を言いながら、乳房を揉んでいる。
(オナニーだ、良子がオナニーしている!)ジッと見つめると、指先が乳首を掴み、転がしていく。
「膣にもして。オチンチンで…」パンティの中に手が入り動いている。
「気持ちいいわ。もっと、もっとして!」パンティを引き下げ両手で淫裂を撫でていく。
(あんな、可愛い顔しながらスケベなやつだ。オ○ンコしたいとは…)黙って見ている。
そして、ストロボをオフにし、カメラのスイッチを押していく。
そんな中村には気づかず「して、オチンチンでして…」乳房を揉みながら淫裂を触っていた。

 良子は誰もいないと思いこみ、大胆になっていく。
中村に淫裂を向け「後ろからして、お願いよ…」四つん這いになり、淫裂を触っていく。
それには、中村もズボンを引き下げて「やってやるよ、お望み通りに!」いきなり腰を押さえて淫裂
に押し込んだ。
良子は「あ、あ、あ~!」膣が裂かれる痛みに声を上げる。
「やりたいなら、やってやるよ」肉竿が根本まで一気に入った。
「ヒ~!」悲鳴を上げ体を震わせ、淫裂から太股目がけて、鮮血が流れ出した。
そんな事などお構いなしに、中村は腰を振り始める。
良子は「抜いて、お願いです…」泣き声で頼み込む。
「やりたがっていたじゃないか、お望み通りにやって上げるよ」ピストンを早め、胎内に噴射した。

 「訴えてやる、レイプしたから訴えてやる!」良子は泣きながら淫裂を拭いている。
「やってくれと、言ったじゃないか」中村は開き直っている。
「言ってない、そんな事言ってない!」
「言ったさ。ほら、こんな写真もあるぞ」カメラの画像を見せると、そこには、オナニーしている良
子がハッキリ映っていた。
「消して、お願いです!」
「そうは行かないな、訴えられたときの証拠品だ。消したら、こっちが悪くなるし」
「訴えません、ですからそれは消して下さい!」
「夜勤明けに来てくれ。それから話そう」中村は汚れた肉竿を仕舞い込み病院を出た。

 翌日、良子が中村のもとに現れ、中村はいつもの手を使い、良子をマンションに連れ込み「脱がな
いならこれをばらまくよ」と脅して全裸にさせカメラに収めた。
良子もオナニー写真よりはヌードがましと考え従い全裸を撮らせた。
写真を撮り終えると例によって抱き付き、淫裂を肉竿で汚していくが、良子は泣くだけで、何もでき
なかった。

引き裂かれた白衣 第21話 夜逃げの罰  

 携帯を見た中村は会社に戻り「お待たせしました」応接室に入ると克子がいる。
「中村さん、お願いがありまして」顔を見るなり言いだした。
克子は中村の思惑通り、ホストの保証人なり、利息を合わせて400万の借金を背負わされ、ヤクザ
から取り立てに合っていた。
「ヤクザが取り立てに来るんです…」泣きながら言う克子だ。
一通り、話を聞いて「わかりましたが担保がない以上、あなたのヌードを担保にしないと…」いつもの
手がでた。

 「ヌードですか…」
「そうです、あなたのヌードでお貸しします」克子は暫く考えたが、取り立てから逃れたい一心で承
知してしまい、全裸を撮られた。
(うまくいったぞ。こんなにうまく行くとは思わなかった)終始笑顔の中村だ。
中村は克子の全裸を撮ると強気に出ている。
「イヤ、お願い許して下さい!」
「ダメだ。俺とのオ○ンコビデオを撮るんだ」泣きながら拒む克子をあのスタジオに連れ込み、レイ
プ同然に本番ビデオを撮った。
それが済むと絨毛を綺麗に取り払い、奈美や久恵達と同じく無毛の淫裂にした。

 それから数日後に、夜勤の克子は久恵がしたように、奈美の前で全裸になって待機している。
(克子も脅されているんだわ)無毛の淫裂を見て悟った。
奈美が思った通りで、普通勤務の日は仕事が終わると、奈美がアルバイトしているキャバレーに連れ
てこられた。
「いいか、お前もこれを着るんだぞ」奈美の制服姿を見せた。
「イヤ、イヤです。裸で人前なんてイヤです」当然拒む。
しかし、ビデオを盾に脅されては従うしかなく、泣きながら、乳房丸出しのブラジャーを付け、淫裂
丸出しのスカートを履いていく。

「そうだ、それでいいんだ。こうされるとチップだからな」無毛の淫裂や乳房を触られる。
「う、う、う!」泣きながらも堪えるしかない。
克子は先輩に教わりながら、客の間を回らされ、乳房と淫裂をイヤと言う程触れて仕事を終えた。
「奈美さん、この事は誰にも言わないで下さい」
「勿論よ、私のことも言わないで」2人はお互いに秘密を誓った。

 中村は4人のアルバイトで、次第に資産も裕福になっている。
それに、本業の金貸しも、不況のおかげで順調だった。
だが、克子が突然消えた。俗に言う夜逃げである。
当然、中村は「あの尼、借金を踏み倒しやがって!」怒り心頭になっている。
中村はその筋を使って探し出そうとしたが、なかなか見つからない。
勿論、勤務している病院でも話題になり、1週間後には本人不在のまま解雇が通知された。

それから1ヶ月になろうという頃、中村の事務所に克子が、男によって連れて来られた。
「許して下さい。これからは真面目に働きます!」怯えた顔をしている。
「今更、真面目はないぞ。思い知って貰わないとな」克子は久恵がマゾのモデルをしているビルに
連れ込まれた。
それに、見せしめと称して、奈美や久恵、百合も立ち会わせた。

 「やれ!」中村の合図で取り囲んだ男達が一斉に襲いかかり「いや、いや~!」叫んでも容赦ない。
服が切り裂かれ、下着も切り裂かれて、ボロ切れを身にまとっている。
乳房が飛び出し、淫裂が剥き出しになっており、それを20人近くのカメラが撮っている。
「大部生えたぞ。まずは坊主からだな」絨毛がにカミソリが当てられた。
「剃らないで、お願いです!」叫ぶが容赦はない。
絨毛が消され、ピンクの淫裂が剥き出しにされた。
「ほら、撮って貰え!」顔を押さえられ、開脚させられた。
手で淫裂を隠したいがそれもできず「う、う、う!」全裸を晒し泣いている姿が撮られた。

 だが、これでは済まなかった。
「イヤ~!」両手を押さえられ、そして、犯されていく。
「いいか、お前達も逃げたらああだぞ。言う通りにしていれば、俺以外の男とのオ○ンコはしなくて
いいぞ」確かにその通りだ。
バイブやディルドーが膣に入れられたが、本物は中村だけだ。
(逃げられない。逃げたら掴まって、集団レイプされる…)3人はイヤと言う程思い知らされた。

 克子は一人目に射精された。
「イヤ、イヤ~!」泣いても手を緩めず「今度は俺だ。バックからだぞ」四つん這いにされて犯され
ていく。
「洗わせて、膣を洗わせて~!」
「ダメだ、10回オ○ンコしたら自由にしてやるから、それまではダメだ」
こうして次々と射精され、勿論カメラにも撮られている。
そして、10人目が射精したのは、犯されてから1時間を回っていた。
克子は仰向けのまま動こうとはしない。
淫裂からは精液が流れ出ても、拭き取る気力さえなかった。

 「いいか、逃げるとこうなるんだぞ」克子の乳房を踏みつけるが、悲鳴すら上げる元気がない。
平べったくなった乳房に顔を歪めるだけだ。
(逃げられない、逃げたらビデオとお仕置きが…)震え出す3人だ。
犯し終えると、男達と中村は克子を残して出ていった。
克子は奈美や久恵達に淫裂を洗浄され妊娠は防止できたが元気がなく、抱きかかえられて中村のマン
ションへと運ばれた。

 一方中村は「どうしたらいいのか…」逃げられないようにと考えて、4人を一緒に住まわせること
にした。
考えが決まると、早速、不動産屋を当たり、マンションを借り受け、4人を住まわせた。
勿論、その隣の部屋に自分も越した。
それは監視も兼ねている。
「さてと、克子を遊ばせる訳には行かないしな…」訪問看護を思いつき、心当たりを当たって行く。

 翌朝、克子は中村に連れられ高級住宅街に入った。
「いいか、どんなことがあっても我慢だぞ。今度逃げたらソープ送りだからな」
「逃げません、我慢します」俯いて言う。
「それならいい」中村はチャイムを押すと、ドアが開いて中年の女性が現れ、中に案内される。
「申し訳ありません、息子が何分不憫でして…」
「お気になさらずに。それが仕事ですから」中村も、最もらしく言う。

「取り合えず、会ってください」女性は2人を案内して息子と会わせた。
まだ若い男性だが、ベッドに寝ている。
「直っているのに、自分ではする気がないんです」
「わかりました。とにかく、体を洗って、綺麗にしましょう」克子は慣れた手つきで、ベッドから車
いすに乗せて、浴室に連れ込んだ。

 「できれば、息子を男にして欲しいのですが…」
「男にですか?」克子が驚きの声を上げた。
「そうです、まだ経験したことがないんです」
「わかりました。これも治療ですからお任せ下さい」中村は勝手に承知する。
だが、克子は(イヤよ、売春と同じよ、体を汚すなんてもういや…)泣きそうな顔になっている。

▲Page top