「見えぬ赤い糸」第1話 風呂場

                   「見えぬ赤い糸」
       akaiito.jpg

登場人物(主な登場人物)

      宮川靖子:大学生           宮川寿治:靖子の父
      〃 寿哉:靖子の弟、高校生

第1話 風呂場
 
 「すみません、戸籍謄本が欲しいのですが…」
「それでしたら、これに記入してください」役所の窓口で大学生と思われる女性が用紙を貰い、書き
込んでいく。

 「これで、よろしいでしょうか?」
「結構です。暫くお待ち下さい」受付をすますと名前を呼ばれるのを待った。
「宮川さん!」名前が呼ばれ、返事をして窓口に立つと「確認して下さい」コピーされた用紙が渡さ
れた。

 女性は「宮川靖子」と書かれた名前を確認して「間違いないです」と返事をして、手数料を払うと
自宅に戻った。
「これで、書類は揃ったし…」漏れがないか、確認していく。

 靖子は就職が内定したので、会社から求められる書類を整えている。
「どうして、こんなのが必要なのかしら?」疑問に思いながら、戸籍謄本を見ていると「そんな!」
思わず声を上げたが、謄本には「養子」と書かれてあったからだ。

 「嘘よ。そんなはずないわ…」念のため弟の寿哉を見ると「子」と書かれてある。
「間違いないわ。私は養子なんだ。寿哉とは血が繋がってないんだ…」呆然としている。
「この事は秘密にしておいた方がいいわ」書類を置くと、台所に立って夕食の準備を始めた。
 
 靖子は高校生の時に母を交通事故で亡くし、父の寿治、弟の寿哉と3人で暮らしている。
その父も心労が溜まり、肝臓を患って入院しており、実質には寿哉との2人暮らしになっていた。

 靖子が調理を始めて間もなく「ただいま!」元気な声で寿哉が帰ってきた。
「まだ出来てないから、お風呂に入って!」
「わかった。そうする!」寿哉は着替えを取りに行くと、先程の戸籍謄本が目についた。

 「就職する時って、こんなのも必要なんだ!」自分もいずれは就職するから、気になって、見つめ
た。
「あれ、姉さんが…」寿哉も、養子と書かれた欄を見てしまった。
「そんな、姉さんと血が繋がってないなんて…」信じられないと言った顔で自分の欄「子」見ると信
じるしかない。

 「姉さん、知っているのかな?」そっと戻し、着替えを持って風呂場に向かった。
風呂場に入ると服を脱ぎ、お湯で体を洗い浴槽に浸ったが、先程のことが脳裏から離れない。
「姉さんが他人だなんて信じられないや。姉さんが知ったら、ここから出て行くのかな?」靖子に淡
い恋心を持っていたから尚更だ。
          1256-bodysmell-photo2.jpg

 「もし、他人だったら、お嫁さんにしてもいいはずだよな…」自問しながら考えていると「背中、
流そうか?」靖子の声がした。
「ウン、洗って欲しいな」寿哉が頼むと靖子が入ってきた。

 「姉さんに洗って貰うなんて、何年ぶりかな」そうい言いながら立ち上がると股間が丸見えになっ
ている。
それには「隠すのよ。姉弟でも前は隠すの!」慌てて目を逸らせた。

 「僕は、恥ずかしくないよ。姉さんになら、見られてもいいよ」
「そういう次元じゃないの。そこは、見せる所じゃないの!」
「わかったよ…」渋々、股間を押さえて浴槽から上がった。

 「今度、そんな事したら、洗ってあげないからね!」
「もうしないよ」
「それなら許してあげる。ほら座って!」靖子に背中を向けて座ると、石鹸が塗られていく。

 「昔はこうやっていたわね。懐かしいな」
「そうだよ、僕が、姉さんのオ○ンコに指を入れたら泣いたよね」
「馬鹿、そんなオ○ンコなんて言わないで!」
「だったら、何と言ったらいいの?」
「そんなの、自分で考えるのよ!」昔のことを思い出したのか、靖子の顔が赤く染まった。

 (そんな事があったわね。あの時は凄く痛かったな…)思い出しながら背中を擦り、お湯で流すと
「姉さん、前もやってよ」寿哉は振り向いて、正面を見せた。
「隠すのよ、丸見えになってる!」黒い絨毛の中にある赤黒い肉竿が目に留まった。
(オチンチンが、剥けてる…。寿哉も大人になってるんだ…)目を逸らして、見なかったことにした。

 「ほら、洗ってよ!」寿哉は靖子の手を掴んだ。
「わかったわ、洗うわよ。でも、今回限りだからね!」催促に負けて、首に石鹸を塗っていく。
その後、胸、腹と塗って股間が残された。

 「ここは、自分でしてよ…」姉弟といえども、肉竿は触りたくないが「ダメ、やってよ!」手を掴
まれ、肉竿を掴まされた。
(熱いわ、オチンチンが熱い。これが、寿哉の、オチンチンなんだ…)触っている内に、自然と呼吸
が荒くなっていく。

 そんな靖子に「こう、やるんだよ!」手首を掴んで動かし出すと、肉竿が膨らみきってしまった。
(カチカチだ、こんなに堅くなるんだ!)心臓の鼓動も速まった。

 「わかったわ。こうやればいいのね」目を背け、擦り続けると「気持ちいい。このまま抜きたいな」
声を上げた。
「馬鹿。もう、やってやらないわ。そんな考えは不潔よ!」手を退けて水を掛けた。

 「謝るよ。もう、そんな事言わないから、もっとやってよ」
「ダメ、これで終わりよ」キッパリ断って風呂場から出て行った。
「もっと、やって欲しかったのにな…」消化不良になりながらも自分で洗い出した。
 
 一方、靖子は食事を並べているが「寿哉のオチンチンが、あんなに、堅くなるなんて…」まだ興奮
が収まっていない。
「弟じゃなかったら、やってもいいけど…」戸籍上は姉弟ではないが、実生活では姉弟として育った
から割り切れない。

 「とにかく、あの事は、言わない方がいいわ…」秘密を誓いながら、準備をしていると寿哉が、風
呂から上がった。
「待って、直ぐ盛るから!」

 「そうして、部活で腹ぺこなんだ」
「そうだろうと思って、大盛りよ」寿哉はそれを受け取ると一気に食べた。
(気づいてないわ。良かった…)安心の靖子だが(姉さん、いつもと同じだ…)寿哉も安心していた。

 食事をすませた寿哉は受験勉強を始めたが、靖子のことが気になっていた。
「いつまでも、一緒にいて欲しいけど…」勉強が身に付かない。
「頭を冷やした方がいいな」台所に行くと靖子はいない。

 「あれ、姉さん、どこにいるのかな?」見回すと風呂場の電気が点いている。
(きっと、あそこだ…)悪いと思いながらもそっと覗くと、服を脱いでいる所で、真っ白なパンティ
とブラジャーだけ身に着けている。
(姉さんが、もうすぐ裸になる…)股間が熱くなり、肉竿が膨らんでしまった

「地獄の孤島」第23話(最終話) 生き地獄

第23話(最終話)生き地獄

 沙織への射精がすむと、沙織は暫く横のままにされたが、また手錠を掛けられ、鎖で繋がれた。
「剛太さん、もういいでしょう?」昌子が催促して言うと「いいよ。呼ぶまで、外に出ろ!」剛太は
男達を全て外に出した。

 「ありがとう。気を効かせてくれて」昌子は白衣のボタンを外しだすが、白衣の下は何も着けてな
いから、乳房の膨らみが覗いている。
「撮るけど、いいよね?」「誰にも見せないでよ、それなら我慢するから」ボタンを外し終えると白
衣を脱いだ。

 「いいじゃないか、その姿…」色こそ違うが、前と同じく、ストッキングとガーターベルトだけを
着け、乳房と淫裂が剥き出しになっている。
それに、股間には、生えかけた絨毛がハートの形になっている。
「昌子さん、綺麗だよ」剛太はカメラで収めていくが、昌子は気に入った真弓の乳房を撫でていく。

 「相手するわよね。しなかったら、お母さんに男を抱かせるわよ!」そう言われれば、頷くしかな
い。
「よかった、これは解いてあげるね」真弓も解かれ、自由になった。
「何するか、わかっているわよね?」手が淫裂を撫でだすと「こうすれば、いいんですよね?」昌子
の顔を押さえて唇を重ねた。
「そうよ、それでいいの。暫く付き合って貰うわ」2人は沙織の側で横になり、抱きあいだした。
「いいね、そんなのもいいよ」ビデオに撮っている剛太も満足そうだった。

 それから数日後、昌子は沙織の尿を検査して妊娠の兆候を知り「剛太さん、暫く休まないと。今が
大事よ」剛太に告げた。
「そうか、それなら真弓とやるか。先生も一緒でいいよね?」
「いいわよ。出されてもいいように準備はして置く。それより、あの2人にも生ませるなら、準備し
ないと」

 「で、何時ならいいの?」
「1ヶ月は掛かるわ。その間に飲ませておくから」
「頼んだよ、先生!」剛太は昌子のスカートを捲り上げた。
「ダメ、2人きりはダメ。3人でないと、オ○ンコはダメ!」
「そう言わないで、僕と先生の仲だし」強引に下半身を露わにして抱きついた。

「わかったわ、してもいいけど、お腹に出すのはダメよ」
「だったら、どこに出せばいいんだ?」
「口でするわ。それならいいでしょう?」
「わかった。出そうになったら、言うからね」肉竿を押し込みピストンを始めた。
(いいわ、凄くいい。どうして剛太さんのチンポだと気持ちいいのかしら。他のチンポだと痛いだけ
なのに…)昌子の淫裂からは、ネバネバした淫汁が流れていた。

 そして、1ヶ月が過ぎ、沙織達4人は剛太の前に連れ出された。
沙織だけは、ワンピースを着ていたが残り3人は全裸だ。
「母さん、今日は何の日だか、分かるよね?」
「お父さんの命日よ」
「そうだよ。それに、母さんが、僕の子を作る日でもあるんだよ」それには彩香も真っ青になった。

 「やめて、姉弟でやった上に、親子まではイヤ!」逃れようとしたが、手下に押さえられた。
「逃げたってダメだよ、やると言ったら、必ずやるんだから」剛太は服を脱ぎ、彩香に覆い被さった。
「やめて、お願いやめて~!」叫んでも肉竿は母の淫裂を貫き、ピストンを始めて行く。

 「あなた、許して下さい…」為す術もない彩香は、亡くなった夫に詫びを入れ涙を流している。
それを見た沙織も「やめて、母さんにはやめて…」泣き出した。
2人の泣き声で肉竿の動きが速まり彩香も「あ、あ、あ~!」をあげ出した。
「息子にオ○ンコされて、気持ちいいだろう?」
「良くない、こんなの良くない…」首を振り、拒んだが「出さないで~!」叫んだが、白い液体が淫
裂から流れ出た。

 「剛太さん、1回では無理だと思うの。暫く続けないと」
「分かった。そうするよ。叔母さんのほうはどうなの?」
「こっちは、まだまだよ」
「それだったら、真弓の方が先かな…」
「その方がいいわ。若いからすぐだし」昌子の言葉通りに、翌日には真弓が沙織同様に、ビデオに撮
られながら子宮に射精された。

 こうして、4人は剛太の子を身ごもり、腹も膨らんでいた。
「さてと、これだと相手にならないしな…」若い剛太には、毎晩相手する女が必要で昌子を訪ねたが
「私は無理よ、3人でないと燃えないし」あっさり断られた。
「試そうよ、大丈夫かも知れないし」剛太は嫌がる昌子を押し倒し、肉竿を押し込むが「ヒ~!」悲
鳴を上げ続けた。

 「本当に痛いの?」ピストンしても、いつもと感じが違ってる。
「本当よ。オ○ンコも濡れてないでしょう?」確かに、淫汁がでてない。
「困ったな、妊娠中だから相手できないし」
「それだったら、集めればいいのよ。世間から消えてもいいような女を集めるのよ」

 「そうだな、そうすればいいかも」思いつくと裕二の元を訪ねた。
「剛太か、4人に生ませるんだってな。よく体が持つな」
「若いから当然ですよ。それより、女が足りなくて困っています」

 「それは、こっちも同じだ。1日3人相手が限度だからな」
「何とかならないでしょうか、無理矢理、閉じこめるとか…」
「ちょっと問題になるな。身よりのない女だったら別だが」
「それですよ、それで行きましょう」剛太は裕二と計画を練った。

 その計画が実行される矢先に、南の島へ向かうクルーザーが漂流していた女子大生を助けた。
2人はサーフボートを楽しんでいるうちに、外洋に流されたのことだ。
それを聞いた剛太は、警察やマスコミには連絡せず、密かに島に連れ込んで、2人を鉄格子の檻に、
閉じこめさせた。

 閉じこめると同時に、昌子の診察も行われている。
「脱いで、全部脱ぐのよ」
「イヤです、どうして全部脱ぐのよ」言い終わらない内に、看守からムチで叩かれ出し「ヒ~、打た
ないで~!」悲鳴を上げていく。

 「痛いのがイヤなら、全部脱ぐんだ!」渋々服を脱ぎ、全裸を晒した。
「足を開いて」嫌がるとムチで叩かれるから足を広げ、淫裂露わにしていく。
「大部、使ったわね。嫁入り前なのに良くやったわね。こっちは綺麗よ、まだ使ってない…」その言
葉で2人は泣き出した。

 「泣いたってダメよ。今にわかるから」その言葉通り、2人は両手を後ろ手に手錠が掛けられる更
に、首輪も掛けられ、鎖で繋がれた。
「外して、こんな事は人権侵害です。訴えてやるわ」
「構わないわよ、でも、どうやってここからでる気なの?」それには黙り込んでしまう。
              kotou23

 「そう言うことだ。これから教えてやるぞ」
「そうして。こっちは、オ○ンコしてないから気を付けてよ」
「わかりました」2人は鎖を引かれて鉄格子の建物に戻された。

 戻ると、拷問部屋に押し込まれ、俯せにされ、腰を持ち上げられた。
「分かっているよな、これがなんだか」浣腸を見せられ「やめて、イヤ~!」悲鳴を上げた。
「そうは行かなくて。汚いのはイヤだしな」肛門から薬剤が押し込まれ、ビデオに撮られながら、ポ
リバケツに排出した。

 それが済むと、股間の絨毛が剃られていく。
「やめて、剃らないで~!」悲鳴を上げても容赦なく剃り落とされ、淫裂が剥き出しにされると「お
前はオ○ンコ体験済みだしな」怯える女性の背中から、肉竿を押し込んで犯した。
「イヤ、イヤ~!」泣きわめいても容赦はなく、肉竿がピストンしていく。

 「こっちは、オ○ンコはダメだぞ。まだ、やってないからな」肛門にワセリンが塗られ、肉竿で突
かれた。
「ヒ~!」悲鳴を上げても容赦なく肉竿が動いていく。
勿論、ビデオも撮っており、それは2人にも分かって(レイプビデオを撮られるなんて…)泣きなが
ら、カメラを見つめている。

 それから数日して、剛太は久しぶりにショーを見ることにした。
側には腹の膨らみ掛けた沙織達4人がいて、体が冷えないよう服は着ている。
「始めろ!」剛太の合図で、両手を鎖で繋がれた全裸の女性達が現れ、その中にも助けられた女子大
生がいる。

 看守はその中から2人の手錠を外し、リングに上げた。
リングに上がると、肉竿の形をした樹脂棒を持って戦い出すが、それを初めて見る沙織や真弓は驚き
顔をしている。
その驚きを後目に、殴る、蹴るを繰り返しグッタリした女の淫裂に、樹脂棒が押し込まれ決着が付い
た。

 負けた女はリングの上で四つん這いになって、後から肉竿で突かれていくが「そんな~!」沙織達
は声を上げた。
「そんなに驚くな。お前だって態度次第でああなるぞ」乳房を撫で出すと「イヤ、人前でセックスな
んてイヤです!」剛太の手を拒もうとはしない。
「やっと、わかったようだな。俺の女になれば、看守からはオ○ンコされないんだ」手が淫裂に伸び
たが、払い除けようとはせず、太股を震わせている。

 その夜、剛太の元に、全裸の女性が昌子に連れてこられた。
「久しぶりに楽しむわよ」昌子は服を脱いで全裸になると全裸の女に抱きついた。
「そんな、女同士なんて…」初めての行為に戸惑っていると「やった通りにやればいいのよ」乳房を
撫でながら唇を重ねると、その通りにしていく。

 「いいね。これは撮っておかないと」カメラを持ち出して2人に向けると「イヤ、写真はイヤです!」
声を上げた。
「撮らせなさいよ。ここにいる限りは、逆らえないのよ」昌子の手が乳首を潰し「ぎゃ~!」悲鳴を
上げた。
「わかったでしょう、逆らったらダメなの」今度は淫裂を触っていく。

 「わかりました。撮っても構いませんが、秘密にして下さい」渋々承知した。
「勿論だ。オ○ンコもなめ合え!」シックスナインの体勢になり、昌子の淫裂が丸見えになった。
「始めは昌子だな」淫裂を見て、剛太は昌子の腰を押さえ、肉竿で突きだした。

 剛太は暫くピストンしてから「次は、お前だぞ!」相手を変えた。
「やさしくです…」初めての体験に体が震えている。
「大丈夫だ、うまくやるから」剛太が淫裂に肉竿を押し込むと「い、痛い~!」悲鳴を上げ「痛いの
は始めだけだ。すぐに気持ちよくなる」強引にピストンを繰り返して膣奥まで貫くと鮮血が流れ出る。

 「いいね、バージンはいいよ」満足そうに腰を振り続けた。
しかし、この女はあくまでも繋ぎであって、4人が出産すると役目を終え、教育が施されている。
両手を縛られ、ムチで打たれて「私をお買いあげ頂き、ありがとうございます…」言わされていた。

 教育が行われている間に、東京から1人送られてきた。
女は拷問室に入れられ、見せしめと称して、全身に入れ墨が彫られていく。
「ギャ~!」悲鳴を上げ、失禁もしている。
「よく見ておけ。逃げるとこうなるんだ!」容赦なく彫られ、乳房にも彫っていくと、気絶してしま
った。

 それを見せられた女達は、震え泣き出した。
「素直に男に抱かれると痛い思いはしなくていい。逃げたら、こうなって、外国送りだ…」気絶した
女の髪の毛を引きながら説明した。
その説明と、入れ墨を見て(逃げられないわ、逃げたら外国に送られるし。男に抱かれるのはイヤだ
けど我慢した方が増しだわ…)気絶しても、入れ墨が彫られていく様子に、ガクガク震えている。

 こうして、島の女達は逃げ出すのを諦めたが、それは沙織も同じだった。
「弟の子を産んでしまったし…」眠る赤子を抱きながら泣いている。
また、彩香も「息子の子を産むなんて…。世間に会わせる顔がない…」赤子を抱いて泣いていた。
真弓と美保も同じように、赤子を抱いて泣いている。
「ここにいるしかない…。生き地獄でも、ここにいるしかないわ…」4人は決めた。

 そんな気持ちを無視して「また2人女が来るぞ。何でも、借金で夜逃げしたそうだ。
どんな女か楽しみだな」はしゃぐ剛太だが「こんな地獄に連れられてくるなんて、可愛そうに…」哀
れんでいる4人だ。
それから数日後、鉄格子の拷問部屋では「殺して~。こんな生き地獄はイヤ~!」悲鳴が上がった。
                             
~完~

「地獄の孤島」第22話 罰の妊娠

第22話 罰の妊娠

 「そうか、産んでくれるなら今からやろう!」剛太がズボンを脱ぎだすと「ご主人様、それでした
ら時間を置かないとダメです。闇雲にやっても妊娠はしません。それに、記念も残さないといけませ
んし」時間延ばしを謀ろうと彩香が申し出た。

 「それもそうだな。それに、薬も飲んでいるし。今日はやめるか」脱ぎかけたズボンを直していく。
それには一安心と言った彩香に「美里、この人達に申し訳立たないから、おまえの口でやれ!」フェ
ラを命じた。

 「お口でですか?」
「そうだ。沙織とオ○ンコさせる訳には、いかなくなったしな…」
「それでした、やらせていただきます」彩香は取り巻きのズボンを引き下げ、肉竿を口に入れた。

 「気持ちいいや、まるでオ○ンコしているみたいだ…」唇で擦られ、満足そうな顔をして乳房を揉
んでいる。
(オッパイはイヤ。口でやっているんだから、触らないでよ)我慢して唇を動かし、肉竿から噴射さ
せた。
彩香は5人の肉竿を口で処理して、喉の中が変になっている。

 「ご苦労だった。先生に見て貰おう」剛太は沙織の手を自由にさせると、彩香と一緒に昌子を訪ね
た。
昌子は全裸の沙織に「待っていたわよ。ゆっくりして、いいからね」目を細めている。
「先生、それよりも、美里の口を見てやって」

 「口が、どうかしたの?」
「5人のチンポをなめたんだ!」
「どれどれ…」喉を見てから「これだったら平気よ。自然と治るわ」
「それはよかった。先生ありがとう」

 「礼はそれだけなの。もっと、別なのがあるでしょう!」
「わかっています。今からしますか?」
「勿論よ、こう言うのは、早ければ早いほどいいのよ」そう言うなり沙織に抱きつく。
「先生、程々だよ。今度、僕の子を産むことになったから」
「それは、お目出たいわね。でも、薬が効いてるはずよね?」

 「そこが問題なんだ。一発で決めたいし…」
「それなら、毎週通って。私が見るから」
「助かるな、先生には礼を言わないと」剛太は昌子の乳房を揉みながら、乳首を吸い出した。
「ダメよ、まだダメ。私がやってからでないと…」息を荒立てながら、沙織の股間に顔を埋めた。

 「そんな…汚いわよ…」沙織は昌子の頭を抱えたまま、背中を反らす。
「それだったら、俺も仲間に入らないと」剛太も服を脱ぎ、昌子の背中に胸を合わせ、淫裂目がけて、
肉竿で突くと「あ、あ、あ~!」声を上げている。
剛太が肉竿の動きを速めると、昌子の淫裂も濡れたのか、淫汁が漏れている。

「もうすぐ行くよ」剛太は頂点に登り詰め、一気に噴射した。
「気持ちいいわ。子宮が気持ちいい…」昌子は喘ぎながらも、沙織の乳房、淫裂となめまくり、沙織
も淫裂から汁を出し「行く、行く~!」昇りきった。

 それには、昌子も満足そうで「気持ちよかったわ。また、しようよ」淫裂を拭きながら、笑顔を振
りまいている。
「そうだね。これからもお世話になるしね」剛太も承知して部屋に戻った。

 その夜、剛太と沙織の部屋に、真弓が呼ばれた。
真弓も彩香と同じ服装だから乳房と、淫裂が剥き出しになっており、その乳房が剛太に吸われていく。
「やめて、恥ずかしいわ。見られているのよ」沙織が気になっている。
「そんな事、気にしなくていいよ。沙織は僕の、お嫁さんだから」その言葉に、真弓も驚いた。

 「剛太さん、自分の言っている意味がわかるの。あなた達は姉弟よ」
「わかっているよ。沙織も承知したよ」
「本当なの、沙織さん?」真弓の問いには、泣いて頷くだけだ。
「そんな事、信じられない。姉弟で子供を作るなんて…」顔が強ばっている。

 「何なら、真弓さんにも産んで貰ってもいいよ」剛太は真弓を押し倒して覆い被さった。
「冗談はやめて!」
「冗談じゃないさ、僕は本気だよ」ズボンを引き下げ、肉竿を淫裂に押し当てた。
「ダメ、入れないで。産むのはイヤ~!」叫んでも、肉竿はなおも押し込まれ、ピストンが始まった。

 「動かさないで、痛いから動かさないで…」痛みに顔がゆがんでいる。
それでも、剛太はピストンを続け、この日2度目の噴射を行った。
「そんな、従姉なのになのに本気で産ませるなんて…」真弓は射精されても、信じられないと言った
顔をしている。

  射精を受けた真弓はすぐに、昌子の診察を受けた。
「剛太さん、元気いいわね。1日2回は出すんだ」
「そんな事言っていられないわ。妊娠したらどうするのよ」
 「産めばいいじゃないのよ」

 「軽く言わないで。産む身になってよ。相手が従弟なのよ!」
「そんなヒステリーを起こさないで。じっくり治療をするから」昌子は真弓の淫裂の洗浄を始めたが
(このままではすまないわ。何かが起こるかも…)勘が働いた。

 それから2週間後、昌子の勘が見事に的中した。
剛太の留守に、彩香が沙織の元へ密かに訪れた。
「沙織、私がわかるかしら。顔を変えたけど、母さんよ…」遂に告白してしまった。
「やっぱり、母さんだ。お母さん!」もしかしたら、と思っていたことが現実となり、沙織は彩香に
抱きつき声を上げて泣き出した。

 「沙織、逃げるのよ。剛太の子を産むなんて絶対にダメ!」
「無理よ、逃げようにも、逃げられないわ」
「島津の叔父さんのところへ行くのよ、居場所はわかるでしょう?」
「ええ、アメリカにいるわ」

 「だったら行くの。叔父さんなら守ってくれるから逃げるの」
「そんな事したら、お母さんが…」
「気にしなくていいわ、私はこの年だし」
「本当にいいのね、母さん」
「勿論よ、獣のようなことを沙織にはさせたくないし」彩香の言葉で沙織は決心した。

 東京に戻った沙織は密かに真弓と会い、2人してアメリカに飛び立つ事を決めた。
決めると、密かに準備をし、打ち合わせと称して、事務所を出て成田へと向かった。
成田で2人が手続きをしようとした時「姉さん、困るんだよな、勝手なまねされては」剛太が現れた。

 「お願い、見逃して。剛太の子を産むわけには行かないの!」泣き叫ぶが、2人は東京に連れ戻さ
れた。
戻ると裕二が「この際だから、辞任して貰った方がいいぞ」沙織の辞任を求める。
「そうだよな、漏らされたら計画が台無しだし」
「そうしろ。後任は剛太がやるんだ」

 「待って、僕は島で暮らしたいんだ」
「だったら、事務所を島に置け。今は電話とネットの時代だし」
「そうだった。週1回くらい東京に来ればいいしね」笑顔になって承知した。
こうして、人事は裕二の思惑通りに進み、沙織の辞任が認められ、裕二がトップになった。

 トップになった剛太は、事務所を瀬戸の島に移し、テレビ電話で連絡を取り合うようにしている。
その一方で、逃げだそうとした、沙織と真弓には罰が与えられた。
それに、そそのかしたとして彩香や真弓の母の美保も同罪と見なされ、4人は地下の鉄格子の中に全
裸で吊り下げられている。

 その4人を辱めるかのように剛太が乳房や淫裂を触っている。
「やめて、お願いやめて!」沙織は指で淫裂を広げられ、悲鳴を上げた。
「逃げようとしたからだよ。おとなしく産んだら、こんな事はしなかったのに」指を入れ動かすと「や
めなさい、姉さんに何て事をするのよ!」彩香が怒鳴る。

 「あんたに、言われる筋合いはないよ。おとなしく黙っていろ!」両乳房を鷲掴みし、爪を食い込
ませた。
それには「ギャ~!」痛みに悲鳴を上げ、体を震わせている。
「剛太、やめなさい。その人はお母さんよ。顔を整形した母さんなのよ!」遂に沙織が喋った。

 「それがどうかしたの。そんな事知っていたよ。でも、そんな事関係ない!」剛太はズボンを引き
下げた。
「やめて、親子よ、親子でやるなんて獣よ!」彩香は逃れたくとも、天井からのロープで縛られてい
るから何もでず「イヤ、イヤ~!」悲鳴を上げるだけだ。
「入ったぞ、教わった通りに言うんだ!」剛太は肉竿をピストンしながら乳房を握りしめた。
             titimomi

 「わ、私をお買いあげ頂き、ありがとうございます…精一杯ご奉仕しますので…」泣きながら、教
わった通りに言う。
「よく言えたな、褒美にくれてやるぞ」剛太は、沙織や真弓達が見ている前で実の母に射精した。
「そんな、お母さんに射精だなんて…」信じられないと言った顔で見ていた。

 「さて、残りの女だが、オ○ンコだけはダメだが、ケツなら使ってもいいぞ」言い終わると取り巻
きが歓声を上げた。
「ボス、その前に、綺麗にさせてもいいですか?」
「面白いや、俺も見たい」

 「それでしたら早速準備を」4人は縛ってあった両手が解かれ、向き合うようにして、四つん這い
にされた。
「入れないで、浣腸はイヤです!」
「大丈夫よ、プロがやるから」昌子が肛門から薬剤を送り込むと、効果はすぐに現れた。

 「出させて、お願いです、トイレに行かせてください」4人とも漏れるのを堪え、足踏みを始めて
いる。
「トイレはここだ。並んでやれ!」ポリのバケツが4個並んで置かれている。
「ここじゃなく、トイレに行かせてください!」
「イヤだったらやるな。漏らしてもいいよ」そう言われればやるしかなく。4人はバケツを跨いで排
出していく。

 勿論、その様子もビデオが撮っている。
「撮らないで、お願いです!」叫んでもカメラは排出する4人を撮り続け、排出が終わると、尻が拭
かれ、また四つん這いにさせられ、肛門にワセリンが塗られて肉竿が
押し込まれていく。
「入れないで、イヤ~!」「ギャ~!」4人の悲鳴が響き続けた。

 それを見ながら剛太は「いい罰がないかな?」暫く考え「昌子さん、美里と美保は妊娠できるの
か?」と聞いた。
「医学的には、無理ではないわ。まだ、生理があるから可能よ。もしかして、2人を妊娠させる気で
は?」
「そうなんだ、この島から逃げられないようにね。僕の子を産んだら、恥ずかしくて、人前にでられ
ないし」

 笑顔の剛太に「わかった、協力する。その変わり、あの2人とはいいわよね?」昌子は沙織と真弓
を指さした。
「構わないよ。その変わり、先生も僕の女だからね」
「それはいいけど、産むのはイヤよ。妊娠は懲り懲りだし…」

 昌子が承知すると「沙織だけど、どんな感じなの?」
「もうすぐ危険日にはいるわ。今夜は出さないで、濃くした方がいいわよ」
「そんな、オ○ンコできないなんて、辛いよ…」

 「生ませたいんでしょう。だったら、今夜は我慢しないと。今夜は、私が添い寝してあげるから我
慢して」
「わかったよ、今夜だけは出さないよ」2人は「抜いて、いや~!」との悲鳴を聞きながら鉄格子の
部屋から出た。

 翌日、沙織達4人は全裸のまま、両手を後ろ手に手錠が掛けられ、首輪も掛けられていた。
首輪には鎖も着けられ、罪人扱いされている。
4人は眠れぬ夜を過ごしたが、鎖を引かれて剛太の前に連れ出された。

 「沙織、わかっているよな、今日は記念すべき、日になるんだ」剛太の回りを手下数人が、カメラ
を構えている。
「イヤ、こんな所ではイヤよ。生むから2人きりでして!」人前でのセックスはしたくない。

 「ダメだ。記念だから」剛太は服を脱ぎだし、それと同時に、沙織の鎖も外され、手錠も外された。
「やめて、姉弟よ。いけないことなのよ!」両手で乳房と股間をさえるが、カメラは沙織を撮ってい
く。

 それを見ていた彩香は「やめなさい。剛太、正気に戻って!」叫んだ。
「うるさいな、黙らせろ!」彩香や美保達には口枷がはめられ声が出せなくなった。
「これで静かになったぞ」全裸になると、怯えた沙織に抱きつき、敷かれたマットの上に寝かせる。

 「わかったわ。してもいいから、カメラだけは退けさせて」
「それはダメだ、一生残すんだから…」乳房を揉みながら、淫裂に肉竿を押し込んだ。
「ヒ~!」すかさず、悲鳴を上げると(あなた、姉弟であんな事をしているのよ。どうしたら、いい
のよ…)彩香は涙を流しだした。

 そんな彩香の思いなど知るよしもなく、剛太は肉竿のピストンを始める。
「あ、あ、あ~!」声を上げ、顔を歪めて膣の痛みに耐えていると、カメラは結合部や沙織の顔をし
っかり捕らえていた。
(弟とのセックスを撮られている…)沙織は頭の中が真っ白になっているが、肉竿はピストンを止め
ず、動きが速まっていく。

 「姉さん、今度は後からだよ」四つん這いにされ、後から挿入が始まった。
「ダメ、これはダメ~!」膣奥まで突き刺す肉竿に、沙織は声を上げている。
「でも、これが一番いいんだ…」ピストンは停まることなく動き続け、絶頂を迎えて、やっと停まっ
た。

 「ダメ、出さないで~!」と叫んだが「そんな…」落胆の声も上げた。
「出したよ、一杯出した」振り絞るように、出し切って肉竿を抜くと、白い液体が流れてくる。
(間違いなく妊娠する…。どうすればいいの…)力無く、崩れる沙織をカメラはしっかり撮られてい
る。
勿論、白い液体の流れ出る淫裂も撮っている。

「地獄の孤島」第21話 彩香の思惑

第21話 彩香の思惑

 剛太と沙織は日曜日に東京に戻ったが、彩香は「どうしたら、姉弟のセックスをやめさせられるか
しら…」悩んでいるが、島では移設も大詰めになり忙しくなっている。
それに、見慣れない女性がやたらと目立ち「そうだわ、この中にいい子がいれば剛太も…」剛太のセ
ックス相手にさせて、沙織から遠ざけようと思いついた。

 思いつくとすぐに、女性を見ていくが、なかなか目に叶う子はいない。
そんな彩香に「美里さん、どうかしたの?」昌子が不審に思ったのか、声を掛けてきた。
「実は、剛太さんの相手を捜しているの。私はこの通り、若くはないですし…」
「そんな事ないわ、まだ大丈夫よ。閉経だってしてないから、産めるわよ」
それには(そんな事できないわ、息子の子を産むなんてできない…)彩香は黙り込んだ。

 「そんな怖い顔しないで。私も捜してあげるから」昌子も加わり、見回ると「あの人確か…」姪の
真弓に似た子がいた。
「あの子はどうかしら?」
「いいわね、当たって見ようよ」2人はその女性に声を掛けた。

 「失礼ですが、どちら様でしょうか?」彩香が言うと「島津真弓と言います、友愛学園の園長をし
ています」
「ああ、園長さんですか。失礼しました。私はこの島の女医をしてます、野田昌子です、こちらが藤
山剛太さんの世話係をしている鈴木美里です」
「鈴木美里です、よろしくお願いします」彩香が話すと真弓はジッと顔を見つめた。

 それには(もしかして、整形が見破られたのでは?)緊張で汗が流れていく。
「似ている。行方不明になった叔母さんに似ている…」
「叔母さんとおっしゃいますと?」
「彩香さんよ、藤山彩香。財閥のトップだった人よ」
「そう言われても、私には縁が薄くて…」彩香は冷や汗を掻きながら、何とかしのいだ。

 「それより、真弓さんはどうしてこちらに?」
「見学です。ここを夏だけ林間学校にできないかと思いまして」
「それは良い考えだわ。剛太もさんも来るし」
「剛太さんも来るんですか?」
「はい、ここをプライベートの島にするそうです」
「そう、プライベートにするんだ…」真弓の顔が曇った。

 (間違いない、真弓さんも剛太とセックスしたわ。だから、イヤな顔をしているんだわ)彩香は見
逃さなかったが「仕事が残っていますから」真弓は逃げるように去っていく。
「残念だわ、あの子ならスタイルと言い、顔といい、文句の付けようがないのにね」
「園長さんじゃ無理よね。ここにいられる訳じゃないし…」2人は諦めて歩き出すと「先生じゃない
ですか!」男の声がした。

 声を掛けたのは、南の島で看守をしていた男だ。

 「久しぶりね、あなたもここに?」
「勿論さ、女の躾は俺が一番だし」
「そうだ、可愛い子はいないかしら。オ○ンコしたくなるような可愛い子よ」
「オ○ンコだなんて、相変わらずだね。女性が言う言葉じゃないよ」
「そんなの関係ないわ、オ○ンコはオ○ンコよ。それより、どう何よ?」

 「顔がいいから、やりたいという訳じゃないぞ。その時の雰囲気が大事なんだ。それに、好みもな」
「好みか…」
「そうだ。女医とか、看護婦とか見ると、ムラムラするのもいるぞ。それに、縛られ苦しそうな女を
見ると、やりたくなるのもいるしな」

 「あなたはどうなの?」
「女医さんとやりたいな。それに、縛った女を無理やるやるのもいいな」
「男は変態よ。嫌々やられる身にもなって。気持ちいいどころか、痛いだけなのよ」
「だからいいんだ。泣く女を抱くと凄く興奮するし」

 「あなたには今の仕事が最適ね。躾と言って、無理矢理オ○ンコしてるし…」呆れ顔の昌子だが(そ
うよ、剛太はサドの毛があったわ。イヤだけど、ロープで縛られてやるのもいいかも…)彩香は閃い
た。
閃くと「今日はやらないの。どんな風にやるかの見たいわ」頼んだ。
「勿論やるさ、これからだ。見たいなら、ついて来な!」

 2人は男の後を追って歩いて行くと、コンクリート剥き出しの建物に入っていく。
更に、地下に降りると鉄格子で区切られた檻があり、両手を縛られた全裸の女性がいた。
しかも、首輪もされ、鎖で繋がれている。

 「前と同じね、懐かしいわ」
「先生もやるかい。ただし、俺たちの見ている前でだけど」
「人前はイヤよ。2人きりならいいけど」話をしながら歩いて行くと「ギャ~!」悲鳴が聞こえる。
「やっているわ、行きましょう」声のほうに向かうと、両手を縛られ吊り下げられた全裸の女性がお
り、乳首にはリングが取り付けられている。

 「やめて、もう逃げたりしません!」
「信用できないな。ここに来ると、皆そう言うし」言い終わると、乳首のリングを引き「ギャ~!」
と悲鳴を上げ、体を震わせている。
乳首が引かれ、円錐状になり、リングの部分は血が滲んでいた。

 「やめて、もうやめて…」泣きじゃくっているが「そうは行くか。これが終わってないし」取り巻
きがズボンを下げていく。
「許して、セックスは許して…」首を振っても、背中から肉竿を押し込まれ「う、う、う!」泣き声
が大きくなっている。

 「言うんだよ。教わった通りに」また、リングが引かれ「ギャ~!」と悲鳴が上がり「お、お買い
あげ頂き、ありがとうございます…」涙を流しなら礼を言った。
「そんなに言われたら、こっちも頑張らないと」肉竿のピストンを速め、膣の中で噴射すると「私と
のオ○ンコは、いかがでしたでしょうか?」途切れ、途切れに言う。
「やり直しだ。もっと楽しい思いを感じさせろ!」肉竿を抜くと、別な男が挑んでいく。
「お買いあげ頂き…」泣き声で礼をいいながら、淫裂を突かれている。

 「どうだい、参考になったかな」
「少しはね。もっといいのはないの?」
「あるよ、こっちだ」付いていくと、幼い顔の女達が足を広げ、淫裂を撫でている。
「オナニーだわ、オナニーしている…」

 「そうだ、男はこんなのも喜ぶんだ。それにレズだとかも」それを聞いて、昌子は顔を赤らめ「レ
ズの相手になる子はいるの?」と聞いた。
「いるよ、特別料金でやるのが。でも、高いぞ。血統書付きの家柄だからな」
「もしかして、学園の園長では?」
「しっ、声が高いよ。これは極秘なんだから」

 「でも、どうしてそんな事をするのかしら?」
「金だよ。親父が金を使い込んだから、立て替えて貰ったお礼にやっているんだ」彩香は信じられな
いと言った顔になっているが「面白い、試してみたいわ」昌子はその気になっている。

 「美里さん、見るのはこれくらいにして…」
「そうね、充分参考になったし。どうもありがとう」2人は礼を言って外に出た。
だが「さてと、あの人を捜さないと」昌子は真弓を捜しに行き、彩香だけが残された。
「マゾもいいかも。それだったら衣装も揃えないと」部屋に戻り、クローゼットを調べていく。

 その頃、東京では「風呂は一緒だぞ」剛太は沙織に命令した。
「ご主人様、そろそろお嫁さんを貰われてはいかがでしょうか、いつまでも姉弟でセックスなんて良
くない思いますが…」
「だったら、姉さんがお嫁になればいいよ、何とか籍はごまかせるし」沙織の肩を抱いて浴室へと向
かった。

 浴室では、剛太の見ている前で服を脱がなければならない。
「恥ずかしいです。見られながら脱ぐのは…」剛太の目を気にしながらパンティを引き下げた。
「気にしなくていいよ。それより、大部伸びたね」沙織の股間には5ミリ程度の絨毛が生い茂ってい
る。
           datui.jpg

 「お願いです、このままにさせて下さい。ヘアを伸ばしたいのです」
「それなら、縛ったままでオ○ンコさせてよ」
「それはお許し下さい。レイプされているみたいで、イヤですから…」
「だったら、剃るよ、いいんだね?」
「はい、ご主人様がお望みでしたら」縛られてセックスはするのはイヤだからヘアを剃らせた。

 絨毛を剃らせると、湯船に浸かり、寝室へと向かう。
「今日は抱っこでやるよ」沙織の太股を持ち上げ、淫裂に肉竿を押し込んだ。
「きついです、ご主人様…」肉竿が子宮の奥まで突き刺している。
「我慢するんだ。すぐに終わるから」太股を揺すって、腰を動かし続けた。
(いつまでやればいいのかしら。もし、知られたりしたら大変だし。それに、妊娠でもしたら、もっ
と大変だし…)何もできない沙織は嫌々ながらも、膣奥に弟の射精を受けた。

 そして、1週間ほど過ぎ「久しぶりだし、行ってみるか」剛太は沙織を伴い、島に向かった。
島は南からの移転が終わって、静けさが戻っている。
2人が桟橋から建物に向かって歩いて行くと、人影が向かってきた。
「あれは美里では?」よく見ると、ストッキングにガーターベルト、それに肘までの手袋と黒ずくめ
だが、乳房と淫裂が丸出しになっている。

 「ヌードだわ。しかも、性器までだしてる…」沙織は声を出せないが、剛太は笑顔で見ている。
「ご主人様、お待ちしておりました。ご案内いたいします」彩香の後ろを歩く剛太だが、歩くたびに
覗いている淫裂が気になるのか手を伸ばした。
(思った通りだわ。これなら沙織より、私のほうに射精するかも…)淫裂を触られても気にする事な
く建物に入った。

 建物に入ると「そんな~!」沙織は声を上げてしまった。
迎えに出ていた昌子も彩香と同じく、黒ずくめで乳房と淫裂を剥き出しにしている。
「驚いたでしょう。こんな衣装も悪くはないわよ。白いのばかり着ているから、たまにはいいわね」
昌子は得意そうに言うが、その側にいる真弓は項垂れ、今にも泣き出しそうな顔をしている。

 剛太は「真弓さん、来ていたんだ!」駆け寄ると、懐かしそうに乳房を撫で、淫裂をも触っていく。
「恥ずかしいです、こんな姿だなんて…」真弓の声が震えている。
「何も、恥ずかしがることないよ。ここは僕の島だから。それより、久しぶりだし」剛太の指が割れ
目の中に入った。

 「ダメ、ここじゃイヤ。2人きりで…」太股が震えている。
「そうだよな、ここでは無理だよな。それなら部屋でやろうよ」強引に決めてしまった。
剛太は部屋に入ると「姉さんも脱ぐんだ。服がないから、姉さんは素っ裸だよ」命令した。

 「剛太、許して…」行った途端に平手が飛び「言っておいたはずだよ、2人だけの時の呼び方を」
「許して下さい、ご主人様。お許し下さい」正座して、頭を下げるが「ダメだ。今日は仕置きないと。
とにかく脱ぐんだ!」剛太は許さず、服を脱ぎだした。

 そこに彩香が現れ「そんな、お嬢さんまで脱ぐなんて!」驚き声を上げた。
「何も驚くことはないよ。仕置きだよ、これから仕置きするから準備しいて」
「わかりました、準備します…」声を震わせ彩香は出ていくが、沙織は服を脱ぎ続けて下着姿になっ
た。
「戻っても、下着は着るな。直に着ろ!」

 「かしこまりました」泣き顔をしながら、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になると「お持ちし
ました」彩香が何やら運んできた。
「手を後にして」言われるまま後に回すと、手錠が掛けられ、首輪も着けられ鎖で繋がれる。

 それには、不安になり「許して、ご主人様許して下さい…」涙を流しながら詫びを入れる。
「ダメだ、仕置きをしないと治まらないし」鎖を引いて沙織を外に連れ出そうとするが「イヤ、イヤ
です!」動こうとはしない。
「来るんだ!」業を煮やした剛太は強引に鎖を引いて歩いて行く。
「苦しい…息が詰まる…」首輪が喉を絞め、息ができないから歩くしかない。
こうして、コンクリート剥き出しの建物に連れ込まれた。

 初めて中に入る沙織は、鉄格子の檻に怯えて「許して下さい、どんなことでもしますから許して下
さい」泣きながら歩いている。
しかし、剛太は許そうとはせず、地下にある折檻室に連れ込むと「イヤ、見ないで~」大勢いる男に
声を上げた。

 「何も、声を上げなくたっていいぞ、何もしないから。ただし、態度次第だが…」剛太が話してい
る間にも、沙織は両手をロープで繋がれ吊された。
「まずは、これで…」帯状のムチで、尻を叩きだすと「ギャ~!」悲鳴が鳴り響くが(剛太、やめて。
そんな事したら、亡くなった父さんが泣くわよ)彩香は下を向いた
まま、顔を上げようとはせず「ピシャ!ピシャ!」「許して~!」ムチと悲鳴だけが響き渡っている。

 「痛いのはイヤだろう、許して欲しいか?」
「はい、痛いのはイヤです、ですからお許し下さい」
「それだったら、俺の頼みを聞いてくれるか?」
「はい、ご主人様の頼みでしたら、何でもします…」

 「そうか、何でも聞くか。それだったら、俺の子を産むんだ!」
「産みます。ご主人様の子を産みます…」泣きながら喋る沙織に彩香は(何て事言うのよ、あなた達
は姉弟よ。そんな事やめなさい!)叫ぶ寸前だった。

「地獄の孤島」第20話 世話係

第20話 世話係

 2人は夕方まで日光浴をし、建物の中に入ると「待っていたぞ、酒でも飲もう」裕二の案内で歩い
ていく。
「これは残さないとな」ロープが張ってある広間に案内された。
3人は用意されたテーブルに座り、酒を飲み出すと全裸で両手を縛られた女性達が現れた。

 「まだ、やっているんだ!」
「ルールが変わったけどな」話していると2人が解かれ、リングで戦いだしたが、前とは違って、素
手ではなく樹脂棒を持っていた。
2人は蹴り合いから、殴り合いへと進み、負けそうになった方が樹脂棒で股間を叩いた。
 
 それは、女も男も変わりなく痛みに「ギャ~!」股間を押さえて呻いている。
そこを狙って、樹脂棒が淫裂に押し込まれる。
「ヒ~!」痛みに、逃れようとしても、樹脂棒が根本まで入った。
「ほう、オ○ンコに入れられたら負けか…」感心していると「男はだから嫌いよ。オ○ンコしか見て
ないんだから…」うんざりと言った昌子だ。

 「そう嫌がるな、これからがおもしろいから」裕二が説明すると負けた女はリングの上で四つん這
いになり、後から樹脂棒で淫裂を突かれ、審判の男に乳房を揉まれていく。
「これは面白いや、負けたら屈辱だな」

 「それだけじゃないぞ、ほら」もう1人の男がリングに昇り、股間を露わにすると肉竿を口に押し
込んだ。
「フェラか、フェラさせるんだ…」
「イヤ、希望を聞いてやる。オ○ンコとフェラと、どっちが良いかって!」
「それだったら、フェラに決まっているんじゃないの?」

 「ところが、オ○ンコの方がいいというのもいるぞ。フェラだと、フェラした相手と一晩付き合わ
なければいけないし」
「なんだ。どっちにせよ、オ○ンコやられるんだ!」
「そうだ。ただ、人前か、2人きりかの違いだけだが…」3人は話をしながら試合を見ていると「失
礼します…」まだ幼さが残る2人の少女が剛太と、裕二の隣に座った。

 少女は大胆なUカットで、膨らみかけた乳房が飛び出し、腰の部分までスリットの入ったワンピー
スを着ている。
「まだ、子供じゃないか!」剛太はワンピースの裾を持ち上げると、絨毛がやっと生え始めたようで、
淫裂が覗いている。
「見られるなんて、恥ずかしいです…」太股が震えている。

 「恥ずかしいのは始めだけだ。すぐに慣れるさ」剛太の手が淫裂を触り、裕二も淫裂を触りながら
乳房を吸っていた。
「男は良いけど、私はどうするのよ。まだ、お客なのよ」愚痴っていると「失礼します」少女と同じ
制服を着た女性が昌子の隣に座った。
「良いわね、これなら良いわよ」今までの事が嘘のように機嫌良く、飛び出た乳房を触り、淫裂も触
っていく

 3人は酒を飲み、少女を相手にしてから戻ったが、裕二が部屋に入ると「お待ちしていました」彩
香がいた。
「どうしてここに?」
「剛太様のお世話を承っています。この島におられる限りは私が承ります」

 「どんな事でも良いんだ。だったら、裸を撮りたいから脱げ!」
「私のヌードをですか?」
「そうだ。撮ってから、オ○ンコもやる!」
「わかりました。仰せの通りに致します」彩香は悲しそうに服を脱ぎ、全裸を剛太の前に晒した。

 「撮るぞ、顔を上げろ!」言われた通りにカメラを見つめると「手でオ○ンコを広げろ!」屈辱な
指示が出される。
「かしこまりました」彩香は両手で淫裂を広げ、ピンクの膣を露わにしている。
(やめて、母さんの性器を撮ってどうするのよ。お願いだからこんな事させないで…)泣き顔のまま、
カメラに収まった。

 その後も彩香は剛太から屈辱なポーズを撮られ「写真はこれくらいにして、後は楽しまないと」カ
メラを置き、服を脱ぎだすと裕二が入ってきた。
「何だか、邪魔のようだな」出て行こうとしたが「叔父さん、ついでだから撮ってよ。これからやる
んだから」頼み込む。

 「剛太の頼みじゃ断れないし」祐二がカメラを構えると「口でやれ!」股間を押し付けた。
(そんな、義弟の前でやらせるなんて…)嫌悪を感じながらも、言われるままに、肉竿を掴んで口に
入れた。
すると、待っていたかのようにスイッチが押され閃光が瞬く。

 (撮らないで、親子のフェラなんて、撮らないで!)そう思うが「フェラはもういいよ、美里が上
だぞ」剛太が仰向けになった。
「わかりました」膨らんだ肉竿を掴み、ゆっくり腰を下げて淫裂に迎え入れると「あっ、あ~!」準
備不足か、声を上げ痛みに顔が歪んでいる。
「そんな顔しないで。オ○ンコに入って喜ばないと」正面からカメラが向けられた。
「こ、こうですね?」作り笑いをし、カメラに収まった。

 (裕二さん、お願いだからもう撮らないで。こんな事を沙織が知ったら、大変な事になるし…)泣
き顔に変わり、腰を振り続けていくと「出る、出るよ」剛太が合図する。
「出して、私のオ○ンコが受け止めますから…」動きを停めると、膣奥が暖かくなり、それと同時に
白い液体が流れ出てくる。
「凄いね、剛太は。2回も出せるんだから」それを見て、スイッチを押した。

 「もういいでしょう。終わったし…」これ以上の恥ずかしい思いは見られたくないから、淫裂を押
さえて剛太から降りた。
「もっと撮らないと。立ってオ○ンコを広げて」
「それは、許して下さい。射精された性器を撮られるなんて、女性として最大の辱めです…」

 「そんな事どうでもいい。オ○ンコを広げるんだ!」怒鳴る裕二に(やるしかないわ、息子から射
精されたけど…)泣き顔のまま、両手で淫裂を広げた。
すると、堰を切ったように、白い液体が流れ出し、太股まで流れていく。
「いいね、中出しのオ○ンコも」裕二は笑顔でスイッチを押し(射精された性器まで撮られた…)う
っすら、涙がにじんでいるが、彩香は剛太と一緒にベッドに潜り込み、朝を迎えた。

 島に来て3日目となり、作業の進み具合もわかってきた。
「計画通りだな。後は何時運ぶかだな」剛太と裕二が話していると「剛太、元気そうね」沙織が声を
掛けてきた。
「どうしたの、こんな所に来るなんて」
「ちょっと頼みがあって。それに休みだし」
「そうか、今日は土曜だった。とにかく中で話そう」2人が中にはいると彩香がいた。

 「姉さん、この人は気にしなくていいよ。僕の世話係だから」
「そうなんだ、秘密は守れるの?」
「大丈夫だよ、それより、頼み事って、なんなの?」
「外して欲しいの、あれがあると痒いの…」
「痒いってどこが?」

 「あそこよ。あそこが痒いけど掛けないし…」
「外してもいいけど、僕の願いも聞いて欲しいな」
「どんな事なの?」
「ここにいる間だけ、素っ裸になって欲しいんだ」それには「そんな、人前でヌードだなんて…」口
が開いたままだ。

 「イヤなら、外さないよ。それに、鍵だって捨てちゃうから」
「そんな意地悪しないで。ヌードだって恥ずかしいのよ」
「わかっている。だからやらせたいんだ。姉さんの恥ずかしがる姿を見ると、チンポが…」沙織の手
を股間に押し付けた。
(カチカチだわ、セックスしたがってる…)沙織は迷ったが「もう、着けないと言うならヌードにな
るけど…」
「いいよ、もう着けなくていいよ。約束する」

 剛太が約束すると、沙織は服を脱ぎだした。
沙織は次々と脱いで上半身がブラジャーだけになった。
更に、スカートも脱ぐと(そんな事させて!)彩香は貞操帯に声を上げる寸前だ。
そんな彩香の驚く中、沙織はブラジャーも外して乳房を露わにしていく。
             貞操帯

 「脱いだわ、後は剛太の番よ」
「わかっているよ」ポケットから鍵を取りだし、貞操帯に押し込んだ。
「これで、いいよね」股間を押さえていた金属が外され、沙織は文字通りの生まれたままになる。

 「姉さん、大部生えたね。手入れしないと」
「帰ってからにして、ここではイヤなの。それより、シャワーで洗いたいの」
「オ○ンコを洗いたいの?」それには黙って頷く。
「それだったら、シャワーでなく、海がいいよ。それに、日光浴にもなるし」

 「イヤよ、人前でヌードなんてイヤ」
「そんな事言ったら、約束違反だよ。ここではヌードで居ると言ったよね?」確かにその通りで、沙
織に分が悪い。
「もし、レイプされたらどうする気よ」
「その心配はないよ、ここの男は躾がいいからね。何なら、僕もヌードになるけど」

 「お願いするわ、私1人だと、恥ずかしいし。そうだ、あなたも脱ぎなさいよ」沙織は美里が整形
した彩香だと知らず、いいつけた。
「わかりました、私もここで脱ぎます…」母親として、娘だけに恥ずかしい思いをさせたくはない。
それに、イヤとは絶対に言えない立場だから、従うしかなかった。

 3人は全裸になると、部屋から出て廊下を歩いていくが「ヌードだなんて!」昌子が声を上げ、目
を白黒させて沙織の体を見ている。
(姉さんを狙っているな。それは構わないけど、僕だって昌子と…)剛太も昌子を見ていると「どう
してヌードなの?」尋ねてきた。
「日光浴だよ、天気もいい事だし」そう答えると3人は歩き出して外に出た。

 「恥ずかしかったわ、ここなら大丈夫よね」
「ああ、ここはヌードビーチの予定だし。これからも、ヌードを頼むよ」剛太は砂浜に仰向けに寝た
が、肉竿は天を向いている。
(まだ興奮している。このままでは沙織とセックスするかも…)「剛太様、大部溜まっているようで
すが、私がオ○ンコしましょうか?」

 「オ○ンコはいいよ。今日は姉さんが来た事だし」そう言うと、沙織の乳房に顔を埋めて吸い出し
た。
「ダメよ、そんな事ダメ。帰ってから2人きりで…我慢して…」背中を浮かせ、途切れ途切れに言う
が(剛太、やめなさい。あなた達は姉弟よ。獣じゃないのよ!)叫びたいのを堪えている。

 そんな彩香の願いを聞くかのように「私も仲間に入れてよ」昌子が現れた。
昌子も3人同様、一糸まとわぬ全裸でここまで来た。
「昌子さんもヌードで来たんだ…」
「そうよ。男達がヌードに驚いて、チンポを膨らませていたわ。恥ずかしいけど、オ○ンコされる訳
じゃないしね」大胆な言葉に3人からは声が出ない。

 「何見てんのよ。オ○ンコなら見飽きたでしょう。それより仲間に入れて」
「勿論だよ。昌子さんなら大歓迎だよ」言い終わらない内に今度は昌子の乳房に吸い付く。
「私にするなら、私もしていいよね?」
「いいよ、約束だし。その変わり、やっちゃうよ」
「いいわよ、剛太さんなら。一杯出してもいいから」そう言うと、昌子は沙織に覆い被さって乳房を
吸いだすと「あ、あ、あ~!」声を上げだした。

 (沙織にレズの毛があるなんて…。剛太相手よりはいいけど…)彩香はおとなしく見ていたが「ご
主人様、私にもしてください…」そそり立った肉竿を掴み、口を押し付けた。
「美里、気持ちいいよ。気持ちはわかるが3人に公平にしてやらないとな」
「公平にですか?」

 「そうだ、まずはこうやって…」沙織に抱きつき、淫裂が丸見えの昌子の腰を持ち上げ、肉竿を押
し込んだ。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、髪の毛を振り乱している。
「こうやって、3人順番にやるんだ」なおも押し込み、ピストンを始めると「いいわ、凄くいい!」
悶え、背中をクネクネさせている。

 (沙織にもやる気だわ、何とかしないと…)考え巡らせ「私にもお願いします、次は私のオ○ンコ
に…」恥を忍んで四つん這いになり、息子の肉竿を待った。
「わかっているよ、もうすぐ交代だから」暫く腰を振って、今度は彩香に淫裂に押し込む。
(入ったわ、私の膣に射精させないと…)「いいわ、凄く気持ちいいです」声を上げ、絶頂へと向か
わせようとするがなかなか昇りきらない。

 (早く出して。お母さんの膣に出して、お願いよ…)祈っても噴射されず「交代だ、仕上げは姉さ
んだよ」最悪になった。
(やめなさい、あなた達は姉弟よ。そんな事やめなさい!)彩香が泣き顔で見ている前で、沙織も四
つん這いで、淫裂に肉竿を押し込まれ「あ、あ、あ~!」声を上げ髪の毛を振り乱している。

 (あなた、2人がこんな事をしています…私はどうしたらいいんでしょう…)下を向いたまま、目
から涙が落ちていく。
しかし、そんな彩香の事など知るよしもない剛太が腰を動かし続けると、沙織も淫汁を漏らしだした。

 「出すよ、約束だし」剛太の動きが停まった。
「飲んでいるから、出してもいいわ…。感じる、膣が暖かい…」絶頂を迎え剛太が爆発し、淫裂と肉
竿の隙間からは白い液体が漏れ出ている。
(そんな、姉弟で射精したなんて…)泣き声を上げる寸前だった。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。ネットでは官能小説サイト未知の星を運営してます。

おことわり
   

この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

相互リンクサイト
アクセスランキング
リンク
カテゴリー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
9位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブログ内検索